Search

検索したいワードを入力してください

ソーラーパネルの寿命・単結晶と多結晶の寿命の違い|廃棄

更新日:2020年08月28日

最近は住宅街の中にもソーラーパネルが設置されるように変わって来ています。良い商品たと言う事は知られていますがソーラーパネルの寿命などの発表はされていないのでデメリットを知らない人も多いでしょう。メリットデメリットを知った上でソーラーパネルを利用しましょう。

ソーラーパネルの寿命・単結晶と多結晶の寿命の違い|廃棄

ソーラーパネルの寿命

太陽光発電はソーラーパネルの寿命は、メーカーとパネルの種類やメンテナンスをすることで大きな差が生まれます。地球の環境に優しい太陽光から発電する生活が本当にお得になるために、必要なことをいっぱい学んでいきましょう。

ソーラーパネルの構造は太陽電池を幾つもつなげた状態の物です。太陽電池の一番小さい単位は「セル」と呼ばれています。セルを板状に幾つもつなげた状態の物を「モジュール」と呼ばれていて「パネル」とも言われています。

最近では、一般家庭の屋根にソーラーパネルを設置することが増え、自宅で発電して余った電気を買い取って貰う事で利益を出そうと考える人が増えて来ています。

今の日本では、太陽光発電システムの法定耐用年数が17年と定められている状態です。太陽光発電システムで作られた電力の買取価格が「固定価格買取制度」で家庭用10年業務用の設備では20年間という長期間の保証が決められています。

どこのメーカーを選ぶと徳か

ソーラーパネルを長く愛用するには4年に1度のメンテナンスは必要でしょう。ソーラーパネルのメンテナンス費用と修理費用をよく考えてコスパを上げるためには、ソーラーパネルを購入する時にソーラーパネルの耐用年数と保証をしっかりと確認して選ぶことが重要です。

ソーラーパネルは、メーカーによってメンテナンス代を無償にしていたり、故障が多いパワコンの修理だけ10年以上保証してくれたりする場合もあります。この保証があるか無いかでは、ソーラーパネルの寿命が来るまでを長期的に計算をすると大きな金額になることが予想できます。

今のソーラーパネルの寿命は実際には20年~30年だと報告されています。

シャープ

シャープはソーラーパネルの開発の歴史が50年を超えています。海外からもシャープのソーラーパネルの評価が高くのあるメーカーです。

ソーラーパネルでは国内と言われています。長く生産開発に携わって来たからこそ信頼性の高さが他のメーカーとの差があるのでしょう。またパワーコンディショナーが高性能で保守点検などシャープの太陽光発電設備は10年15年無料保証サポートシステムが充実しています。

ソーラーパネルの寿命の発表はされていませんが17年以上は寿命があると言われていますがソーラーパネルの設置のサポートが充実しているので寿命が延びるように手助けしてくれます。

京セラ

京セラから出ている太陽光発電設備は出力保証20年間と機器の故障に対する保証10年間に自然災害で損傷に対する保証を10年間と3種類の保証をセットにした標準保証を無料で行っています。

機器保証と自然災害保証を10年から15年に延長したプラン「トリプル保証」は有償で提供していていろんなトラブルと災害から大切なソーラーパネル設備を守るために充実した保証内容が魅力として売り出しています。

京セラもソーラーパネルの寿命は発表されていませんが、安定した設備のメンテナンスでソーラーパネルの寿命を延ばすために努力をしている会社です。

パナソニック

パナソニックは世界的な技術力の高さを持ちソーラーパネル開発に力を入れて行っています。ヘテロ接合のソーラーパネルを開発している実績があり、高い変換効率が群を抜いています。

そして劣化しにくい自信を持つソーラーパネルでもあり長い期間を発電効率が落ちないまま使い続けられると売りにしています。「桑野太陽発電所」を作った三洋電機の努力を汲むメーカーとしても有名です。

ソーラーパネルの寿命に関しての発表は出していませんが元三洋電機社長の桑野幸徳氏の自宅に設置された太陽光発電では20年間もの長い間ソーラーパネルとパワーコンディショナーが一度も故障していないと発表しています。寿命の長さを感じられます。

東芝

東芝がソーラーパネル業界に参入したのは他のメーカーよりもだいぶ遅く2010年からです。でも技術力では高い変換効率を実現することに成功しています。

ソーラーパネルのデザインがスマートだと高い評価を受けています。そして家中のどこにでも発電システムをチェックすることのできる専用モニタを設置することのできる所もを集めている特徴です。

ソーラーパネル設備の無料の10年保証の他に15年20年の長期保証プランも用意しているところも安心の材料になります。ソーラーパネルの寿命に関することの発表はまだありません。これから寿命の長持ちに対しても新しい発見をしてくれると期待できるメーカーです。

単結晶と多結晶のソーラーパネルの寿命の違い

発電効率が良いソーラーパネルは単結晶シリコンですが多結晶シリコンより導入コストが少し高くなり、劣化する速度は単結晶シリコンの方が早いです。5年でいうと意外なことに多結晶シリコンよりも1%近弱劣化が早いです。

低コストな事から導入が楽な多結晶ソーラーパネルは劣化する速度は5年で2.3~2.8%劣化が始まります。多結晶シリコンは5年で3%ほど発電効率の低下がデータとして出ています。

ソーラーパネルの寿命がきたら廃棄するのか

ソーラーパネルとは電極とシリコンを何層にもして強固に接着して作ります。

ちなみに住宅用太陽光発電を撤去する時の費用は約15万円で内訳は「撤去10万円と運搬廃棄5万円」がかかると予想されています。

リサイクル

ソーラーパネルは分解してリサイクルに回すことが難しく20~30年の寿命を迎えた後は産業廃棄物の処分場に埋め立てられます。ソーラーパネルの寿命で心配なのは廃棄量の多さでしょう。

2040年の廃棄量は約80万トンと2015年の約300倍超になると予想されています。この数字は1年間で全国の処分場に埋め立てられた量の約8%に当たると計算されてます。

ソーラーパネルの蓄電池の寿命

まず蓄電池の容量はソーラーパネルが作った電気を貯めておける量を指し通常はkWhで表します。製品によって容量の大きさには種類がありますが、家庭用は1kWh~10kWhの容量が一般的です。

そしてソーラーパネルにも寿命があるのと同じで蓄電池も寿命があります。充放電を繰り返し行っていくと少しずつですが電気を貯める容量が減っていきます。

充放電の回数の考え方は充放電で1回1サイクルと示しサイクル数が5000回、8000回などで表示され蓄電池の製品に示されている回数はあくまでも目安でありサイクル数に到達したときに蓄電池の種類に差がありますが性能が急激に低下する場合があります。

腕時計のソーラーパネルの寿命

初回公開日:2018年01月17日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related