Search

検索したいワードを入力してください

大掃除のコツ|スケジュール/チェックリスト/必要な道具

更新日:2020年08月28日

皆さんは、大掃除が得意ですか。世間には苦手な人が多く、取り組み始めてもなかなか負われずに断念してしまうこともあるようです。そんな大掃除を、簡単かつスムーズに終わらせるコツなどがあります。そんな大掃除のコツを紹介しているのでぜひ見て参考にしてみてください。

大掃除のコツ|スケジュール/チェックリスト/必要な道具

大掃除の方法とコツ

大掃除のコツは?

大掃除をするのも、コツがいります。そんな大掃除のコツを紹介します。

・不要だと判断できるものは、すぐに捨てゴミを減らし、迷った物はあとでどうするか考えます。
・玄関から1番遠い場所から掃除を始め、玄関にむけてすすめていく。
・高い場所(2階など)があれば、そこから始める。
・掃除場所ごとに、必要な掃除用具を先に準備しておく。
・掃除には完璧を求めず、「ある程度」ですませることを心掛ける。
・浸けおきで掃除が終わる場所をあらかじめ把握しておく

紹介したコツを掃除を始める前に、必ずチェックしておきましょう。特に、物を捨てるときは、思い切りが大切なので、ゴミを減らすことを意識しながら掃除をすすめましょう。もし「捨てる」か「捨てない」かで迷ったら、「迷ったもの入れ」を作っておきそこに入れて時間をおいてから決めます。掃除を終わらせることを第一に考えながら掃除をすすめましょう。

時間の使い方

大掃除のコツの中に、時間の配分があります。掃除場所の汚れ具合を前もって知っておくことで、時短ができたり掃除流れをつかむことができます。その他にも、掃除する場所の優先度を決めて細かなスケジュールを組んでおくと、大掃除をスムーズにすすめることができます。

大掃除を早く終わらせるには「掃除場所の優先順位を付ける」ことが1番大切になります。この優先度は各家庭で違うとおもうので、その都度家庭にあった順位を付けてください。大掃除を決行する日までに家中を確認し、各場所の優先度を付けてスケジュールを立てておきましょう。

次に、掃除中の時間の使い方を紹介します。掃除前に全体を見渡し、しつこい汚れを見つけましょう。しつこい汚れを見つけた場合は、掃除を始める前に洗剤などをスプレーして浸け置きします。そうすると、他所を掃除している間に洗剤が浸透し、汚れがすぐに落せます。カビなども、同じ要領で掃除できます。

大掃除のスケジュール・順番

掃除の基本

掃除は、順番や前準備が大切です。今から紹介する掃除の順番を守って掃除をすることで、スムーズに掃除が進みます。しっかり意識して掃除をすすめてみてください。

1:掃除に必要な用具は掃除前に用意します。掃除をしながら用意していると、ムダな行動に時間も減り、掃除へのモチベーションも下がります。

2:洗剤などに浸けておき、拭くだけで大丈夫そうな場所を把握しておきます。掃除の前にその場所を、浸けておくことで時短に繋がります。

3:掃除は、「奥から手前へ、上から下へ」といわれているとおり、玄関から1番離れた場所から玄関へとすすめます。これは、埃などを玄関から出すためです。反対の流れで掃除をすると、埃は外へ出ずに奥に溜まってしまいます。

掃除をするときの「上から下へ」とは、2階建て以上の家のことになり、埃が上から下に落ちる性質があるので、できるだけ最上階の部屋から掃除していきます。

スケジュールの立て方

大掃除のコツは、スケジュールにあります。そのくらいスケジュールは大切になります。そんなスケジュールの立て方を紹介します。

1:まずは、カレンダー(スケジュール帳)にごみ収集日を書き入れます。特に、申込が必要な粗大ごみや、回収日が少ないゴミ回収日は、忘れないようにチェックします。

2:事前に決めておいた、掃除内容や家族分担の振り分けをスケジュールに記入します。

3:必要な掃除用品は、前もって揃えておく。

この場合スケジュールは詰め込みすぎないことが大切です。例えるなら、1週目は「ベランダ・玄関」、2週目は「トイレ・浴室」などと、余裕を持ったスケジュールにするのがです。またスケジュールは、詰め込み過ぎずに大型の物を洗濯は、「天気のいい日」など大雑把に組み込みましょう。

