Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしの際にアイロンは必要?(男性・女性)|アイロン

更新日:2020年08月28日

一人暮らしを始めるとき、アイロンは必要なの?と迷う方は多いと思います。しわしわなシャツで外出するのは嫌だけど…一人暮らしの部屋にアイロンとアイロン台を揃えるのも…なんて方いらっしゃいますよね?そこで今回は、一人暮らしのアイロン事情についてご紹介します!

一人暮らしの際にアイロンは必要?(男性・女性)|アイロン

このアイテムは、一人暮らしをしていたら持っていない方が多いかと思います。しかし、値段が非常に安く、使い方が簡単なのでこれを機に是非、自宅に1本準備してみてはいかがでしょうか。

ドライヤーを使う

こちらは、一人暮らしでも多くの人が持っているドライヤーを使った方法です。使い方は、ハンガーに洋服をかけ、霧吹きなどでしわのある部分を湿らせます。そして、しわ伸ばしをしてからドライヤーで乾かしていきます。最後に、冷風を当てるとしわが戻りにくくなります。

手順としてはそんなに時間もかからないので、頑固なしわでなければこの方法で対処することが可能でしょう。

一人暮らしは、アイロンとクリーニングどちらが良い?

一人暮らしをしていて、アイロンを掛ける機会がたまにしかない、衣類をピシッと完璧な状態にしたいという方にはアイロンよりもクリーニングをお勧めします。アイロンの使用機会が少ないにもかかわらず、アイロンを持っていると、一人暮らしの部屋が更に狭くなってしまいます。

また、クリーニングをした衣類は、プロの仕上がりであるため、大切な行事等に着用する際は、アイロンよりもクリーニングの方が良いと考えられます。一人暮らしをしている自分の生活にアイロンの需要はあるのか、よく考えてみましょう。

最近のクリーニング

従来のクリーニングは、料金が高い、時間がかかる、近くに店舗がないなどのマイナス面を感じる人の方が圧倒的に多く、クリーニングに衣類を出す手間を惜しむ声が良く聞かれました。しかし、近年、このマイナス面を解決してくれる宅配クリーニングがになっており、一人暮らしの方にも便利なツールになっています。

ここでは、そんな最近話題となっている『宅配クリーニング』についてご紹介します。

宅配クリーニングとは

宅配クリーニングとは、次のような特徴があります。①クリーニングを自宅で受注、受け取りをすることができる。②24時間受注することができる(できない店舗あり)、③保管サービスがあり、一定期間預かってもらえる。

以上3点を踏まえて考えると、一人暮らしで忙しい方やクリーニング品が多い方にピッタリだということが分かります。

Lenet

それでは、宅配サービスの中でも、会員数が20万人越えのリネットをご紹介します。リネットは、3つの優れた特徴があります。まず、1つ目は、服が新品の様によみがえる点です。こちらの会社では、繊維をよみがえらせるためにリネット独自の仕上げが行われています。

①ドライ全品、リファイン加工で、着用とともに失われたコーディングを復活させる。②水洗い全品、柔らか加工で、柔軟剤を使ったようになめらかでコシのある仕上がりに。③毛玉取りと毛どりを無料で一定時間丁寧に作業をする。最後には、仕上がりのダブルチェックを行い、衣類の質を守っています。

2つ目は、便利な宅配システムです。家から出せて家から受け取れるのはもちろんですが、24時まで届けてもらうことが出来ます。そのため、受け取る人が自分しかいない、一人暮らしの人には非常に便利です。

また、コンビニからもクリーニング品を出すことも出来ます。その上、段ボールは無料提供であり、しわにならないハンガー便(渋谷都内23区限定)などのサービスもあるため、かなり便利な宅配システムになっています。

3つ目は、価格の安さです。ワイシャツ1枚の東京平均価格は233円ですが、リネットは195円で提供しています。ジャケット750円、セーター440円とどれも安価に提供しています。このように、リネットは、便利で安価なサービスを提供しているため、一人暮らしをしている方や、忙しいビジネスマンにピッタリなサービスになっています。

一人暮らしはアイロンを買うか買わないか自分次第!

今回は『一人暮らし×アイロン』をテーマにご紹介してきましたが、いかがでしょうか。一人暮らしにアイロンがあるに越したことはありませんが、アイロンなしでも同様な効果が期待できる方法があり、お金を掛ければ、クリーニングなど便利な方法があることをお分かりいただけたと思います。

一人暮らしでアイロンを買うか買わないかはその人の考え方次第だと思います。自分のライフスタイルに合った方法を選択し、シワのないシャツで外出しましょう!

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related