Search

検索したいワードを入力してください

暖房器具の選びの5つのポイント|暖房器具

更新日:2020年08月28日

暖房器具は冬を乗り切るには欠かせない家電になります。また暖房器具は部屋や家に合っていないものを選ぶと電気代など無駄な出費が増えてしまうことが多いです。この記事では自分に合った暖房器具の選び方や、暖房器具をご紹介しています。

暖房器具の選びの5つのポイント|暖房器具

6畳以上ですと、やはり火力による温めが効率がいいので、石油ストーブやガスストーブ、またエアコンがです。

大きな部屋の場合の暖房器具は、効率的に暖房能力がなければ、部屋を温めることができないので、ある程度のパワーが必要になります。なので実際の火を使った暖房器具か、オールシーズン使えるエアコンがです。

全館暖房

全館暖房とは、家全体に空調のシステムのことで、どの部屋にいても常に快適に過ごすことができます。また最近のは除湿や空気清浄も行ってくれるので、一年中常に快適に過ごすことができます。また暖房という機能だけに特化するのであれば、薪をくべて使う暖炉がです。

しかしどちらも設備投資が高く、暖炉は煙突が必要になりますし、全館空調は家中にダクトを通すので、どちらも100万円以上の設備投資が必要になります。

ポイント3:主に暖めたい場所はどこか

人によって温めたい部分が変わります。例えば、冷え性の人は足元や手元を温めたいですし、部屋全体で快適に過ごしたい人は部屋全体を温めたいということになります。

温める部分が変わるだけでも、暖房器具の選び方は変わってきますので、そちらの方をご紹介していきます。足元を温める場合にエアコンでは時間が掛かりますし、暖かさは電気ストーブなどには劣ってしまうので、必ず合った暖房器具を選びましょう。

部屋全体

部屋全体であれば、エアコンや石油ストーブ、ガスストーブ、オイルヒーターがです。特にオイルヒーターは温めた熱を壁の反射などを利用しているので、部屋全体をムラなく温めることができます。また乾燥などもしづらいのでです。

また最新のエアコンであれば、センサーでルーバーが自動で動き、ムラなく部屋を温めてくれるので木造など熱が逃げやすい家でもです。

足元

足元であれば、電気ストーブがです。電気ストーブは直接温風がルーバーから出ますので、足元を温めることができますが、直接的な熱が嫌な人であればミニオイルヒーターがになります。

どちらも一長一短ですが、ある程度広い空間であれば、熱が直接足にくる電気ストーブがで、狭い部屋で足元を温めるのであれば、熱全体が部屋を温めてくれるのでオイルヒーターがです。

スポット

こちらの機能はエアコンに付いているもので、エアコンが人のいる場所を感知し、その辺りを中心に暖房を効かせてくれる機能です。またスポットヒーターというのがあり、温風型のファンヒーターで、イメージとしてはサーキュレーターをイメージしてもらうとわかりやすいです。

このスポットはあまり自宅などでは実用性がないのが特徴で、使われる場所は工場などになります。なので自宅でのスポットはエアコンが一番です。

ポイント4:コスパのよい暖房器具を選ぶ

コスパのいい暖房器具はシンプルに、自分に合っているか、または部屋に合っているかになります。オーバースペックでもダメですし、アンダースペックでもよくありません。

どんなに性能がいいものでも部屋や自分に合ったものを選ばなければ、無駄に電気代を払うことになりますし、石油やガス代を払うことになってしまいます。なので、必ず自分に合った暖房器具を選んで、効率よく暖房器具を使いましょう。

ガスのメリット・デメリット

ガスのメリットはまず給油などの手間がないことです。また点火が直ぐなので、寒い日でも直ぐに部屋を温めることができます。そして冬の大敵である、乾燥にも強いことです。ガスは燃やすと水蒸気が出るので、乾燥しづらいメリットがあります。

デメリットは、設置場所が限られてしまうことです。ガスは文字どおりガスを供給していますから、ホースが常に伸びている状態になります。またランニングコストが少々高いという点もあります。

灯油のメリット・デメリット

灯油のメリットはやはり暖かくなるのが早いことです。灯油は揮発性がそこそこ高いので、効率よく燃えてくれるので石油ストーブは広い部屋でもあっという間に暖かくなります。

デメリットは時期によって灯油の価格が変動することです。また当然のことですが、灯油が無くなればストーブは使えなくなりますので常に燃料にストックが必要になります。また持ち越しした灯油は火災の原因になりますのでその年で使い切る必要があります。

電気のメリット・デメリット

電気のメリットはいつでもどこでも使えることです。また使える暖房器具の種類が豊富にあることもメリットです。そしてコンセントがある場所であれば、直ぐに使えるので場所を選ばないメリットがあります。

デメリットは使いすぎると電気代が高くなってしまうことと、ワット数が高いものを家で使いすぎるとブレーカーが落ちてしまいますので、電子レンジやIH、ドライヤーなど同時に使うことを考える必要があります。

ポイント5:速暖型か持続型か

暖房器具の暖まり方にも二つあり、速暖で暖めるか、ゆっくりと暖めるかになります。速暖は電気ストーブやエアコンのような暖かい空気を出して暖める方法で、こちらは非常に温まるのが早いですが、冷めるのも早いです。

また持続型はゆったりと暖めていくので、熱が冷めづらい特徴があります。オイルヒーターや石油ストーブなどは遠赤外線で部屋を暖めている部分もありますので、暖かさを持続させたい方はこちらがです。

断熱効果をより高めたい人に商品

部屋で熱が逃げてしまう一番の場所は窓ガラスです。そこでなのが窓ガラスに貼る断熱シートです。断熱をしっかりとすることで部屋の断熱効果を高めることができます。

また暖房を使うとどうしても起こることが結露です。部屋が暖かいと外の空気との温度差で部屋側の空気中が冷えて水になることですが、この結露を放っておくとカビになったり、異臭の問題となったりするので、断熱と結露の対策にこちらの商品がです。

初回公開日:2018年12月14日

記載されている内容は2018年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related