Search

検索したいワードを入力してください

狭いキッチンの収納方法・作業台スペースの確保やレイアウト例

更新日:2020年08月28日

案外難しい、狭いキッチンの活用法。収納を楽にするためのちょっとした収納術、工夫やアイデア、さらにはちょっとしたインテリア術までまとめて紹介しています。ぜひとも参考にして、使いやすい素敵なキッチンスペースを作ってみてください。

狭いキッチンの収納方法・作業台スペースの確保やレイアウト例

狭いキッチンの収納方法

家の中でも使いやすくしておきたい、動きやすいスペースにしておきたい、と思うキッチン。でも、キッチンは意外とごちゃごちゃしがちで収納が難しいです。今回は、そんな狭いキッチンの便利な収納術をご紹介。ぜひとも参考にして、狭いキッチンを広々綺麗に使いやすく収納してみてください。

収納術

収納術といっても、「どこにどんな物を置けばいいの?」「なにを使えばいいの?」と、迷ってしまう事でしょう。とにかく狭いキッチンの収納のコツは、スリムな家具と壁の活用です。冷蔵庫や家電製品など必須なものはどうしたってある程度のスペースを取ってしまいます。それ以外の場所で、スペースをとるようにしてください。

棚はやはりスリムな縦型のサイズがです。上の方にはあまり使わなくなってしまったお皿を、頻繁に使うお皿は下の方へと収納すれば、わかりやすく使いやすいです。
 
棚の種類にもいろいろありますが、一部に家電製品を乗せる事のできるものなどもあり、そういったものを選ぶ場合は家電製品の幅にあわせて棚を選ぶと無駄なスペースがとられません。

キッチンの収納で意外と盲点になるのが、壁です。壁にももちろん、フックなどを取り付けて物をぶら下げて収納スペースにする事ができます。
 
ただし、たまに包丁を壁からぶら下げて収納するアイテムなどがありますが、万が一にも落下すると危ないので、包丁を高いところへ収納するのはやめておきましょう。

アイデア・工夫

キッチンの収納術には、いろいろなアイデアや工夫が必要です。今回は、手軽に出来てずっと使い続けられる簡単なアイデアを紹介します。あまり気にしていなかったな、という場合はぜひ、これからは気にするようにしてみてください。きっと劇的にキッチンの収納が楽になるでしょう。

移動できる棚の活用

移動できる棚というのは、つまりキャスターの付いていて自由自在に動かせます。キャスター付きの棚は一見どう扱うのか迷ってしまうでしょうが、収納スペースの少ないキッチンには必要な時にだけ家電を持ってこれる、必要でない時は奥にひっそりと収納しておける、とても便利なものと言えます。

家電製品は小さめの物を選ぶ

狭いキッチンを有効活用したい場合は、なんといっても大型家電の大きさに注目します。最近はスリムでも庫内の広い冷蔵庫や、オーブンレンジなどが登場してきています。大型家電を買い換える事で劇的に使えるスペースが増えたというケースも少なくないので、ぜひとも家電の買い替えも視野にいれてみてください。

IHグリルの活用

IHグリルは魚を焼くだけのものと思われがちですが、それだけにしておくのは勿体無い機能です。例えばオーブントースターで揚げ物を頻繁に温める人はオーブントースターはなるべく大きいものを選んでいるでしょう。
 
ですが、IHグリルでも揚げ物を温める事ができるので、オーブントースターは食パン一枚焼ける小さなサイズにしておいて、あとは全てグリルを活用する、という方法をとれば大きなスペース削減につながります。

狭いキッチンでの作業台スペースの確保

狭いキッチンだと満足に作業台のスペースがとれない、という場合があるでしょう。そのような場合にどうすれば良いのか、迷っている人も少なくはありません。狭いキッチンで作業場を満足にとるには、どのような方法があるのかご紹介します。

まな板を置くスペースを作る

初回公開日:2017年12月26日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related