Search

検索したいワードを入力してください

おしゃれなインテリアのレイアウト術・家具・安く抑える

初回公開日:2018年03月14日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おしゃれなインテリアはどうやってできるのか分からず、家具選びやレイアウトに頭を悩ませている方も多いでしょう。ここではそんなインテリアをおしゃれにするための術や、おしゃれな家具などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれなインテリアのレイアウト術・家具・安く抑える

おしゃれなインテリアのレイアウト術とは?

新しい家に住むとき、部屋の模様替えをするときなど、インテリアのレイアウトを考えるのに、どんな風に家具や雑貨を置いたらおしゃれなお部屋を作れるのかお悩みの方も多いでしょう。

今ある家具はただ適当に置いてしまっていませんか。家具の置き方一つでインテリアの印象は随分変わってきます。置き方によってお部屋を広く見せたり、使いやすさをアップしたり、おしゃれな雰囲気にしたり、色やテイスト選びも重要です。

ここではそんなおしゃれなインテリアのレイアウト術を、お部屋の特徴別にご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

1Kやワンルームも!狭くてもおしゃれな1人暮らし

1人暮らしをしている方のお部屋はワンルームや1Kの間取りが多く、限られた空間の中で生活の全てを行わなければなりません。しかし、生活に必要な家具や好きな雑貨を何でも自由に置いていっては物が溢れてまとまりのないお部屋になってしまいます。

1つの空間の中で寝るスペースと食事スペースをしっかり確保し、狭いお部屋でもおしゃれに快適に暮らすためのレイアウトを考えてみましょう。

ベッドの配置

1人暮らし用のお部屋の広さは10畳以下が一般的です。その場合、ベッドのような大きい家具の配置場所によって少しでもお部屋を広く使うことができます。

一般的にベッドは入口から見て奥のほうに置くことが多いでしょう。その場合、入口と対面の窓もしくは壁に対して縦に置くか、横に置くかという2とおりが考えられます。

お部屋の形が正方形ならどちら向きでも良いでですが、長方形の場合は、上の画像のように長方形の狭い辺のほうにベッドの長い面を合わせる向きで置いたほうが、空間が広く使えます。見た目にも広く感じさせることができます。

ベッドなどの家具類は低めを選ぶ

狭いお部屋でも快適に過ごすためには、ミニマルな家具を選びましょう。ベッドは、ローベッドなら圧迫感がなくです。

ベッドサイズは、6畳程度のお部屋だとシングルベッドでも部屋の3分の1以上をベッドが占めてしまいます。そこに食事スペースを作って、さらにクローゼットなどが狭く収納家具も置きたいとなるとどうしても狭くなってしまうので、小柄の方ならセミシングルサイズやロフトベッドを活用するという手もあります。

お部屋の広さが8畳~10畳くらいあると、セミダブルベッドを置いても小さめのソファが置けるくらいのスペースが残ります。ソファは必要ないからゆったり寝たいという方はダブルベッドでも良いでしょう。また、ソファを置く際は、ベッドに対してコの字になるように配置すると中央のスペースが広く空くのでです。

食事スペースのインテリアとレイアウト

食事をとるための場所は、ソファとローテーブルを置くか、コンパクトなカフェテーブルと椅子を置きましょう。両方置くのは詰め込みすぎになるので、よっぽど広いお部屋でなければしません。

ベッドに対してコの字になるように置き、向かいの壁にテレビを置くと良いでしょう。

1人でゆったり暮らせる1DK

1DKの広さになると、1Kと違いダイニングがあるので寝室と食事スペースを分けることができ1人でゆったり過ごせる間取りになります。

ダイニングの広さは狭いところだと4畳くらいから、広くても6畳くらいです。8畳以上の広さになると1LDKとしているところがほとんどです。4畳だとすると、2人用のダイニングテーブルを置くのが精一杯といった広さになります。

ダイニングキッチンのレイアウト

家に帰ってくると真っ先にたどり着く場所、ゲストが来たときにまず目にする場所がダイニングキッチンです。この場所のレイアウトによって、家全体の印象も大きく変わってきます。

まずDKのサイズを良く把握しておきましょう。そしてそこに収まる家具のサイズを知る事が大事です。あまり料理をしない方や、友人を家に呼ぶこともしない、という方であれば、場所を取る大きなダイニングテーブルは必要ありません。

逆に家で仕事や趣味、料理など、テーブルをメインとした生活をしたい方には、他の家具を省いて好みのテーブルを置くことを最優先させると良いでしょう。どんなライフスタイルか見直すことで、どんな家具が必要なのか自然と見えてくるでしょう。

狭くても置けるカウンターテーブル

1DKは個室がひと部屋と、ダイニングキッチンの間取りですが、このDKの部分がとても小さく、1Kとほとんど変わらないようなサイズの場合はダイニングテーブルを置く事すら窮屈になります。

そんなときはキッチンの向かいに細長いカウンターテーブルを置いてみましょう。食事スペースと調理スペースとしても使え、狭いダイニングも有効に使えます。

折り畳みテーブル&チェアを使う

一人用のガーデンテーブルや、キャンプ用のアウトドアグッズなどは室内でも使えて折り畳めるので、使わない時は部屋の隅に片付ける事ができます。ぜひ活用してみてください。

カップルや新婚さん向けの2LDK

2LDKは個室が2つと、リビング・ダイニングキッチンがある間取りです。

新婚さんやカップルなどが住むことが多い間取りですが、一部屋は寝室、もう一部屋は書斎や趣味の部屋、もしくはカップルや友達同士なら一部屋ずつ各自の部屋にするといった使い方もできます。

特に重視したいのはリビングです。リビングでは食事をとったり、テレビを見てくつろいだりと、長い時間2人で一緒に過ごす場所なので、心地良い空間作りが大切です。

居心地の良いリビングにするためのインテリア

Related