Search

検索したいワードを入力してください

エアコンのパテの剥がし方・埋め方・付け方|100均/劣化

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年02月25日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

エアコンのパテは、誰にでも簡単に扱うことが可能です。エアコンの配管部分に穴が空いてしまうと、お部屋の中に雨風が入り込んでしまいます。また、そのまま放置していると配管を傷つけてしまう原因にもなってしまいますので、なるべく早く手を打つ必要があります。

エアコンのパテの剥がし方・埋め方・付け方|100均/劣化

エアコンのパテのはがし方交換方法

まだ新しいエアコンの場合でも、外から空気が入ってくるようであれば、配管を通す穴に隙間ができている場合が考えられます。

また、エアコンを動かした時に隙間風が通るような音がすることがある場合にも、その可能性が高いです。その場合には、配管を通す穴を確認し、パテを使って隙間を埋めましょう。

パテの使い方には注意が必要ですので、今回はエアコンの隙間を埋めるための、パテの使い方についてご紹介しましょう。

パテとは

パテにはいろいろな種類のものがあります。パテにはどういった場合に使用するのかというと、例えば壁にひびが入った場合や穴が開いてしまったときに、その欠損部分にパテを塗り込めることにより、修復する役割を果たします。

パテはほとんどのものが柔らかい粘土状になっているため、必要な分だけ切り取ったり、手でこねた後、修復が必要な場所の形や大きさに合わせて自由に形を変えられます。

また、時間が経つと硬くなるため、道具を使って磨き上げると、より滑らかに美しく仕上げることができます。また、欠損箇所の修復のほか、接着剤の代わりとして用いられる場合もあります。

合成樹脂でできたパテ

合成樹脂でできたパテにはいろいろな種類があり、作業がしやすく形に合わせて滑らかに磨き上げることもできますので、エアコンの配管にできた隙間を埋める目的のほかにも、外壁の修理に用いることもあります。この合成樹脂でできたパテは、耐水性や体質性、アルカリ性のものに対しては若干弱いという欠点があります。

石膏でできたパテ

石膏でできたパテは、下塗り用として用いられます。粒子が粗く水と混ぜ合わせることにより、家宅固まります。石膏でできたパテは、水と混ぜ合せてから調整するまでの時間が細かく設定されていますので、石膏でできたパテを使う場合には、説明書をよく読み時間についての確認が必要です。

炭酸カルシウムのパテ

炭酸カルシウムのパテは乾燥させると固くなるといった特徴を持っています。ですが、接着剤をつけたりすると、その水分で柔らかくなってしまったり、強度が低下してしまいますので、加工がされているものも多くあります。

エポキシパテ

エポキシパテはなっているパテことを言います。エポキシ樹脂とプレポリマーの二つのものを混ぜ合わせることにより、固く固めることができます。これは、もともと粘土状に柔らかくなっているため、修繕が必要な個所に合わせて自由に形を変えることができます。いろいろな箇所に使用されることの多いパテです。

瞬間接着パテ

これは、粉と専用の液を混ぜ合せて使うだけです。瞬間接着剤と同じ特徴をもっていて、接着剤の代わりとして使われることの多いパテになります。パテの固さは粉を混ぜる割合により自由に変えることができるというのも、このパテの特徴の一つです。

劣化した場合

一度取り付けたパテは、年月が経ち劣化が進むと、はがれ落ちてきてしまいます。そうすると知らず知らずのうちに隙間ができてしまい、大雨の時や台風の時になど、お部屋の中に雨風が入ってしまいます。

そのため、パテを塗りこめてあったとしても、パテが劣化した状態のままそのまま放置していることで配管を傷めたり、エアコンの故障の原因となってしまう場合もありますので、定期的に交換が必要です。

エアコンのパテの使い方

エアコンの配管にパテを使用する場合には、まず先にきれいに手を洗っておきましょう。手が汚れている状態でパテを触ってしまうと、パテに手の汚れや手垢が付いてしまい、塗り込めた後が汚く見えてしまうことがあるので注意しておきましょう。

パテを袋から取り出すと、粘度と同じように四角い状態で袋に収められていますので、必要になる分だけ切り取って使います。

エアコンの配管用のパテ

エアコンは生活する上でなくてはならないのが電化製品です。最近では温暖化が進んだせいもあり、エアコンがなくてはお部屋の中にいることができません。ですが、エアコンは頻繁に使用することもあり、故障や不具合が起きやすい家電のひとつです。

エアコン本体や室外機の故障に限らず、配管部分に隙間ができてしまった場合には、お部屋の中の温度を適度な気温に保つことができません。そのため、エアコンの配管に隙間ができてしまった場合、パテを使って隙間を埋めるのであれば、配管専用のパテを利用しましょう。

パテの選び方

エアコンの配管専用のパテは、ホームセンターに行けば購入することが可能です。また、インターネットでも取り扱いがありますので、どういったものを使えば良いのかご存じの方は、インターネットを利用すれば格安で購入することもできます。

ですが、どういったタイプのパテを使ったらよいのかが分からない場合には、ホームセンターへ行き、ホームセンターの店員の方にパテの種類や使い方、選び方について聞いてみましょう。

エアコン用パテのカラーバリエーション

Related