Search

検索したいワードを入力してください

ウォーターサーバーは必要か|状況別・・評判

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ウォーターサーバーの市場は年々上昇傾向にあり、各メーカーが上質の水を提供しています。すべての人が必要というものではありませんが、ウォーターサーバーの魅力をよく理解した上で必要、いらないの判断をし、人間の健康の元となる上質の水を摂取しましょう。

ウォーターサーバーは必要か|状況別・・評判

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーが必要かいらないかの前に、ウォーターサーバーについて簡単に紹介します。

最近では店頭で見かけることも多いですが、ウォーターサーバーとは新鮮な天然水をろ過・加熱処理しボトリングされたタンクのことです。

サーバーにボトルをセッティングするだけで冷水・温水をボタン一つで使える商品であり、必要なものは家庭用コンセントひとつです。他には何もいらないという手軽さから近年利用者が急増しています。

タンクは数リットル~十数リットルの容量のものが多く、定期配送で家庭まで届けてくれます。支払は登録したクレジットカード等で支払えるので、商品の受け取りだけでおいしい水がいつでも飲むことができます。

ここではウォーターサーバーの基本的な情報、必要な人、いらない人の生活スタイルを紹介しますので、興味のある方は是非読んでみて必要かいらないかを考えてみてください。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーの種類はメーカーにより異なりますが、基本的なサーバーの機能は似たり寄ったりです。サーバーの種類としては「床置きタイプ」と「卓上タイプ」、提供される水のボトルの種類としては「使い捨てタイプ」と「再利用タイプ」とに分かれます。

ご家庭の設置場所に合わせて床置きタイプか卓上タイプかを選び、水の提供方法の利便性を考えて使い捨てタイプか再利用タイプかを選ぶとよいでしょう。ウォーターサーバーの設置は約40cm四方であり大きな面積はいらないので、家庭の片隅に設置すれば邪魔になることはありません。

また、水の種類は大きく分けて、「天然水」と「RO水」とに分かれ、天然水とは地下水や川から採取された水で、RO水とは水道水や川から採取された水をろ過した水です。ウォーターサーバーが出始めたころはRO水が主流でしたが、現在ではミネラルを多く含んだ天然水の需要が多くなってきています。

ウォーターサーバーのコスト

ウォーターサーバーは必要か|状況別・・評判
※画像はイメージです

ウォーターサーバーが必要・いらないの判断基準となるのは、水の質はもちろんですが、なんといってもコストが重要です。コストに見合うだけの満足度が得られるかは人それぞれですが、ウォーターサーバーに関わるコストを理解し、長期的な目線で検討してみて下さい。ウォーターサーバーの導入や維持に必要なコストについては以下の構成で成り立っています。

・ウォーターサーバーレンタル料金
・ボトル水料金
・宅配料金
・ウォーターサーバー設置料金
・ウォーターサーバー保守料金
・家庭の電気料金

選ぶメーカーによって掛かる費用に差が出てきます。ウォーターサーバーによりいくらの費用がかかるかを紹介しますので、必要か否かの判断の基準としてください。

最初に必要なイニシャルコスト

ウォーターサーバーの導入に関してイニシャルコストはいらない場合がほとんどです。後に紹介しますサーバーのレンタル費用と水の定期配送費用により、本来必要となるウォーターサーバーの運送料や設置料がいらいないとなっており、これはどのメーカーを選んでも変わりありません。

ただし契約期間の指定があり、途中解約の場合は違約金として本来必要であった運送料や設置料を支払うこととなりますのでご注意ください。

月々必要なランニングコスト

ウォーターサーバーのランニングコストでは以下のものが必要となります。

・ウォーターサーバーレンタル料金
・ボトル水の定期配送料金
・家庭の電気料金

メーカーやキャンペーンにより割引はありますが、ウォーターサーバーのレンタル料金はいらないというメーカーも多いです。ただし、ボトル水の定期配送料金として最低保証を設定しており、2カ月に2ボトルは注文しないといけないという料金構成になっています。

電気料金については一般的な電気ポットと同程度と言われていますが、使用方法により変動してきます。平均的な電気代は家庭の電力会社との契約状況にもよりますが、500円程度であり、最近のウォーターサーバーではいらない時は省エネモードに切り替わるような商品も出てきています。

一般的家庭用飲料水のコストとの比較

ウォーターサーバーはいらないが、ミネラルウォーターはよく買うという人を想定して計算してみます。ミネラルウォーター500ミリリットル買うのに100円だとすると、ウォーターサーバーでは500ミリリットル換算で60円程度になります。

普段からミネラルウォーターを買う頻度が多い人はウォーターサーバーをレンタルしたほうがお得なこともあるでしょう。当然買い物に行く必要がないというメリットもありますし、ついで買いをよくしてしまう人にとってはコンビニに行く回数が減れば目に見えない効果もでてきます。

さて、ウォーターサーバーは基本的には飲料水として利用することが多いですが、家庭の水道水の場合では500ミリリットルでなんと0.1円程度です。これを考えると市販のミネラルウォーターがいかに高いかが分かります。ウォーターサーバーの水でもその6割ですので、水道水で十分という方にとってはウォーターサーバー自体がいらないことになります。

ウォーターサーバーのメーカー比較

ウォーターサーバー市場では様々なメーカーが進出してきており、近年のメーカー間の価格競争、サービスの差別化等、利用者にとってはどれが一番いいのか判断に迷う現状にあります。

ここでは数あるメーカーの中で以下の項目で順位付けしたものを紹介します。

・ウォーターサーバーのレンタル料金
・水ボトル定期配送料金
・ウォーターサーバーの性能
・ウォーターサーバーのメンテナンス体制
・ウォーターサーバーのデザイン性
・ボトル水の水質
・消費電力

せっかく月々の費用をかけるのであれば、自分のライフスタイルに合ったメーカーを見つけてください。

それではウォーターサーバーを提供しているメーカーを形式で上位3社の名称と、その特徴を紹介します。

必要かいらないか迷っている人は各メーカーの特徴やサービス内容をよく比較して判断してください。ここでは概要だけの紹介とさせて頂きますが、興味をもたれた方は詳しく調べてみてください。

1位

Related