Search

検索したいワードを入力してください

自転車壁掛けアイテム10選|壁掛けのポイント

更新日:2020年08月28日

自転車は外に保管していると盗難にあったり、雨風によって錆びてしまったりします。ですので基本的に自転車は室内で保管した方が良いのですが、どうやって自転車を保管すれば良いのかわからない方もいるでしょう。今回は自転車を壁掛けすることについてご紹介します。

自転車壁掛けアイテム10選|壁掛けのポイント

自転車を壁掛けするメリット・デメリット

自転車を外に保管している人は結構いるでしょうが、自転車を室内に保管するという方法もあります。

いわゆるママチャリやシティサイクルと呼ばれている自転車は外に保管しても問題ないですが、ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクは外に保管していると錆びて痛みます。そのため、上記のようなスポーツバイクは室内保管の方が良いでしょう。

今回は室内保管の方法として自転車を壁掛けすることについてご紹介します。

メリット

自転車を壁掛けするメリットからご紹介します。自転車を壁に掛けることで省スペースで自転車を収納できます。マンション住まいの方や自転車を収納する部屋がない方はとても大きなメリットになるでしょう。

また、壁に掛けることによって自転車をインテリアとして活用することができます。インテリアとして飾るためには少し広さは必要ですが、綺麗に飾ることができればあなたの部屋はきっとオシャレな雰囲気になるでしょう。

デメリット

自転車を壁掛けすることはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。縦がけならばあまりスペースとはとりませんが、横がけなら場所をとります。また、自転車を室内保管していますから使用する際は壁から取り外し、玄関から運び出すという面倒な作業があります。

そして、壁掛けする方法にもよりますが、壁が傷つくというデメリットも存在します。賃貸マンションにお住いの方は大きなデメリットになるでしょう。

自転車壁掛けアイテム10選

さて、ここまで自転車を壁掛けするメリットとデメリットをご紹介しました。自転車を壁掛けすることはメリットばかりではなくデメリットも存在することをご理解いただけたことでしょう。ここからは自転車を壁掛けしようと考えている方についての記事になります。

実際に自転車を壁掛けしようとしてもどのような物を使えば良いのかわからないという方もいるでしょう。そこで、自転車壁掛けアイテムを10選ご紹介します。

1:MINOURA(ミノウラ)バイクハンガー

1つめはミノウラ バイクハンガーです。バイクハンガーとは壁に取り付けて使用し、自転車を取り付けるいわゆるフックのことです。

このバイクハンガーは自転車を横がけするタイプとなっており、自転車のチューブをハンガーに引っ掛けます。

引っかける部分がゴム製となっており、自転車のフレームを傷つける心配がありません。取り付け方がネジで取るつける方法ですので、壁を傷つけたくない方は注意してください。

鉄筋コンクリートの壁に別途購入したコンクリート用ネジで直接打ち付けて取り付けました。
本商品は、アーム部分の角度も変えられるため、ロードバイクを抱える角度を自由にかえることができるので、大変便利です。
2台分購入しましたが、取り付けもインパクトドライバーさえあれば、鉄筋コンクリートも恐れるに足らず。
30分程度で取り付けられました。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00PC9CRE6/ref=a... |

2:Ibera(イベラ)バイクハンガー

2つ目の商品はイベラ バイクハンガーです。横に壁掛けするタイプのバイクハンガーとなっております。

イベラ バイクハンガーの特徴は自転車を引っかけるフックの部分が可動し、最大45度まで動かすことができます。したがって、あらゆる自転車のフレームを水平に保つことができます。

こちらの商品も自転車を引っかけるフックの部分がABSコーティング加工されているので自転車のフレームを傷つける心配をする必要がないです。

「ミノウラ」さんの自転車ハンガーを使用していました。自転車を引掛けるには全く不満は無かったものの、もう少し高い位置に自転車を設置したく、こちらの商品を購入してみました。 ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム デイアウオール に取り付け使用中です。
ミノウラさんのハンガーは、地震でも倒れませんでしたが、突っ張りシステムはどこまで頑張ってくれるか?しばし静観中です。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00MJCSBJ4/ref=a... |

3:Sumnacon 自転車 スタンド

3つ目のアイテムはSumnacon 自転車スタンドです。この自転車スタンドは自転車を縦に壁掛けするタイプのスタンドです。

2つのスタンドを自転車の前輪と後輪の位置に合わせて壁に設置し、フックをスポークとスポークの間に差し込んで固定します。

フックの部分にラバー製のカバーがついているので自転車に傷がつきません。壁掛けできる自転車の重量が約45キログラムで、重い自転車にも耐えます。

ロードバイクを室内保管したくて、購入しました。

ホームセンターで2x4の木材を購入して、ディアウォールで玄関の隅に木材を固定でしました。
その木材にこのフックをねじ止めしています。
ねじ止めは電動インパクトドライバーを使ったので、簡単に設置できました。
付属のねじは使わず、手持ちの余っていたコーススレッドを使いました。

出典: https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B01NADUHXC/ref=a... |

4:デルタ Single Bike Storage Rack

4つ目のアイテムはSingle Bike Storage Rackです。これは自転車を縦に壁掛けするためのバイクハンガーで、先ほどと同じでフックの部分を自転車のスポークに挟んで自転車を収納します。

しかし、このバイクハンガーは後輪の部分には引っかけるフックがなく前輪だけ引っかける仕様です。取り外しがスムーズになる代わりに18キログラムまでしか使用できません。色がシルバーでとてもシンプルな見た目です。

初回公開日:2019年03月13日

記載されている内容は2019年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related