Search

検索したいワードを入力してください

ワインセラー・口コミ・特徴別紹介・選び方

更新日:2020年08月28日

ワインセラー購入を検討の皆様に、向けたワインセラーをまとめた記事。ワインセラーの特徴や機能、ブランド別に写真を交えてわかりやすく紹介しています。コンパクトでリーズナブルなワインセラーをたくさん紹介していますので参考にどうぞ。

ワインセラー・口コミ・特徴別紹介・選び方

ご自宅でのワインの保存どうしてますか?

最近ではお家でワインを楽しむ方も多いのではないでしょうか。コンビニやスーパーなどでも美味しいワインが揃えられてるところが増えています。その日に飲みきってしまうのなら問題ありません。しかし、美味しそうなワインをたくさん見つけてまとめ買いした時、また高級そうなワインを頂いた時、お祝いの日など特定の日に開けたいワインなどの保存はどうしていますか?「寝かせて常温保存」「冷蔵庫に立てて保存」「調味料類と同じ日の当たらないところに保存」など、なんとなく聞いたことがある保存方法で、色々工夫なされているのではないでしょうか?

ワインの保存にはやっぱりワインセラーでの保存が一番です。というのもワインは劣化しやすく、保存環境に敏感な飲み物です。「自宅にワインセラー買うほどでもない」「高そうだし、置き場所に困る」なんて思う方も多いかもしれません。

今回はご自宅においても違和感のないワインセラーや、コンパクトでリーズナブルなお手頃なワインセラーを中心に紹介していきます。

ワインセラーの選び方

ワインセラーを選ぶ際に重要なのが使用用途に合わせたワインセラーを購入することです。収納したいワインのタイプや保存期間を想定して検討することをします。多くの方がワインの保存に重要なのは、温度管理だったり、寝かせて保存することなど、なんとなくご存知だと思いますが、さらに詳しく理解しておくと、ご自分にあったワインセラーを見つけやすくなります。

ワインセラー特有の機能

収納したいワインのタイプでは、例えばスパークリングワイン、白ワイン、赤ワインなどがあり、それぞれ味わう際には適正温度が違うことはご存知でしょうか。常温保存しておいたものを、ワインクーラーや氷水で冷やして、最適な温度になるまで待ってから飲むこともできますが、セラーから出してすぐ適切な温度でワインが飲めると、とても便利です。

一般的なワインセラーでは、庫内温度を一目でわかりやすく設定できることが標準機能であり、さらに庫内の上下で温度を変えることができるワインセラーも販売されています。この場合、種類別のワインを一つのワインセラーで管理することができます。

また保存期間とは、一時的な保存で良いのか、それともワインを熟成をさせたいのか、で選ぶワインセラーの種類が変わってきます。この短期保存と長期保存はワインセラーを選ぶ上でとても大切なので、より詳しくみていきましょう。

デイリーワインなどを保存する短期保存型

普段の食事に合わせて楽しむデイリーワイン用のワインセラーなら、カジュアルワインセラーで十分保存が可能です。カジュアルワインセラーとは最低限の温度管理機能がついている、リーズナブルなワインセラーです。

短期保存の場合、熱劣化を防ぐため、また美味しく飲むため適温に冷やすことが目的なので、「加湿機能、湿度調整機能」はいりません。加湿機能はコルクの劣化を防ぐのに必要な機能ですが、一時的な保管であれば、簡単にコルクが劣化することは考えにくいからです。最近のデイリーワインは人工コルクやスクリューキャップも多く、コルク劣化について心配することはありません。

収納したい本数にもよりますが、値段も1万円〜5万円程度で購入が可能ですので、まずはこちらから試して行くことをします。数日〜数ヶ月単位での保存であれば問題ないでしょう。思っていたよりも意外とお手頃価格ではありませんか?ご自宅の空いたスペースに置ける大きさや、インテリアに似合うデザインを重視したワインセラーなど様々なタイプが販売されているので、お好みのデザイン重視で購入するのがです。

大切なワインの保存やワインの熟成を目的とした長期保存型


ワインセラーに長期保存し、またワインの熟成にトライしたいのであれば、湿度管理できるワインセラーを選びましょう。長期熟成の場合には冷蔵庫保管や常温保存などではなく、ワインセラーの購入は必須です。また、購入後の保証が充実しているワインセラーを選ぶことも大切です。多くのワインセラーで保証がついていますが、購入の際にきちんと確認することをします。

ワインの熟成には本場ヨーロッパの地下貯蔵庫のようなひんやりとした一定の気温と湿度に保つことが重要と言われています。年間を通した日本の季節には温度差や湿度さが大きく、ワインの熟成に好ましい条件を一定に保つことは不可能です。そのため、温度や湿度も一定に保てる機能を備えたワインセラーがです。

また短期保存型と違い、乾燥した環境だとコルクの劣化も考えられ、縮んで隙間ができ、液体が生えてしまったりカビが生えてしまうこともありますので、長期保存型のワインセラーを選ぶ際は湿度管理機能があるものを選びましょう。また、コンプレッサー式という強い冷却機能を持つワインセラーを選ぶのもです。

ワイン上級者向けになりますが、10年以上にわたって高級ワインを熟成させていく場合は、なによりメーカーの信頼性が重要となってきます。保存するワインも数万円するものも保存していくようになるかもしれませんので、万が一故障した時に泣かないように、保証が充実していて信頼できるメーカーを選ぶことをします。

!売れ筋ワインセラーの3

ワインセラーの選ぶポイントがわかったところで、どんなワインセラーががあるのか、Amazon売れ筋をまとめました。No.3から順に特徴や口コミも合わせてご覧ください。

ワインセラー・売れ筋No.3

● FURNIEL/ファニエル 長期熟成型ワインセラー(12本収納/最大20本・ピュアブラック)

ブラックのシンプルなデザインが印象的なワインセラー。ワインのラベルを見せた保存も可能です。機能もシンプルで、電源を入れ、お好みの庫内温度に設定すればOKです。最大で20本保存も可能なので、今後増えるかもしれない方にはです。どんなお部屋にもマッチする売れ筋No.3のワインセラーです。

欲しかったワインセラー。ワインを熟成させることが出来るこのワインセラー。音も静かで、リビングに置いても違和感がなくインテリアとしても見栄えがすると思います。LEDライトもタッチセンサーで点灯することが出来、部屋が暗くてもリビングに浮かび上がるようです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2WLLDOD822V... | https://www.amazon.co.jp/FURNIEL-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83...

ワインセラー・売れ筋No.2

● BESTEK ワインセラー 12本収納 横置きも縦置きも両方とも使用可能 ペルチェ静音式

騒音を抑えるベルチェ方式を採用、細身の設計で置く場所を選ばないワインセラーです。ベルチェ方式とは小型ワインセラー、短期保存用のワインセラーに多い設計ですが、音が静かなのが特徴です。縦置き可能なので、お気に入りのワインのエチケットを見せた収納をすると、お部屋のインテリアもワンランクアップします。売れ筋No.2のワインセラーです。

温度調整もしっかりしていて12本保管でき見た目も私好みで良かった。
温度も一目でで分かるのでとてもありがたい。
念のため中に温度計を入れていますがくるいはないです。
いい買い物でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3GGN37FUNTZ... | https://www.amazon.co.jp/BESTEK-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%...

初回公開日:2017年08月25日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related