Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしとメーカーの紹介|家電セット/冷蔵庫

更新日:2020年08月28日

一人暮らしをする場合は、進学・仕事先の移動や単身赴任・自立など様々な理由があります。そんな時に悩んでしまうのが家電製品です。家電は家には必ず必要なものです。しかし、いざ選ぶとなると悩んでしまうものです。今回は、一人暮らしに家電を紹介します。

一人暮らしとメーカーの紹介|家電セット/冷蔵庫

家庭で使っている家電はどれくらい?

私たちは家でどのくらいの家電を使っているのでしょうか。現在では家電は家には必ずあり、家電がないと生活が回らないといっても過言ではありません。では、どのくらいの家電が家にあるのかザッと書き出してみましょう。(基本的な家電です)

大型家電だと、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなどがあります。基本的には、この大型の家電はたいていの家にあります。キッチンにある小型家電になると炊飯器・電子レンジ・オーブントースター、そして、他にもドライヤーやパソコン・掃除機など、その家の状況によって変わってきます。照明器具などを入れるとかなりの数になってくるでしょう。

これだけの家電が家にあるのですから、家電のない生活をおくるのは現代では考えられないことでしょう。

一人暮らしをする時に必要な家電は?

「初めての一人暮らし!」と喜んでいる人もいれば「一人で大丈夫かな?」と不安を抱いている人、様々な人がいます。しかしその気持ちとは関係なく一人で暮らす時間はきてしまいます。新しい新居での生活用品や生活家電は準備できていますか。

生活用品はある程度揃えておいて、新しい生活をする上で新たに揃えていくのをします。しかし家電となると金額も高いので一人暮らしを始める前に準備をしておく必要があります。

一人暮らしに必要な家電を紹介

上記でも紹介しましたが、生活していくには家電の力が必要です。それは大家族だろうが一人暮らしだろうが関係はありません。ただ一人暮らしの場合は、最低限の家電をまずは揃えてから生活をスタートさせるのをします。

そこで、一人暮らしには必ず必要となってくる家電が2つあります。それが「冷蔵庫・電子レンジ」になります。冷蔵庫は飲み物を冷やしたり、冷蔵食品や冷凍食品を保存する役割をしてくれる大切な家電になるので、必ず必要になってきます。

又、電子レンジは一人暮らしには必須家電といえます。一人暮らしを始めたばかりの日は、自炊する人は少なく弁当や冷凍食品で済ませる人が多いです。そのため、温めてくれる電子レンジは、一人暮らしには必要な家電になります。冷蔵庫と電子レンジは、引っ越し前に購入するのをします。

生活スタイルで必要か否か決める

洗濯機や炊飯器・掃除機はその人の生活スタイルで決めるようにしましょう。自炊をしない人は、炊飯器は必要がありませんし、コインランドリーが近所にある場合は洗濯機も様子を見ながら購入すればいいです。ただ、問題は洗濯機の場合は金額が高額になるため、できれば入居前に購入することをします。

又、掃除機も家の床がすべてフローリングの場合は、掃除機より拭き掃除もできるモップや使い捨てのフローリング用のシートを利用すればよいので、必ず必要な家電とはなりません。

あれば嬉しい家電リスト

家電はあればあるだけ生活が豊かになってきます。「テレビ・エアコン・オーディオ・パソコン・ドライヤー・トースター」などは、親に一人暮らしする時に買ってもらえたり、実家で余っている場合は、一人暮らしをする時に持っていくようにすると家計も助かるのでです。

家電の予算・費用はどのくらい必要?

一人暮らしをする時には家電を購入しなくてはいけないのですが、必要な家電は高額です。テレビやエアコン・コンロなどは元から部屋に備え付けになっている物件を探すと必要がありませんが、一人暮らしに必要な冷蔵庫や電子レンジなどは備えつけられているケースは少ないので、購入しなければいけません。そのため必要な家電の費用がどのくらいかかるか予算をたてておくようにしましょう。

各家電の費用目安

一人暮らしの必要最低限の費用の目安を紹介しますので、参考にしてください。

【冷蔵庫】冷蔵庫の価格は一人暮らしタイプなら2万8千円~になります。

【電子レンジ】電子レンジも温めるだけのタイプなら1万5千円~で購入できます。冷蔵庫の高さが高くない場合は、冷蔵庫の上に電子レンジを置くようにするとスペースが余るのでです。

【洗濯機】洗濯機は最近では乾燥機付きの洗濯機がメインになっています。又、一人暮らしの人は洗濯物を干すという工程をする人が少ないので、金額は高くなりますが乾燥機付きの洗濯機がです。価格は、15万円~になります。

一人暮らしに冷蔵庫ってどんな大きさ?

自炊しない人

冷蔵庫は自炊する人と自炊しない人で大きさが変わってきます。自炊しない人の場合は、飲み物やちょっとした冷蔵品を収納できればよいのならホテルなどで常備されている50L~100Lで構わないのですが、は120L前後の大きさの冷蔵庫です。

自炊しない人にとっては大きく感じてしまう場合もありますが、夏場は室内で保存しておくと腐ってしまう食品もあるため冷蔵庫保存をする人が増えます。又アイスなどの冷凍食品などの品数も増えるので少し大きいサイズがです。

それに、最初は自炊をしない予定でも暮らしているうちに自炊をするようになる人も多いので、それらのことを考えると120L前後が丁度良い大きさだといえます。

自炊する人

最初から自炊する予定の人も週に何回自炊するかによって大きさは変わりますが、150L前後~200L前後の大きさがになります。

食材を冷凍させるのが多い場合は冷凍室を大きく、野菜を多く収納したい人は野菜室の大きなサイズの冷蔵庫にするというように決めると冷蔵庫も決めやすくなります。

一人暮らしには家電セットが

春などの進学や転勤などで一人暮らしが増えるときは、色んな家電量販店から「家電セット」というものが販売されます。そのセット内容もAプラン・Bプランと家電が初めから決まっていなくて自分で選ぶことができるようになっている家電量販店が増えてきています。

又価格も個々で家電を購入するよりも安くなっているので、一人暮らしが決まった時は各家電量販に行ってさがしてみるのをします。

初回公開日:2017年10月05日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related