Search

検索したいワードを入力してください

【部屋別】模様替えのコツ・片付けのコツ|一人暮らし/6畳

更新日:2020年08月28日

あなたはいつ模様替えをしましたか。そろそろ模様替えしたい気分になっていませんか。模様替えをすると、新たな気持ちになれたり、居心地の良い部屋になったりと良いことがたくさんあります。この記事では部屋別の模様替えのコツをご紹介し、あなたの模様替えをお手伝いします。

【部屋別】模様替えのコツ・片付けのコツ|一人暮らし/6畳

部屋の模様替えのコツ

どんなに気に入っていた部屋でも、ふと模様替えをしたくなる時があります。そんな時、どのように模様替えをするのが良いか悩む方も多いでしょう。ここでは、部屋別に模様替えのコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1K

まずは、1Kの部屋の模様替えのコツを紹介します。1Kの部屋に住まれている方は、1人暮らしで賃貸の方が多いでしょう。賃貸の場合、持ち家よりもできることが限られますが、最近は現状復帰できる模様替えグッズなども多く販売されています。また、1人暮らしの場合は自分の好みと使いやすさだけを考えて模様替えできるので、その点では自由度が高いです。

1Kの部屋の模様替えの際にまず考えること、それはテレビとベッドの配置です。まずその2つの場所を決めると、他を決めやすくなります。テレビの線をつなぐ場所が良い場所にない場合は、延長するコードを使うことをもできます。

キッチンの壁

続いてはキッチンの壁です。最近、キッチン用のリメイクシートが数多く販売されています。貼って剥がせるシール状の簡単なものなので、特別な道具やコツも必要ありません。また、現状復帰できるので賃貸でも安心です。レンガ柄やタイル柄ががあります。

他にも、掛け布団カバーやソファカバーを変えると、部屋の雰囲気がガラリと変わるでしょう。専用のものでなくても、マルチカバーと呼ばれるものや大きめのリネンでOKです。季節によってカラーや素材を変えると、素敵な部屋になること間違いなしです。

6畳・8畳の部屋

6畳・8畳の部屋は、間取りや家族構成によって用途が異なります。まずはリビングとして使っている場合ですが、この模様替えのコツについては次でご紹介しましょう。

ダイニングとして使う場合

他にも、ダイニングとして使う場合があります。ダイニングを模様替えするコツは、照明の変更、または追加です。ダイニングテーブルの上の照明は、ダイニングの印象を大きく左右します。電球の色を暖かみのある色に変えるだけでも印象が変わるでしょう。

ダイニングテーブルに花を飾ったり、小さい観葉植物などのグリーンを置くのもです。花の世話が苦手という方には、ドライフラワーやプリザーブドフラワーも良いでしょう。

これら以外の用途で6畳・8畳の部屋を使っている場合、思い出スペースや趣味のスペースを新たに作ってはいかがでしょうか。棚を1つ用意して、思い出の写真や物を飾ったり、趣味で集めた物や作った作品を飾ると、きっとお気に入りのスペースになるでしょう。

リビング

続いては、リビングの模様替えのコツです。リビングの模様替えでは、最初にテレビとソファの配置を決めましょう。家族が集まる場所なので、居心地の良さや使いやすさが重要となります。

それから、ラグを変えるのもです。例えば季節によって、夏はさっぱりした生地の寒色系のラグ、冬は厚みのある暖色系のラグ、といったように変えてみてもよいでしょう。

もっと手軽に模様替えをしたい方になのは、大きな観葉植物を置くことです。花屋やネット通販で数千円から購入できます。部屋の中に緑があると、部屋が明るい印象になりますし、とても癒されます。

和室

和室の模様替えのコツは、まず和室をどのように使いたいか決めることです。畳を生かして、そのまま和室として使いたい場合、部屋の雰囲気を変えるためには盆栽や花を飾るのが効果的です。盆栽といっても、立派なものでなくて構いません。インテリアといて置けるおしゃれな物や、苔でできたアート作品なども販売されているので、活用してみてください。

和室として使わない場合、思いきってフローリングシートを敷いて模様替えする方法もあります。和室が必要ないのであれば、こうすることで普通の部屋として使うことができ、とても便利です。

子供部屋

次は子供部屋の模様替えのコツです。子供部屋を模様替えするときは、子供が自分で片付けやすい部屋にすることが大切です。もし今片付けが苦手でも、模様替えによってきちんと片付けられるようになる場合もあります。

子供がわくわくするよう模様替えを工夫しよう

模様替えの際には、お気に入りのおもちゃを「見せる収納」にするのがです。子供でも届く低めの棚を用意し、お気に入りのおもちゃの定位置を一緒に決めます。おもちゃをしまう場所兼インテリアにしてしまうことで、子供部屋の雰囲気をガラッと変えることができます。

その他にも、掛け布団カバーや枕カバーを変えるのもコツの1つです。季節によって柄や色を変えると、子供も楽しい気分になることでしょう。リネン類を変えるのは最も簡単な模様替えなのでです。

まだ子供部屋にスペースがあるのであれば、子供の作品を飾るコーナーを作るのはいかがでしょうか。学校で作った物や描いた絵を飾って、1学期ごとに新しい作品と変えると、これも立派な模様替えになります。

寝室

初回公開日:2017年11月22日

記載されている内容は2017年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related