Search

検索したいワードを入力してください

ウォーターサーバーの契約方法|キャンセルの仕方・企業別の契約内容

初回公開日:2017年05月26日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ウォーターサーバーの契約では使用感等から短期間で変更・解約をしたい場合が想定され、事前に契約解除期間の定や解除料を知っておくことが重要です。ウォーターサーバーの自発的と後発的な契約とではクーリングオフにも大きな違いがある為それぞれの比較で見ていきましょう。

Noimg

ウォーターサーバーの契約方法

ウォーターサーバーとはいったい何なのかという素朴な疑問から、実際にウォーターサーバーを契約したいときに検討する際のポイントを、水の内容成分についてと、ウォーターサーバー契約時の特典やウォーターサーバー会社の特徴から説明していきます。

ウォーターサーバーとは何かを知る

【ウォーターサーバーには水の種類が2種類あります】

水の種類には天然水とRO水の2種類があります。圧倒的は「天然水」です。しかしRO水とはRO膜という特殊なものを使い、セシウム等不純物をほとんど入れない方法であることで宇宙空間への活用とともに非常に有名になりました。体への安心度は平等で高いと言えます。水の種類は、個々の必要性に応じて選ぶことは、体の内臓への負担を特に考えなければならない際には重要です。

価格が高めに設定されても尚、の高い「天然水」についてを見ていきましょう。ウォーターサーバーでいう天然水とは、特定した水源とする地下から採取した水を浄化したものです。

科学的な方法での殺菌をしない水で、自然ろ過等によって浄化した天然水には、私たちの体に必要なミネラル成分が豊富に含まれており、ウォーターサーバーにおいてもが高いことが特徴です。

「天然水」に多く含まれているミネラル成分とは、ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウムで、主に4個の成分で構成されています。天然水の中でも硬水にはこの4個の成分の他にも、硫化イオン・シリカが多く含まれています。リンやバナジウムといった成分も含んでいる天然水もあります。必要な成分であっても、特別に過剰摂取した場合には体にリスクとなる場合がありますので、毎日体に取り込む水に注意することは健康に気を配ることに繋がります。

体に不必要となる不純物を最低限までろ過した水をウォーターサーバー用に浄化されてあるため、心配なミネラルの取りすぎもありません。

「天然水」を利用したウォーターサーバーでは、不純物を取り除いたことで「天然水」に安心が加わることがなされています。体に必要なミネラル成分を安心して飲用できることが、天然水を利用したウォーターサーバーの理由となっています。その為、価格的にはミネラルがもたらす健康を考えたときには決して高めの設定ではなくなります。

ウォーターサーバーの契約はキャンセルできる?

ウォーターサーバーの契約では、契約に必要な業者選びから行う必要があります。しかし、何を購入・取り入れをするにあたってもその取扱業者の信頼性を計る事が消費者には難易度が高いのは確かです。

契約と解約はセットです。困ったときにはクーリングオフが出来るように知っておきましょう。ウォーターサーバーの契約では使用していなくても料金が戻らない場合もある為キャンセル=クーリングオフと考え理解を深めておきましょう。

クーリングオフを知る

クーリングオフが有効な場合は、不本意な商品説明の元で消費者が購入するにあたり十分に検討することが出来なかったときに購入してしまってから一定の期間のうちで解約をすることが出来る制度のことです。

ウォーターサーバーの購入の場合で考えてみましょう。例えば、ウォーターサーバーを契約しようと、自分が自発的にスマホやパソコンでインターネット検索などで情報を収集し、ウォーターサーバーの契約をした場合は、不本意とは言えません。この場合、クーリングオフは適用されません。

次に考えられるウォーターサーバーの契約方法は、店頭などで行われているイベント会場でたまたま呼び止められて試飲を勧められ、契約に関する説明を受けて納得した上で契約する場合です。この場合、クーリングオフの適用される可能性は高いと言えます。

キャッチセールスによる契約ではクーリングオフ適用の見込み

例えば、自分が偶然通りかかっただけなのにも関わらず、イベント会場の近辺で営業担当の声掛けで足を止められ、受付に誘導された後に契約する流れだとクーリングオフ適用の可能性が高くなると言えます。

自分としては、イベント会場の近辺を偶然通りかかっただけで、その日は契約する気で通りかかった訳ではなく、商品を納得し契約したとしても「イベント」の場で「キャッチセールスによる契約」には変わりないからです。

実際の契約方法

契約には自発的にインターネットでの申し込み・イベント会場でのキャッチセールスによる契約・イベントや店舗に出向いて契約など契約方法には種類があります。いずれの契約方法でもしっかりと下調べをして申し込みを決めましょう。

売り込み・説明文では法律に反していないかを注視

取扱業者を決める時には、「料金システム」に注意しましょう。料金システムがわかりにくい販売方法は「特定商取引法」で規定に引っかかります。

契約の前には「法廷表示」の記載があるかどうかを確認しましょう。法律や約束をきちんと守れる業者なのか判断の基準になります。

効果を謳う宣伝広告には注意すべき

また、「薬事法・食品衛生法」では、自信をもって取り扱う水であっても、法律に触れる表現を取り入れた宣伝広告をしていないか見極めが必要です。法律を当たり前に守ることが出来る業者なら信頼度も高く安心です。

私たち消費者の知りたい部分でも、法律が絡むと表現に問題が生じる事があります。特に「治ります・効きますという言葉での宣伝や広告」を見つけたらその取引には十分に注意するべきです。

各ウォーターサーバーを契約内容で比較

期間・キャンペーン/プレゼント・契約解除料で各ウォーターサーバーを比較してみます。契約の手掛かりになるようにここに提示していきます。思ったものと違うと感じる事も少なからずあるでしょうし、水道水との大きな違いは「塩素」が入っていないので、劣化など腐敗も早いので、「契約前に使用する量をあらかじめ計算」しておきましょう。

ウォーターサーバーの設置場所や利用頻度は試してみないと解らない部分でもある為、初めから解約を含めて検討が必要と言えます。今回は、キャッシュバックの額の大きい2社を比較してみます。

Frecious(フレシャス)【天然水】

Related