Search

検索したいワードを入力してください

ウォーターサーバーを使うメリット/デメリット|導入にかかる費用

更新日:2020年08月28日

オフィスではもちろん、家庭でも普及が進んでいるウォーターサーバー。今回はそのメリット、デメリットをご紹介します。ウォーターサーバーといっても、提供する会社も種類も様々。水の種類や導入のメリット、デメリットを知ることにより、検討の助けになれば幸いです。

Noimg

普及が進むウォーターサーバー

オフィスではもちろん、ウォーターサーバーは家庭用としても普及が進んできています。

ここではウォーターサーバーを使用するメリットやデメリット、衛生面、導入にかかる費用など経済的な面をご紹介していき、ウォーターサーバーメーカーごとに各社の製品を比較をします。

ウォーターサーバーのメリットは?

メリット1:冷たい水と熱いお湯がすぐ飲める

冷たい水や熱いお湯を常備しておくことは、ウォーターサーバー以外ではほぼ難しいでしょう。例えば、浄水器を使って水を使うとすると、冷たい水を飲むには氷を入れたり冷蔵庫で冷やす等、熱いお湯にする場合はお湯を湧かすという手間がかかります。

ウォーターサーバーはそのデメリットを解消することができます。ウォーターサーバーの水の温度は、冷たいもので4度前後、お湯の温度は約80度以上です。つまり、冷たい水を飲むこともでき、カップラーメンを作ることもできます。

メリット2:ボトルをストックする必要がない

ウォーターサーバーのボトルは定期的に配達してもらうことができます。そのため、ボトルをストックする必要がありません。配達の頻度も選ぶこともできるので、使用量に合わせて水を購入することもできます。買い物をする際、重い水を運ばなくていいのも大きなメリットでしょう。

メリット3:水を飲む習慣ができる

1日に飲むとよい水の量は、体重の4%とされています。つまり、50kgの方で2リットル。水を適量飲むことで、有害物質のデトックスや、基礎代謝が上がる、むくみ解消、肌に透明感が出るなど、様々な利点があります。

ウォーターサーバーのデメリットは?

デメリット1:設置する場所が必要

当然、ウォーターサーバーの給水器を置くために場所は必要です。給水器の大きさはメーカーによって差がありますが、幅は27cm〜32cm、奥行きは31cm〜45cm程。また、床に直接置くタイプもあれば、卓上タイプのものもあります。

床に置くタイプのものは、およそ110cm〜140cmの高さがあり、卓上タイプであればおよそ40cm〜80cm。検討する際は設置するスペースを決めて、ちょうどいいサイズのメーカーを探す必要があります。メーカーによって、ウォーターサーバーを設置するたけでなく、ストックを置くスペースも必要になるため、場所に余裕がない場合は、ウォーターサーバーの設置そのものがデメリットになります。

デメリット2:毎月費用がかかる

ウォーターサーバーには定期的に水を購入するための月額費用と、電気代がかかります。値段は、メーカーによりそれぞれの異なります。しかし、電気代だけでも約330円〜1000以上とかなり差がでるため、導入の際はよく調べる必要があるでしょう。

一ヶ月に水にかかる費用がどのくらいなのか把握して、ウォーターサーバーの値段と比較するのが良いでしょう。もし水道代と比較して、あまりにも費用が高くなる場合、導入はデメリットになる可能性があります。

RO水と天然水の違いとは?

ウォーターサーバーの水は、メーカーによって様々な種類があります。その中でも、水の種類は大きく分けて「RO水」と「天然水」の2つがあります。2つの水の種類のメリットとデメリットをご紹介します。

RO水ってなに?

RO水の”RO”とは、Reverse Osmosis(=逆浸透)を意味します。逆浸透とは、圧力をかけ不純物が取り除かれた水を透過させる方法のこと。RO水とは、この逆浸透が行われ綺麗になった水のことです。RO水は、逆浸透により水の汚れやウイルスだけでなく、ダイオキシンや環境ホルモンの化学物質、農薬や水銀といったあらゆる有害物質を除去します。セシウムなどの放射能レベルの物質も除去できるので、今注目されている安全な水と言われています。

RO水のデメリット

RO水のデメリットは、逆浸透により不純物だけではなくマグネシウムやカルシウムといった成分まで除去してしまうという点、うまみ成分が取り除かれているため、「美味しい水を飲みたい!」という方には、RO水を中心に提供しているウォーターサーバーの導入はデメリットになるでしょう。

天然水とは?

天然水とは、ミネラル分が豊富に含まれている、自然によってろ過された水のことです。天然水には、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターが含まれ、ミネラルウォーターは含まれません。ミネラルが豊富に含まれているため、水の美味しさを味わうことができます。また、天然水には、様々な産地、製造方法のものがあるため、種類により成分や味が異なります。

天然水のデメリット

天然水のデメリットは、採取した地域により基準が異なるという点。種類によっては水道水より基準が低いものもあります。天然水でも、安全な水を使用したい場合は、導入したい天然水がどれほど安全なものか調べる手間がデメリットになるでしょう。

初回公開日:2017年05月29日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related