Search

検索したいワードを入力してください

スライサーの22選|キッチンツールの収納アイデア5つ

更新日:2020年08月28日

とんかつ屋さんのようなキャベツの千切りを作りたいなら、スライサーがです。スライサーがあれば、千切りはもちろん、薄切りなども簡単にできます。今回は、スライサーの22選やキッチンツールの収納アイデアを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

スライサーの22選|キッチンツールの収納アイデア5つ

スライサーのは

キャベツの千切りやにんじんの薄切りなど、包丁で野菜を細かく、薄くカットするのはテクニックが必要です。そこでなのがスライサーです。スライサーを使えば、誰でもきれいに野菜をスライスすることができます。

しかも包丁やまな板を使わなくて済むため、洗い物が減るところもポイントです。今回は、スライサーのや収納アイデアを紹介します。まずは以下でどのようなスライサーがなのかを見てみましょう。

野菜スライサーのは

スライサーには、電動と手動があります。野菜を大量にスライスしたい場合は電動がですが、価格が高めなのがでメリットです。頻繁に使わない、もしくは少量だけ使うことが多いなら、手動のスライサーを選ぶと良いでしょう。

電動、手動、どちらのタイプでも、刃が錆びにくいタイプがです。ステンレス製かセラミック製が多いですが、より耐久性が高いのがセラミック製です。

千切りスライサーのは

キャベツなどを千切りにする場合、幅が広いスライサーを使うと便利です。野菜が飛び散らないよう、ボウルなどにセットできる商品もあるため、使い勝手を重視するなら切れ味だけでなく、使い方にも注目してみてください。

また、千切りのバリエーションを増やしたいなら、アタッチメントの交換ができるタイプを選ぶと良いでしょう。

スライサーの22選

ここからは、スライサーの22選を紹介していきます。スライサーと一口に言っても、その種類はさまざまです。先にも説明したように、手動のほか、電動タイプもあります。

また、デザインやサイズなどもたくさんあるため、どれが良いのか迷ってしまうでしょう。以下ではスライサーを特徴と合わせて紹介しますので、ぜひあなたにぴったりのスライサーを見つけてみてください。

1:貝印 DH-3026

スライサーの1つ目は、「貝印 DH-3026」です。太めと細めの千切りに対応したスライサーで、キャベツやにんじん、大根などに使えます。スッキリとした見た目が特徴なので、シンプルなスライサーを使いたい人にです。

2:ののじ LDS-01

スライサーの2つ目は、「ののじ LDS-01」です。この商品は、シュレッドに特化したスライサーです。おろし器とトレーが一体になっているため、食卓でも簡単に細切りができるところがです。

3:貝印 調理器セット DH3027

スライサーの3つ目は、「貝印 調理器セット DH3027」です。この商品は、スライサー、せん切り器、細せん切り器、おろし器がセットになったスライサーセットです。

フタは受け皿としても使え、使い終わったら全てのスライサーをまとめて収納できるところもポイントです。

初回公開日:2018年12月10日

記載されている内容は2018年12月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related