Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしに掃除機|スティック型の掃除機のメリットは?

初回公開日:2017年04月06日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人暮らしを始める時は色々な家具家電が必要になりますよね。欲しいものはたくさんあるけれど、お部屋のスペースや予算は限られています。こちらの記事では一人暮らしに掃除機をご紹介。ぜひ掃除機を購入する時に参考になさってくださいね。

Noimg

一人暮らしと掃除機

一人暮らしに掃除機|スティック型の掃除機のメリットは?
※画像はイメージです

新生活、一人暮らしを始める方も多いかと思いますが、掃除機の購入はどうされる予定でしょうか。そんなに広い部屋でもないし、予算も収納場所も悩ましい。掃除機がなくても、ホウキとちり取り、クイックルワイパーのようなフローリングワイパー、粘着テープのコロコロがあれば充分な場合も。こちらの記事では、一人暮らしで掃除機が必要な場合、不要な場合から、一人暮らしに掃除機、収納方法などについてご紹介します。一人暮らしで掃除機を買う前に、参考になさってみてください。

一人暮らしに掃除機は必要?

一人暮らしを始める時に買おうかどうしようか、迷う家電の一つが掃除機。他の掃除用具があるならば、掃除機はなくても特に困らなそうだけれど、持っていれば思い立った時に手軽にすぐに掃除ができて便利そう。こちらではまず、一人暮らしで掃除機が必要な場合、不要な場合をご紹介します。掃除機の購入を迷っている時に、ぜひご一読ください。

一人暮らしに掃除機が必要な場合

一人暮らしに掃除機が必要な場合には、部屋にラグなどの敷物があったり、ペットを飼っていたり、アレルギーがあったりするようなケースが挙げられます。それぞれのケースを具体的に見ていきましょう。

部屋にカーペットやラグを敷いている

カーペットやラグなどの敷物を敷いていると、どうしても毛足の中にホコリや小さなごみ、食べカスなどが入ってしまいます。特に、ふかふか、ふわふわの毛足の長いものだと、毛の根本はごみやダニの温床に。気づいた時にはカビになっているなんてことも。コロコロなどでもお掃除できますが、なかなか根本までスッキリとごみを取り除くのは難しいですし、毛をかき分けてのお掃除は手間がかかります。

マメに洗濯したり干したりできる場合は問題はないかもしれませんが、掃除機があれば手軽に日頃のお掃除ができます。また、多少の汚れは気にならないという性格ならば、多少ゴミが残っていても良いかもしれませんが、衛生面ではやはり日頃から掃除機で掃除している方が安心かもしれません。

一人暮らしだが猫や犬などのペットを飼っている

猫や犬などのペットはとても可愛いく、特に一人暮らしでは心を癒してくれる存在ですが、抜け毛やダニは気になるところ。季節によってはクイックルワイパーや粘着テープではお掃除が追い付かない時もあります。特に一人暮らしだと家事はもちろん、ペットのお世話もすべて一人でしなければならないので、掃除はできるだけ簡単に済ませたいところ。その点、掃除機を使えばペットの抜け毛も一気に吸い取れて、ワイパーの不織布の交換や粘着テープを新しく剥がす手間もありません。短い時間で手軽にお掃除できれば、余った時間をペットと楽しく過ごすことができます。

虫の死骸などに触りたくない

虫が苦手な方が一人暮らしした時の悩みの一つが、お部屋で虫と対峙してしまった時の対処。殺虫剤などで何とか虫を退治しても、死骸を触りたくなかったり、できるだけ近付きたくなかったりしますよね。そんな時に掃除機があると心強いです。触ったり近づいたりする必要なく虫を吸い取ってくれるので、見たくない虫をすぐに視界から消してくれます。

一方で、生きたまま吸い込んで処置すると、掃除機の中で増殖(産卵→孵化)してしまったというケースを聞いたことがあります。ダニなどは仕方ないですし、見えないので実害は少ないですが、もう少し大型の虫の場合は想像するだけでも恐怖です。虫を吸い込むときは、増殖のリスクも考慮して、早めに吸い込んだゴミを捨てるなどの対応も必要かもしれません。

花粉、ダニ、ホコリなどのアレルギーがある

花粉やダニなどにアレルギーがある方には、掃除機は必需品と言っても良いかもしれません。ホウキでは細かい花粉などは舞い上がってしまいお部屋から除去することは難しく、なかなかスッキリすることができません。掃除機ならば、お部屋のアレルゲンを最大限に吸い取れますし、細かなホコリなどもしっかり捕集できるタイプならば排気と一緒に漏れる心配がなく安心です。

また、布団のダニやホコリが気になる場合には、干した布団に掃除機をかけと効果的です。布団の表面の生地が吸い付きにくい専用の掃除機ヘッドも売っていて、生地や布団を傷めることなくキレイにできるのが嬉しいですね。

布団などを圧縮して収納したい

予備の布団や冬物衣類などを圧縮袋に入れて収納する時、掃除機があると簡単に小さくすることができます。もちろん、掃除機がなくても圧縮することはできますが、サイズの違いは歴然ですし、湿気もこもりにくいのがポイント。一人暮らしの限られた収納を最大限に利用したい場合や、よりコンパクトに収納したい場合、予備の布団などが多い場合などで、掃除機が大活躍します。

一人暮らしだけれど部屋が広い

一人暮らしでも広いワンルームや間取りに住んでいる場合、クイックルワイパーやホウキでは埒が明かないことも。そんな時に掃除機があれば短時間かつ簡単に掃除を済ますことができます。広いお部屋ならば収納場所にも困らなそうですね。

掃除機で手軽にパパッと掃除したい

掃除機のメリットは何といっても、スイッチを入れるだけで手軽にお掃除できること。コンセントに繋ぐ手間や、少しかさばるなどの問題点がクリアできればとても便利な家電です。クイックルワイパーやコロコロ、ホウキでは取り切れないような小さな塵や、フローリング、畳の目地もキレイに吸い取って掃除できるので、お掃除に手間を掛けたくない方には最適な家電でしょう。
床掃除だけではなく、網戸やエアコンのフィルターの掃除にも使えるのも嬉しいポイントです。

手荒れがひどい

手荒れは手の皮膚の乾燥によって発生します。特に手の乾燥を感じるのは掃除をしているとき。ホコリや雑巾に長時間触れていることで、手の水分はどんどん奪われていきます。また、既に手が荒れていて傷がある場合、傷にホコリやダニが付着して痒みや炎症を引き起こしてしまうことも。できるだけ手を使わずにホコリを退治するには、アナログの掃除道具ではなく、掃除機に頼ることも大切です。

Related