Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしにインターネット環境は必要?インターネット契約の仕方

更新日:2020年08月28日

一人暮らしを始めたときに気になるのがインターネットをどうするかということです。ここでは一人暮らしにインターネット環境は必要?、インターネット契約の仕方、料金の目安、接続方法、無料でインターネットが使えるケースなどについてお話をいたします。

Noimg

一人暮らしインターネット環境

最近では一人暮らしの場合でもインターネットはガス・水道・電気などと同じく、一人暮らしの生活必需的インフラとして考えられています。スマホが普及したばかりのころは、インターネットの契約率がさがるのではないかという話もありましたが、現在でもインターネットの契約率は横這いですこのことからインターネットが必要だということが理解できます。

一人暮らしでインターネットがいらない場合

仕事でインターネットを家で利用することが多い場合には、一人暮らしでインターネットが欠かせないものといえます。最近ではスマートフォンで完結できるものが多いので、仕事でワードやエクセル程度の利用で済ましている人は、一人暮らしでもインターネットを契約をしなくても生活することはできます。

一人暮らしでのネット代

スマートフォンには、月々のインターネットの使用量が定められているので、それを超えると速度制限がかかります、データ制限がない場合は問題ありませんが、大抵の契約が速度制限がかかります。インターネットを契約をした場合、自宅でWi-Fiが使えるようになり、速度制限がかかるといったことがありません。家電量販店ではインターネット契約をすると家電がかなり安く買えるようなるといったサービスがあります。

一人暮らしインターネット契約の仕方

一人暮らしのプロバイダとは

一人暮らしのインターネットの利用には回線とプロバイダ2つの契約が必要になります。 主流は光ファイバーを使った光回線で、 電話線を用いたADSLの20倍程度の速度のようです。 こういった回線が各基地局から張り巡らされ、それぞれ契約している家庭の近くを通っています。この回線網を利用する時につないでいるのがプロバイダです。ですから両方の契約がないと固定回線の利用はできません。回線がいくら速くてもプロバイダの機能が安定していない場合思ったより速度が出ないということがあります。

現在の契約確認

○ 現在なにも契約していない場合

一人暮らしでも回線とプロバイダ両方契約が必要です。もしくはWiMAXなどのモバイル回線と契約です。速度重視で安定した固定回線を契約したいならば、プロバイダ契約と回線契約が一括になったサービスがあります。

○ プロバイダのみ乗り換える場合

一人暮らしでプロバイダの乗り換えは現在の回線契約で変わってきます。フレッツ光ならば乗り換え可能です、auひかりの場合はプロバイダのみの乗り換えはできません。

○ 回線のみ準備されていてプロバイダ契約が必要な場合

一人暮らしでも回線とプロバイダを一括にできるサービスにできるならば変更したほうがいいようです。しかし、別途プロバイダのみの契約の場合、測定結果を確認したうえで契約してください。

一人暮らしプロバイダ契約をしないでインターネット

一人暮らしで通常インターネットの利用は、回線の契約とプロバイダの契約の2社の契約が必要です。一人暮らしで転勤などの引っ越しが多い場合は、引っ越しの度に回線とプロバイダの変更が必要です。プロバイダをキャンペーンで加入して契約期間の縛りがある場合があります。こういった一人暮らしの場合は回線とプロバイダの契約をしないで、インターネットを使う方法が考えられます。

一人暮らしのWiMAXやモバイルLTEのポケットWifi

一人暮らしでポケットWiFiを使用する場合、販売している通信会社との契約になります、プロバイダの役割もしますので通信費以外に費用が発生しません。また端末の持ち歩きでどこでもインターネットができます、移動の多い一人暮らしに向いています。契約の手続きも時間がかからず、ネットの申し込みを利用する場合、数日内には端末が届きます。しかし種類によっては、通信量によって通信規制がかかります、一人暮らしでヘビーユーザーの場合は検討する必要があります。

営業電話や訪問営業ではなくWEBで

一人暮らしで今入っているプロバイダと比較しても費用が安くなると強引に営業され、とりあえず資料だけでも、ということで、住所・電話番号などを教えたら、後日、契約書が送られてきて契約日が電話のかかってきた日になっていたなんてことが一人暮らしの場合あります。最悪の場合は契約書の内容には不必要な有料サポートまでついていて、現状のプロバイダ料金よりも明らかに高くなってしまうことがあります。人件費のことを考えても、WEBで契約したほうが安くなり安にのは明白です。ですから安全に契約できるWEBで契約してください。

一人暮らしに合ったそれぞれの回線と特徴

○テザリング

一人暮らしなのでウェブサイトを少し見るだけなど、使用量が少ない人には、スマホでテザリングで十分かもしれません。一人暮らしでもテザリングで動画を見たり、大量のダウンロードする場合、すぐに速度制限がかかりスピードダウンします。速度をもとに戻す場合追加でパケット料かかります。

○モバイルルーター

一人暮らしで家でも外でもサイトや動画やハードに使う場合モバイルルーターがです。WiMAXの場合、月間通信量の制限がないので実質使い放題になります。

○光回線を利用する

一人暮らしでほとんど自宅で3日間PCで平均6時間以上、またケータイで24時間以上動画を見る一人暮らしの場合は、利用中のケータイと光セット割が効く光回線がです。

一人暮らしインターネット料金の目安

光回線

最も高速で常時、安定している光ファイバーの回線です。一人暮らしで自宅で頻繁に動画を見たり、オンラインゲームや、大きなデータのダウンロードをする一人暮らしの場合の選択肢になります。これらの回線はフレッツ光、au光などがあります。まドコモ、au、ソフトバンクなどのスマートフォンとセットで使う場合セット割引があります。

最大速度(下り):100Mbps〜2Gbps
月額料金:4,000〜7,000円

初回公開日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related