Search

検索したいワードを入力してください

ブライドルレザーの財布の手入れ方法・ブランド

初回公開日:2018年04月18日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ブライドルレザーは、イギリスで1000年以上前から続く手法で作られた皮革です。この皮革を使った財布はとても頑丈で長年愛用できると評判です。長く使うために、ブライドルレザーの財布の手入れ方法やブランドをチェックしてみましょう。

ブライドルレザーの財布の手入れ方法・ブランド

ブライドルレザーの財布の手入れ方法

ブライドルレザーの財布の手入れ方法・ブランド
※画像はイメージです

ブライドルレザーは、イギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法でつくられた財布です。堅牢で美しい光沢が特徴で、皮に何度もロウと油分を塗りこんで引き締めていきます。表面に白く浮き出ているのはロウでブルームと呼ばれ、ブライドルレザーの最大の魅力です。

ブライドルレザーの財布を使用していくと、徐々にブルームが取れて光沢が増してきます。硬い皮を使用している財布ですから、耐久性もあり頑丈です。しかし、硬い分、製法が難しく1つの財布を作るのに熟練の職人技術が必要です。

1900年年創業のイギリスの名門タンナーで生み出されるレザーでつくり、完成まで約5か月かかります。ブライドルレザーの財布を手に入れたら、長年愛用大切に愛用したくなるでしょう。

特長

ブライドルレザーの財布は、ロウと油分を丁寧に染み込ませているため、白い粉が浮き出てきます。これはブライドルレザーの最大の特徴で、繊維の細部まで染み込ませたロウや油が浮き上がり、ふき取る事で美しい光沢が生まれてきます。表面のロウは季節によって見え方が変わり、暑い夏は高温でロウが固まりにくくなりますが、寒い季節になると表面に現れてきます。

そして、ブライドルレザーの財布は高級感が漂います。イギリスでは馬具などに使用されている、とても丈夫な皮で作られていますから堅牢なものです。ロウと油分を染み込ませて繊維間の強度をアップしていきます。正しい手入れで何十年も愛用できる財布でしょう。

手入れ

ブライドルレザーの財布は、購入当初はレザーからロウが浮き出てきます。乾拭きするだけで良いでしょう。この時、乾拭きをしてもカサツキが出るなら皮革用クリームで油分を補給しましょう。

ブライドルレザーの財布は、タンニン鞣しの皮、水に弱い弱点があります。雨の日に使用する時は、防水スプレーなどで保護をして使用します。皮表面にロウやオイルが噴出している時は、乾拭きでロウなどを皮にすり込んでから防水スプレーをします。

拭き取らずに防水スプレーを吹きかけると、白い皮膜が残る場合があります。もし、白い皮膜が残ってしまったら、乾拭きをすると目立たなくなるでしょう。

タイプ別ブライドルレザーの財布

ブライドルレザーを使った財布は、さまざまなタイプが販売されています。どんな財布があるか見ていきましょう。

二つ折り 万双

品質を追求したブランドで、本物の皮製品を楽しむことができます。このブランドは豊富なデザインの皮財布があり、コンパクトな二つ折りタイプも販売されています。良心的な価格で少ない予算でも購入できるブライドルレザーの財布が数多くあります。

世界最高品質を目指しているブランドで、必要であれば金具まで作り上げてしまう情熱的なこだわりをもっています。二つ折り財布以外にも、コンパクトな小銭入れやデザイン性豊かな商品が販売されています。

日本製 GANNZO

GANZOのブライドルレザーの財布は、素材から縫製までこだわり抜いた商品です。職人の手で作り上げられた財布はとても頑丈です。特にラウンドファスナータイプの長財布がです。収納力があり、領収書やカードなどをたっぷり入り整理しやすい財布です。

シンプルなデザインですから、スーツにはもちろんカジュアルな服装にもあいます。表面にはブライドルレザー、内側には滑皮を使用したおしゃれな長財布です。価格は3~10万円と幅が広く、初心者でも手に入れやすいでしょう。

長財布 ホワイトコックス

ホワイトコックスは、英国御三家のブランドです。日本でものあるブランドで、シンプルなデザインで使いやすいブライドルレザーの財布が販売されています。のあるラウンドジップ式長財布は、大容量のコインポケットと多くの枚数を収納できるカードポケット付きです。

スーツ、カジュアルスタイルにも使いやすいデザインと、ブライドルレザーの耐久性の高さが評価されています。本場、イギリスのブライドルレザーの財布を探している人にです。

ブライドルレザーの財布のブランド

ブライドルレザーは本場イギリスの他、日本国内でも生産されています。皮の目はやや粗いものの国内でなタンナーが手掛けており、クオリティーも良いでしょう。海外のタンナーは伝統的な手法で生産しており、安定した品質に定評があります。

手がけるタンナーによって風合いや硬さなどが異なり、オリジナルのブライドレザーの財布を堪能できます。

ココマイスター

ココマイスターは、日本にあるブライドルレザー財布を販売している会社です。イギリスの皮文化を取り入れ、日本の熟練職人が丁寧に作りあげた心温まる皮製品が魅力的です。細かい部分まで丁寧につくられた財布は長期間愛用できる商品です。

ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中で最も硬い尾のショルダー部分を使用しています。ショルダー部分はバラ傷や色ムラなどが多い部分で、牛が生きていた時に付いた傷やトラなどが多く含まれる部分で、天皮革ならではの表情を堪能できます。

使用する箇所によって表情が違いますから、オリジナルのブライドルレザーの財布を所有することができるでしょう。また、ココマスターでは、長年財布を所有できるように、会員サービスが用意されています。入会すると永年修理保証が受けられるようになり、消耗や誤って破損した箇所以外は、基本的に無償で修理をしてくれます。安心して購入できる店舗でしょう。

セドイウィック社

英国ウエストミッドランズ州のバーミンガム近郊の町、ウォルソールにある会社です。ブライドルレザーのおかげで、ブライドレザーの製造を誇っています。この会社は、家畜関係の仕事が盛んだった土地にあり、財布などの革製品産業が盛んになった歴史があります。

1906年に創業された老舗のタンナーで、ここの財布は独特の硬さ、ブラッシングで染み込ませて時間を置いて浮き出た特徴的な製品です。上級者から初級者まで満足できる最高級の財布を販売しています。

Jベーカー社

Related