Search

検索したいワードを入力してください

ペットボトル収納にアイテム7つ|買える場所

更新日:2020年08月28日

ペットボトルの収納に箱買いしたときの段ボールをそのまま使うのは、あまり好ましくはありません。最近ではペットボトルの収納に役立つ収納アイテムが多数リリースされています。この記事ではペットボトル収納に役立つアイテムを紹介します。

ペットボトル収納にアイテム7つ|買える場所

ペットボトル収納のポイント

ペットボトルは、衝撃にも強く、処分のしやすく、かつ蓋を閉じることができるため、持ち運びには最適な容器の一つです。しかしながら、大量にペットボトルを購入した場合には、収納場所に困ってしまうことがあるため工夫が必要になります。また見た目をキレイに収納できれば、インテリアの一つとして利用可能です。

ここではペットボトルを効率よくかつキレイに収納できるための方法やポイントについて、いくつか簡単に紹介します。

収納したいペットボトルの容量

ペットボトルの収納を考える上では、普段使用することが多いペットボトルの容量について把握しておく必要があります。日本で多く出回っているペットボトルの容量としては、500ミリリットル、1.5リットルといった種類がメジャーであるといえます。

また最近では、1リットルのペットボトルもあるので、要注意です。さらに自販機などでは280ミリリットルの容器のもあるのでこれらの種類に合わせた適切な収納が必要です。

確保できるスペースの広さ

先述のとおり、ペットボトルには複数のサイズがあることから、普段よく使用するペットボトルの規格に合わせて、収納スペースを変える必要があります。

例えば1.5リットルや2リットルのペットボトルは自宅内で買いためておくことが多く、収納スペースには気をつけたほうが良いでしょう。これらのペットボトルの場合には、購入したペットボトルを一度にすべて冷蔵庫に収納できないため、他の収納スペースを考える必要があります。

ペットボトル収納にアイテム7つ

ペットボトルは工夫次第では、とても便利かつおしゃれに収納することが可能です。箱買いしたときに入っていた段ボールをそのまま使用するといった手もありますが、インテリアとしては段ボールをそのまま置いておくのは好ましくはありません。

そこでここでは、ペットボトル収納を考える上で効果的なアイテムや方法についていくつか例を挙げて紹介します。

アイテム1:棚

ペットボトル収納に限らず、ものを収納するときに第一に候補に挙げられるアイテムとして棚があります。棚はいわゆるインテリアに相当するため、棚自体のサイズが大きいので、自分自身の部屋のサイズと、想定しているペットボトルの大きさに合わせて選ぶことが求められます。

特に棚の場合には奥行きと高さ、幅といった規格を意識して、自分がよく使用するペットボトルと照らし合わせて購入するようにしましょう。

アイテム2:ラック

ラックも先述の棚と同じように、ペットボトル収納に便利なアイテムの一つです。ラックの種類として一番メジャーなのは、金属製のメタルラックが挙げられます。このラックは自分で組み立てる必要もありますが、価格帯も安く使いやすいアイテムです。

メタルラックの大きなメリットとしては、ラックの棚の高さを簡単に動かすことができる点にあります。したがって、大きなペットボトルであっても比較的簡単に収納することができます。

アイテム3:かご

ペットボトル収納には、棚やメタルラックの他にも、かごを利用するのが便利です。かごはメタルラックのように自分で組み立てる必要もなく、かつ棚のように部屋のスペースを大きくとることがないので、少量のペットボトルを収納するのに便利だといえます。

またメタルラックや棚と組み合わせて、ペットボトルを収納したかごを棚やラックに収納するといった方法をとるとおしゃれに収納することができます。

アイテム4:収納ボックス

収納ボックスに関しても、かごと同じようにペットボトルの収納に使用することができます。収納ボックスの場合には、色々なカラーや素材の種類があるので、自宅のインテリアと揃えることができるのがメリットです。

また色によって収納するペットボトルを分けることによって見分けやすく収納することもできるので、工夫次第ではかなり便利に使用することができるといえるでしょう。

アイテム5:ペーパーボックス

ペーパーボックスは、紙製の収納ボックスともいえ、軽量なのが利点です。また段ボール製ではありますが、強度もそれなりにあるので、重いペットボトル製品であっても収容可能です。さらに紙製なので、プラスチック製品を使用しておらず、環境にも比較的優しいのもメリットの一つだといえるでしょう。

アイテム6:収納スツール

収納スツールと呼ばれる製品もインテリアの会社ではリリースされており、こちらもおしゃれで便利な収納ツールです。スツールとは背もたれのない腰掛という意味があります。そのため収納スツールは椅子としても機能を併せ持った収納スペースであると言い換えることができます。

そのため、屋内のレイアウトを邪魔することなく利用することができます。

アイテム7:コンテナ

コンテナも収納スツールと同じように使用することができる収納ツールだといえます。コンテナの大きな利点としては、ペットボトル収納に使用しない時にはたたんでおくことができる点が挙げられます。

そのため、限られた自宅内スペースを利用するといった点においては、コンテナを使用することは非常にです。

初回公開日:2018年11月27日

記載されている内容は2018年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related