Search

検索したいワードを入力してください

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

更新日:2020年08月28日

部屋のイメージチェンジに効果的なのはカーテンを変えることです。窓は大きい面積を占めるためインテリアの印象を決める重要なポイントになります。変えたくても選び方がわからずになんとなく選んでいませんか。いろいろな視点から、自分に合ったカーテンの選び方をご紹介します。

カーテンの選び方|色柄別/サイズ別/機能で選ぶポイント

色・柄でカーテンを選ぶ方法

部屋のイメージチェンジに効果的なのはカーテンを変えることです。窓は大きい面積を占めるためインテリアの印象を決める重要なポイントになります。変えたくても選び方がわからずになんとなく選んでいませんか。いろいろな視点から、自分に合ったカーテンの選び方をご紹介します。

床の色に合わせた選び方

部屋の中で、1番面積が大きいのは床です。そのため、床の色に合わせたカーテンの選び方が基本になります。じゅうたんやラグを敷いている場合は、その色やテイストに合わせるとお部屋になじむでしょう。

ダークブラウンの床

選び方の注意点は、同じ面積でも重く狭く感じることです。ダークグレーやネイビーなどの重い色を合わせると圧迫感が出ます。薄い色や明るい色を合わせて、開放感を出すのがです。

もう1つは、あえてカラフルな色を合わせてメリハリを出す方法です。海外では、カラフルなソファや雑貨とカーテンの色をリンクさせた例を良く見かけます。雑貨など、少量で入れてカラフルなカーテンと合わせるなら取り入れやすいでしょう。

ライトブラウンの床

選び方としては、明るい色やナチュラルなもの、植物など自然をイメージした柄を合わせるのが良いでしょう。薄い色の床に、薄い色のカーテンだと寂しい印象になってしまいます。家具や雑貨などで、アクセントカラーを加えてメリハリを出していきます。

鮮やかな色やくすんだ色も、相性が良い色です。派手過ぎないよう、抑え目にするとなじみやすいでしょう。重い色の時は、家具やクッション、アートのフレームにもリンクして入れるとバランスが取れます。

無彩色の床

茶系の床よりも、色味がないためカーテンの色が引き立ちます。選び方としては、パステルカラーや鮮やかな色、くすんだ色、ダークトーンが映えます。モダンなイメージですが、合わせる家具や壁紙のデザインで印象を変えることができます。カジュアルやエレガント、フレンチアンティーク、クラシック、和モダンなども相性が良いです。

寒色系は、寒々しい印象になるためベージュや茶色など温かみのある色を加えましょう。

壁の色に合わせた選び方

壁の色に合わせた選び方:馴染ませる

選び方としては、壁の色と同系色のカーテンにするとつながって部屋が広く見えます。真っ白は窓の周りが浮いて見えるので避けましょう。オフホワイト・ベージュ・淡いグレーが良いです。

物足りない印象になる時は、下にボーダーを入れたボトムボーダーカーテンがです。ボーダーが、アクセントカラーとなり引き締め効果があります。他には、ベーシックカラーにグラデーションが入ったものも合います。

壁の色に合わせた選び方:アクセント

あえて、強調させてインテリアのアクセントにする方法もあります。目立つような色や柄を選ばず、部屋のインテリアとの調和を目指します。

方法としては、アクセントカラーをカーテンにもリンクさせます。壁紙や家具、クッション、ラグなどの色です。柄のカーテンの場合でも、このアクセントカラーを使った柄を選ぶとまとまりやすいでしょう。

注意としては、部屋とカーテンのコントラストをつけ過ぎないということです。パステルカラーの優しい部屋に、原色のカーテンを合わせてもチグハグで調和しません。トーンに気を付けて、雰囲気を引き立てるような色選びが大切です。

壁の色に合わせた選び方:インテリアの雰囲気

選び方としては、まず部屋のイメージを決めることです。お気に入りのものがあれば、カーテンの色や柄を選んでから部屋のイメージを考えても構いません。

カーテン屋やインテリアコーディネーターなどに、イメージを伝える場合は注意が必要です。イメージ写真を、雑誌などから集めてスクラップブックにすると、細かいニュアンスを伝えられて失敗も少ないでしょう。

サイズでカーテンを選ぶ方法

初回公開日:2017年11月07日

記載されている内容は2017年11月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related