Search

検索したいワードを入力してください

ニスの種類と色|ウレタン/木工/家具/テーブル/粘土/紙

更新日:2020年08月20日

ニスといえば透明の一般的なニスを思い浮かべてしまいがちですが、実はニスにも沢山の種類があります。今回は、ニスの種類とどんな所に使えばいいのか?を詳しく紹介していきます。ぜひ参考にして、自分の目的にあったニスを選びましょう。

ニスの種類と色|ウレタン/木工/家具/テーブル/粘土/紙

木工細工、主に家具を指しますが、それ一つ一つにしてもニスがあります。どんな家具にはどんな種類のニスがなのか、それを詳しく紹介していきます。ぜひとも参考にして、DIYしたい家具にあわせて、ぴったりのニスの種類を選んでください。

テーブル

テーブルを塗装する際にしたい種類のニスは、水性ウレタンニスです。臭いが他のニスと比べてキツくないため、室内で扱いやすいという点と、食品衛生法をクリアしているため、食品を置く可能性が高いテーブルにはとてもであると言えます。
 
基本的に乾いた時点からテーブルは使用可能ですが、5日程乾燥時間を長くする事で、より高い安全性を得られるので、時間が取れる場合は、乾燥時間を長く取るようにしましょう。

ドア

ドアに適した種類のニスも、やはりウレタン製ニスです。理由はやはり、屋内に適した臭いの少なさです。刺激臭が部屋に充満すると危険ですので、基本的に屋内の家具は水性ウレタンニスを使用をします。
 
ただし、ドアが外に面している場合は、水性ウレタンよりも油性ニスを使用したほうがよい場合もあります。外で雨ざらしになってしまう扉の表面を守るなら、油性ニスの耐久性が一番好ましいといえるでしょう。自分がどこのドアを塗装するのかよく考えて、ニスの種類を選ぶようにしてください。

他の家具類

屋外の物をニスで塗る場合

家具といえば家の中に置くものですが、屋外のものをニスで塗る場合もあるでしょう。その場合になのは、油性ニスです。屋外で雨に打たれたり、風にさらされたりする点を考慮すると、一番耐久性のある油性ニスが、一番適していてです。さらに、油性ニスの臭気も、外での使用だと気になりません。しばらくすれば、臭いも完全に消えるので心配いりません。
 
ただし、乾きづらいというデメリットも持ち合わせています。もし、屋外でニスを塗った後、乾ききらないうちに雨風が強くなるという事態に遭遇した場合は、速乾性の油性ニスを選ぶことで、せっかくの表面を傷つけたりせずに済むので、季節や天候を考慮してニスの種類を選びましょう。

粘土に使うニスの種類

家具やDIY以外でも、よく、粘土作品にニスを用いて表面を保護するという使い方もあります。その場合には、一体どのような種類のニスを用いればいいのでしょうか。木工製品よりも、今回のように粘土に対して塗装する場合は、少しだけ注意しなければいけないポイントがありますので、参考にしてください。

粘土にニスを塗る際の注意点

粘土にニスを塗る際に、絶対にやってはいけないのは、水彩絵の具で着色した上から、ニスを塗る行為です。

どの種類のニスにも含まれている成分が、絵の具を溶かしてしまうので、せっかくの塗装がだいなしになってしまいます。必ず、粘土にニスを塗る場合は、下の絵の具がアクリル製、あるいは油性であることを確認してから塗るようにしてください。

粘土に適したニスの種類

粘土に適したニスの種類は、ズバリ「水性ニス」です。ウレタンでも構いません。ですが、油性はしません。粘土作品は飾る目的がほとんどでしょう。油性でコーティングしてしまった場合、臭気が強くなり、飾れないという可能性もあります。
 
さらに、なるべくはカラーでないものがいいでしょう。綺麗なクリアカラーで、元の色などを損ねないように塗装するのが一番といえます。

用途にあったニスを選ぼう

いかがでしたでしょうか。さまざまな種類のニスを、用途別、種類別に紹介しました。ぜひ、これからニスを使用したいと考えている方はこの記事を参考に、適したニスを選んでみてください。

初回公開日:2017年11月12日

記載されている内容は2017年11月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related