Search

検索したいワードを入力してください

【場所別】壁の掃除の方法・洗剤と道具|お風呂

更新日:2020年08月28日

壁掃除はどのお家でも必ず行われる掃除ではありますが、テクニックや道具と洗剤の利用方法を理解している人ほど手早く綺麗に終わらせることができます。早く綺麗に壁掃除を終わらせるためには、知識が必要になりますので役立つテクニック情報を一気に収集しましょう。

【場所別】壁の掃除の方法・洗剤と道具|お風呂

場所別壁の掃除の方法

お掃除をする上で大切なことは、場所や状況によってお掃除の仕方を変えるということです。というのも、場所によって汚れ方は異なってきますので掃除の仕方が同じだと効率が低下してしまい、むしろ悪化してしまうことすら考えられます。

今回は壁をピックアップしてお掃除方法を伝授していきますが、壁掃除も場所によってやり方が異なってきますので、場所別に掃除のやり方をご紹介いたします。

お風呂には「バスマジックリン」

お風呂の壁掃除は頻度を上げたいという人も多いですが、忙しい人にとってはなかなか手が回らない部分なので、黒ずみや水垢といった汚れが壁に発生してしまうケースも多いです。

お風呂は家の中でもかなり特殊な環境ですので、掃除用具もお風呂用のものを用意する必要があります。お風呂の影を洗うときに必須になるのは間違いなく「バスマジックリン」といった中性洗剤でしょう。あとはスポンジがあれば対応できます。

お風呂の壁洗いの手順は洗剤を使って壁を擦ることからスタートしますが、汚れの程度が軽い上の方から擦っていくようにしましょう。その後はシャワーで流して水分を拭き取り乾燥させるだけで終了です。ある程度湿気が行き渡った状況の方がスムーズにいきますので、入浴後に壁洗いをすると効率が良いでしょう。

トイレ用、台所用、などと、いろいろ洗剤を買わないようにしていますが、お風呂掃除だけは簡単に済ませたいと考えて、購入。
すごくいいです。
お風呂のふた、バスタブ、洗面器などにシュシュッ。5分くらいたったら、シャワーで流すだけで、キュッキュッとなりますよ~
同じシリーズの防カビプラス(青いパッケージ)より、よく落ちるような感じがします。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%8... |

クリームクレンザーなどを使った他の方法について

お風呂にはバスマジックリンのような中性洗剤を使うのが最もやりやすい方法ですが、それ以外にもクエン酸水とラップを使った方法や「クリームクレンザー」を使うという方法もあります。

クエン酸水を使う場合には水100mlにクエン酸を溶かしてクエン酸水を作り、それをスプレー容器に入れるといったお手製のお掃除用具を用いる必要があります。手順は汚れが気になる部分にクエン酸水をたっぷりと吹きかけて、上からラップをしてパックのように包み込んであげましょう。後は2時間程度放置してから剥がしてスポンジやブラシで汚れを取ってください。

クレンザーを使う場合はもっとシンプルで、手袋をした状態でクレンザーを手にとって汚れにつけていき、ひたすらスポンジで擦って洗い流すだけです。

キッチンの壁には「キュキュット」のような食器用洗剤を

キッチンのべたつく壁をお掃除する場合には、「キュキュット」のような食器用洗剤が必須となります。というのも、キッチンのべたつく壁の原因は料理をするときに使う油が蒸気で舞い上がって壁にくっついてしまうことが原因なので、壁掃除なのに油対策が必須になってしまいます。

他には歯ブラシやスプレーボトルがあれば作業効率が上がりますので、そちらも用意するところからスタートしましょう。スプレーボトルは特に頑固な壁汚れを落とすために必須となりますので、用意しておくと掃除がはかどります。あとは、キッチンペーパーやマイクロファイバークロスといったきめが細かい雑巾があると便利です。

使ってみてビックリ
少量で泡立って、水垢汚れも落ちるし
泡切れも良いし
今後も食器用洗剤を水場掃除に使います

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%A4%A7%E5%AE%B9%E9%8... |

キッチンでも壁掃除の方法は簡単

壁掃除の方法は水200mlに食器用製剤を一滴混ぜ合わせて洗浄液を作ってスプレーボトルに入れてください。それをキッチンペーパーに吹きかけて汚れがひどい場所に貼り付けます。

その後は5分ほど放置して油が剥がれるのを待ちましょう。見た目でもはっきりわかるほど汚れが浮き上がってきます。その後は剥がして汚れがどれだけ落ちたのか確認してください。ただし、貼り付けただけではでこぼこが多い壁だと汚れが落ちきらないケースもありますので、その場合には歯ブラシを使って汚れを落としましょう。

ここまでやればほとんどの油汚れが浮き上がりますので、水拭きをしてください。泡立ちが生じているでしょうが、水拭きとから拭きを数回行って泡が出なくなるまで洗剤分を拭き取りましょう。

浴槽の掃除について

浴槽の掃除でも役に立つのはクエン酸スプレーです。これはお風呂の壁掃除の時にも紹介したお掃除用具なのでそれを流用しましょう。掃除の仕方もほぼ同じで、クエン酸スプレーを浴槽全体に噴射して汚れを浮かせてスポンジで擦るだけでほとんどの汚れが落とせます。後は水で洗い流しましょう。

より本格的な浴槽掃除を行う場合にはスーパーやドラッグストアでも当たり前のように売られている粉末タイプの重曹を使うと効果がより高まります。重曹と水を「3:1」の割合で配合し、ペースト状にしたのならそれをスポンジにつけて目立つ汚れを擦りましょう。スポンジでは掃除しにくい部分は歯ブラシを使えば問題なしです。

壁の掃除に洗剤

壁掃除に役立つ洗剤はどのような環境なのかで大きく変わってきます。前述したようにお風呂の壁を掃除する場合には「バスマジックリン」が役立ちますし、油汚れが目立つキッチンの壁掃除には食器用洗剤の「キュキュット」のような一品が役立ちます。

あらゆる壁に使える万能の洗剤は存在しておりませんので、場所によって津かき分けるようにしてください。クエン酸水も大きく役立ちますので、クエン酸スプレーを常備しておくのも有効でしょう。場所によって使い分けることで家の中の壁を綺麗にすることができますので、予備知識として備えておくと役立ちます。

壁の掃除に道具

このように壁を洗う洗剤は使い分けることが重要ですが、それ以外にも有効活用できる道具は存在します。ここでは壁掃除に役立つお掃除用具をご紹介いたします。

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related