Search

検索したいワードを入力してください

【場所別】風呂掃除の頻度|一人暮らし/共働き/シャワー

更新日:2020年08月28日

風呂掃除はどのくらいの頻度で行っていますか。ここでは、適切な風呂掃除の頻度と風呂掃除の仕方をご紹介していきます。清潔な風呂場は、健康な生活への第一歩となります。ぜひ参考にして頂き、風呂場をいつもぴかぴかにキープするようにしましょう。

【場所別】風呂掃除の頻度|一人暮らし/共働き/シャワー

風呂掃除の頻度

毎日の疲れを癒してくれるお風呂は、いつもきれいにしておきたいです。疲れて帰ってきてお風呂に入ろうと思っても、水カビや垢だらけでは気分も悪くなってしまいます。バスルームはいつもピカピカにしておきましょう。ここでは、風呂掃除の頻度や風呂掃除の仕方などについて詳しくみていきます。

一人暮らしの風呂掃除の頻度

一人暮らしの方は、時間的に、毎日という頻度で風呂掃除をするのは難しいでしょう。平日、お風呂の後にバスタブや壁を軽くシャワーで流したり、排水口にたまった髪の毛を取り除いたりするだけでもバスルームをきれいに保てるのでぜひ実践してください。平日のちょっとした心がけしだいで、休日の風呂掃除の負担が少なくなります。

平日は限られた場所の掃除しかできませんが、休日はきちんと洗剤を使ってていねいに掃除をするようにしましょう。週1回の頻度で、浴室用洗剤を使ってすみずみまで風呂掃除をすれば、バスルームをきれいに保つことができます。

共働きの風呂掃除の頻度

共働きのご家庭も、毎日の風呂掃除はなかなか大変です。一人暮らしの方と同様に、平日は入浴後にバスタブと壁にシャワーをかけるなどの簡単なお手入れで良いですが、週1回の頻度でスポンジやブラシを使って徹底的に風呂掃除をするのがです。カビが生えているところなどは特に念入りに掃除しましょう。

場所別風呂掃除の頻度

ここからは、バスルームを場所別に風呂掃除の頻度についてみていきます。

シャワー

シャワーは蛇口部分やホース部分に水垢が付きやすいです。特に白くこびりついたような水垢がつくと簡単には落ちません。こうなってくると、漂白剤を使わなければならなくなるので、週に1回の頻度で蛇口部分とホース部分を、スポンジで磨くようにしましょう。

床部分は毎日掃除するのは大変ですが、毎日の入浴後に床に冷水をかけるだけでもカビの発生を抑えることができますのでぜひ実践してください。そして、1週間に一度くらいの頻度を目安にブラシで磨くのがです。

排水口

排水口のぬめりは見るだけでも嫌になります。まずは毎日のお手入れとして入浴後に髪の毛やごみを取り除きましょう。そして1週間に一度の頻度で、浴室用洗剤を使ってスポンジで磨きましょう。

また2週間に一度の頻度で、重曹を使ってお手入れをするのがです。排水口に重曹の粉を直接ふりかけ、1時間ほど放置した後、スポンジで磨いてシャワーで流します。こうすると、臭いやぬめりもすっきりと落とすことができます。

風呂掃除の中でも壁は、優先順位が低くなりがちです。しかしながら、掃除を怠るとカビが生えてきてしまいます。毎日のお手入れとして、入浴後にシャワーで冷水をかけることはもちろん、その後水気をふき取るのがです。水気をふき取る作業は大変なのですが、カビの発生を抑えることができます。

ふき取りが難しい場合には乾燥機を回して壁に付いた水分を飛ばすようにしましょう。カビが発生した場合にはカビキラーを使ってカビを除去しましょう。カビキラーをまいた後、すぐに掃除してしまう方も多いですが、しばらく置いた後掃除した方が汚れの落ちが良いです。

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related