チェックリストも作り、2つを合わせて掃除が終了したらリストから消すなどすると、達成感も感じられます。

掃除場所のチェックリスト

皆さんは、やっと大掃除が終わったと安心していたら、掃除をし忘れていた場所があったりした経験はないでしょうか。そんな掃除忘れは、大掃除のやる気をそいでしまうことがあるので、掃除のし忘れは避けたいのが現実です。そんな、掃除し忘れをしないためにしたいことは、「チェックリスト」になります。

チェックリストは、作る際には落ち着いているときに、大掃除をしなければいけない場所をリストアップすることが大切です。そして、掃除をし終えたら、チェックリストから消していくと、掃除のし忘れを防ぐことができます。このチェックリストを作り消す作業をすることで、達成感も得ることができます。

リストの作り方のポイント

大掃除には、チェックリストが大切です。その、チェックリストを作るポイントを紹介します。

リストの製作時に大切なことは、掃除場所のリストアップになります。リストアップをすることで、大掃除全体の作業量が確認でき、どのくらいの期間をかけるのかや、1回の作業量などがを把握できます。そうすることで、大掃除の効率をよくすることができます。

大掃除を始めたら、とまらなくなり時間配分が狂うことがあります。そうならないために、掃除の場所ごとに「絶対にやること」を決めておき、それが終わったらチェックしましょう。そうすることで、残っている掃除の残量がわかり、時間配分がやりやすくなります。

大掃除をするときは、大掃除を完璧にしようとはしないでください。心持ちとしては、家全体をほどほどに綺麗にすることを目指して、掃除を進めましょう。完璧を求めると気持ちが参って大掃除へのモチベーションが下がってしまいます。

大掃除で使う道具

掃除をするためには、掃除場所に合った道具選びが大切になります。ですが、「掃除道具」といわれても、どんなものを揃えたらいいのでしょうか。

基本的な、雑巾や掃除機などは当たり前ですが、細かいところを掃除するため「歯ブラシ」や「スポンジ」などの道具も必要になります。ですが、スポンジ1つでもたくさんの種類があります。そんなときは、掃除場所で必要な掃除道具を考えましょう。

道具を準備するためにも、事前に掃除をする場所ごとに必要な掃除道具をリストアップしましょう。また、大掃除中に道具などを購入しに行ってはいけません。ここで、買い直しをしているとムダな時間になったり、買い直しをしていることでモチベーションが下がってしまうので、掃除中は集中して作業をすすめましょう。

そんな掃除道具は、単品でも綺麗にできますが、道具同士を組み合わせることで活用範囲が広がります。そんな大掃除道具を少し紹介していきます。

歯ブラシ・割り箸

大掃除は、細かい部分も確実に汚れを落としたいです。そんなときに欠かせないアイテムが、使い古した歯ブラシや割り箸になり、サッシや水回りなどの細かな掃除に、ピッタリな掃除道具になります。

ヘッドが小さなタイプの歯ブラシは、水回りの複雑な形をしている場所にも入り込めて、とても便利です。その他にも、タイルなどにこびりついた汚れを擦ることもできます。歯ブラシのヘッド部分が、山形の形だと細かい部分までブラシの先が入りやすくなりです。

大掃除での割り箸の使い方を紹介します。まず、割りばしに雑巾やキッチンペーパーなどを、まきつけて留めたもを準備します。汚れが強く、力を入れてこすりたい場所などを掃除するのにな掃除道具になります。

歯ブラシや割り箸などは、古い物や簡易のものなどで、大掃除で使い終わったらすぐに捨てることができるのが、この掃除道具のメリットになります。

スポンジ

初回公開日:2018年02月06日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related