Search

検索したいワードを入力してください

洗濯ネット10選|洗濯ネットを使うメリットは?

初回公開日:2018年11月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

洗濯ネットに入れずに洗濯すると、大切なお洋服が傷みやすくなります。洗濯ネットにはさまざまな種類や大きさのものがあり、適切な大きさのものを選ばないと意味がありません。そこでこの記事では洗濯ネットの種類や選び方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

洗濯ネット10選|洗濯ネットを使うメリットは?

洗濯ネットは必要?

洗濯ネット10選|洗濯ネットを使うメリットは?
※画像はイメージです

どんな洗濯物であっても洗濯ネットに入れて洗えば大丈夫というわけではありません。しわを防ぐには、洗濯ネットに入れて洗った方がよいですが、場合によっては汚れが落としにくくなることもあります。

そこで、汚れを落としダメージからお洋服を守るための洗濯ネットの選び方と使い方について説明しましょう。

お気に入りの大切なお洋服を長持ちさせるためにも、上手に洗濯ネットを利用しておしゃれを楽しみましょう。

そのままで洗える物

ジャージなどのしわになりにくい素材のお洋服は洗濯ネットに入れなくても洗うことができます。また、ウールやポリエステル、ナイロンでできたお洋服はしわになりにくいので洗濯ネットに入れなくてもかまいません。

ネットに入れて洗った方が良い物

洗濯表示に洗濯ネットを使用する表示があるものや、コットンやレーヨン、シルク、麻でできたお洋服は毛羽立ちやすくしわになりやすいので、洗濯ネットに入れましょう。

ワイシャツなど、しわになりやすいものやニットなどのごみが付きやすいもの、ボタンや飾りがついたものは洗濯ネットに入れて洗濯します。

また、ファスナーなどが付いているお洋服は、ほつれや傷みの原因になりますので網目の細かい洗濯ネットなどがです。

洗濯ネットを使うメリット10コ

洗濯ネット10選|洗濯ネットを使うメリットは?
※画像はイメージです

それでは次に、洗濯ネットを使うとどんな効果があるのかについて説明しましょう。お洋服の種類によっては、洗濯ネットに入れに洗濯機に入れるといっしょに洗濯機に入れたほかの洋服も傷つけてしまう場合があります。

そこで、洗濯ネットの効果やメリットについて覚えておき、お洋服の種類ごとの洗濯ネットについて紹介しましょう。

メリット1:洗濯による傷み防止

お洋服は洗濯ネットに入れて洗濯すると、デリケートなお洋服の生地を守ることができます。生地が薄いお洋服は、ほかのお洋服と一緒にしてそのまま洗うと摩擦で傷んでしまう恐れがあり、ホックやファスナーがついたお洋服は、ほかのお洋服と一緒に洗濯機に入れて洗うと糸がほつれて穴が開くこともあります。

外出用のおしゃれ着やデリケートな生地のお洋服は、洗濯ネットに入れてから洗濯機の中に入れることをします。

メリット2:型崩れ防止

洗濯機はお洋服を回転させて汚れを落とすものですので、洗濯ネットに入れて洗濯をすると型崩れしてしまいます。洗濯機の回転は激しいので、一度型崩れしまうとアイロンをかけただけでは元に戻らなくなることもあります。

激しく型崩れを起こしたお洋服はもう一度水に濡らす必要がありますが、霧吹きで水を吹きかけただけでは元に戻らなくなる場合もありますので、洗濯ネットに入れてからお洋服を洗う癖をつけましょう。

メリット3:毛羽立ち防止

洗濯すると、お洋服同士がぶつかり合って摩擦が起き毛玉ができやすくなります。例えばポリエステルやアクリル、ウールでできたお洋服は、摩擦で毛玉になってしまいます。

洗濯ネットに入れて洗えば、お洋服同士がぶつかり合って摩擦が起きるのを防ぎ毛玉ができにくくなるのでです。

メリット4:色落ちを防ぐ

洗濯ネットを使えばお洋服の色落ちを防ぐ効果も得られます。お洋服の色落ちも摩擦によって起こりやすくなりますので、洗濯ネットをを使えば色落ちしにくくなるためです。

また色落ちを防ぐことができれば、ほかのお洋服への色移りも防ぐことができます。ただし、洗濯ネットに入れたからと言って必ず色移りしないとは限りません。色落ちしやすいお洋服は手洗いをするか、ほかのお洋服と分けて洗濯しましょう。

メリット5:汚れを防ぐ

洗濯をするときはお洋服の傷みのほか、汚れやほこりが付かないかどうかも気になるところです。特に汚れがひどいものを洗濯機で洗うときや、毛羽立ちやすいお洋服を洗うときは、お洋服の繊維や汚れがほかのお洋服に付いてしまうことがあります。

そこで、洗濯ネットに入れて洗濯することで汚れやほこりが付着するのを防いでくれます。

メリット6:襟元や袖口の伸びを防ぐ

洗濯ネットに入れずにお洋服を洗うと、中に入れた衣類同士が絡まり合い、袖口や襟元、裾が伸びてしまうことがあります。生地が柔らかく型崩れしやすい衣類は、お洋服のサイズに合った洗濯ネットに入れることでお洋服が伸びてしまうのを防ぐことができますのでです。

メリット7:お洋服同士が絡まるのを防ぐ

洗濯ネット10選|洗濯ネットを使うメリットは?
※画像はイメージです

洗濯ネットに入れて洗濯するメリットは、「お洋服同士が絡まらない」ということもあります。洗濯物を絡まないようにするには、少しずつ洗濯するという方法もありますが、これでは効率が悪く、水道代や電気代も余分にかかってしまいます。

洗濯物をあらかじめ洗濯ネットに入れておけば、洗濯物同士が絡みづらくなり、一つ一つのお洋服をほどきながら乾かす必要もなくなるため時短にもなりです。

Related