Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしでラグは必要?一人暮らしのラグのサイズの選び方

更新日:2020年03月06日

これから一人暮らしをするにあたり、部屋をどのようなインテリアでまとめるかなど、色々と悩みますよね。そこでラグを使うことで一人暮らしの部屋はより雰囲気が変わります。ラグ選びには様々な素材や質感の物があるのでじっくりと選ぶことが大切です。

一人暮らしでラグは必要?一人暮らしのラグのサイズの選び方

一人暮らし部屋でラグを使うメリットは?

ラグの使い方は?

皆さんは一人暮らしをする上でラグって必要に思いますか?ラグってつまりカーペットのことですが、最近ではラグと呼ばれるようになっていますね。部屋の床を彩るアイテムでもあり、家具を置く際に床に傷がつかないようにするなどの様々な目的があるかと思います。しかしラグはいろんな大きさがあり、どのようなデザインを選ぼうかといろいろと悩むかもしれません。

ラグの大きさによっては一人暮らしの部屋の雰囲気も変わってきますし、ラグを部屋全体に広げるのか、部屋の一部にラグを敷くのかでも印象は変わってきます。しかし特に冬になると床は冷たく足が冷えるのでふわふわなラグはとても役に立ちますよね。まずはラグのメリットについて考えてみましょう。

ラグを使うメリット

やっぱりラグを使うと部屋の雰囲気をよりオシャレにすることも出来ますし、テーブルやソファーを置く際にも床に傷を付けないと言うメリットがあります。ラグには様々なデザインのものがあり、無地のシンプルなアイテムから柄が付いている華やかなものまで幅広くあります。サイズも小さなものから大判のラグもあり、部屋のサイズや雰囲気に合わせたラグを選ぶことで一人暮らしの部屋の印象は大きく変わってきます。

小さなラグは部屋の一部のアクセントとして利用することが出来ますし、部屋のオシャレを演出することも出来ます。さらに空間演出上部屋を広く見せることも出来るので小さなラグはとても便利です。逆に大きなラグの場合は部屋全体を覆って一人暮らし部屋に統一感を出すことも出来ます。ラグの大きさで部屋の印象も変わってくるので、部屋の広さに合わせたり、どのような雰囲気にするかを考えてラグを選ぶと良いでしょう。

ラグがいらないと言う人も

ラグを必要としない人の理由は?

ラグは一人暮らし部屋のオシャレアイテムでもありますし、床に傷を付けないと言うメリットがあると先ほど書いてきましたが、実はラグはいらない、必要ないと言う人も中にはいます。そう言った人たちはどのような理由でラグを必要としないのでしょうか?

・色々な口コミを見てみると部屋の雰囲気に合うラグがない
・畳の部屋だからラグが似合わない
・インテリアが統一感がなくてラグを加えるとチグハグになる

などの理由があるそうです。もちろん、部屋の雰囲気に合わないと言った場合も結構あるかもしれませんね。特に畳の部屋だとラグを敷くとインテリアにも統一感がなくなってしまう場合もあり得ますよね。
もちろんラグを無理して購入する必要はありません。あくまでラグは部屋のインテリアの一部だったり趣味でラグを利用すると言った人が多いものです。ラグを必要としない人はもちろんラグを使わずにフローリングや畳の温かみを感じることが好まれる人も多いのでしょう。

ラグを敷きたくても敷けない人も

大きなテーブルやソファー、またベッドなどで部屋が狭くなってラグを敷きたくても敷けない場合もあり得ますね。ラグを敷く際にどうしても家具を持ち上げたりどかさなければ敷くことが出来ない場面って結構多いですよね。またラグを敷くと掃除が大変と言う人も多いでしょう。掃除機をかける際にラグを掃除機かけて、さらにラグの下も掃除機をかけるとなると手間が増えて面倒臭いと言う人もおり、ラグを敷きたくても敷けない人も中にはいるのです。

一人暮らし用のラグのサイズの選び方

ラグにはいろんなサイズがある

ラグはお店によって大きさは変わってくることが多いです。さらにラグにはサイズが様々で正方形、長方形、円形などがあるためその部屋の雰囲気や広さに合わせる必要があります。テーブルやソファーに使うためのラグであれば、一人暮らし用のサイズで部屋の形やテーブルやソファーの配置などによっても正方形や長方形のラグを使い分けることも出来ます。しかし、一人暮らしのワンルームとなると多くの場合が縦長の部屋か横長の部屋になるため、ラグも長方形のものを選ぶと部屋に合わせやすくなるかもしれません。

一人暮らし用にピッタリなラグのサイズは?

一人暮らしの部屋でも人によって部屋の広さは変わってきますが、大体平均的な部屋の広さは6畳〜8畳ほどなのではないでしょうか。その部屋の広さから考えると一人暮らし用のラグの大きさは使い方次第で変わってきます。


『ローテブルだけにラグを敷く場合』

ローテーブルにラグを敷くとなると一人暮らしようなのでそこまで大きなサイズは必要ないかと思います。大体120cm×80cmなどが丁度良いかもしれません。もしローテーブルやソファーのサイズがもっと小さければ100cm×60cmくらいのサイズでも良いかもしれません。


『ローテブルとソファー両方にラグを敷く場合』

一人暮らしの部屋でもしローテーブルとソファー両方にラグを敷く場合は少し大き目のラグを使用すると良いでしょう。その大きさは大体120cm×80cmまたは200cm×140cmなど、ローテーブルやソファーのサイズなどに合わせてみると良いかもしれませんね。

ラグのカラー選びについて

部屋の雰囲気に合わせてカラー選び

一人暮らしを行う上でラグを選ぶ際に、部屋の雰囲気にラグのカラーを選ぶと良いでしょう。ラグには無地のもなからデザイン性のあるものまで幅広く存在しているため、どんなラグにしようか悩むところですよね。ではどんなラグが販売されているのか…そこでラグを無地やデザイン性のあるものまでいくつかピックアップをしてオススメを紹介したいと思います。ではオススメラグ5選をご覧ください!

一人暮らしをよりオシャレにするラグ5選

1:ふわっと気持ち良いグリーンラグ

手触りがよく、ふわっとしているラグです。さらにグリーンカラーはラグの定番カラーの1つでもあるのでどんな部屋の雰囲気にもマッチします!カフェのような部屋やクラシカルな部屋など落ち着いた雰囲気からちょっと明るい部屋に調和するカラーなので、一人暮らしの部屋を彩ってみてはいかがでしょうか?大きさは250cm×200cmのちょっと大き目サイズなのでローテーブルとソファー両方をラグに乗せることが出来ます。さらに滑り止め付きなのでソファーを動かしたときでもラグはしっかりとズレないようになっているのでラグの位置を直す面倒もなくなりますね!

2:デザイン性が豊かで爽やか&クラシカルなラグ

初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related