Search

検索したいワードを入力してください

参考にしたい作業部屋のインテリア10選|作業部屋の作り方

更新日:2020年08月20日

「こんな使い方があったんだ」「こうして使えばいいんだ」など、リビングや押し入れ収納を使った作業部屋の作り方やアイデアをご紹介しています。部屋はただの空き箱です。用途や視点を変えるだけで使い方は無限大です。コツやポイントを掴んで素敵なお部屋を作りましょう。

Noimg

賃貸でもできる作業部屋の作り方

納得して部屋を決めたのに、いざ住んでみると収納が少ない、使い勝手が悪いなど不満があるという方も多いでしょう。また、賃貸は勝手に手を加えることが禁止されているため、解決策にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ほんの少し視点を変えるだけで、賃貸でもリフォームなしで作業部屋は作れます。今よりもっと効率よく、快適なお部屋を作って、趣味やプライベートも充実させましょう。

1:作り付け家具を間仕切りに使う

どんな部屋でも、新たな空間を簡単に作ることができるのが、突っ張り式の間仕切りです。突っ張り式は奥行きがないため、部屋の広さを選びません。

また、目隠し代わりになるので、リビングでも圧迫感なくインテリアの一部とし使用でき、収納機能も優れているので作業部屋の収納としても利用できます。

突っ張り式の間仕切りは、天井と床があれば何処でも取り付けることができるので、自分の好きな位置、場所で仕切ることができます。

2:隙間スペースを利用する

家具を配置した後、微妙に隙間やスペースが余っている、もしくは収まりきれずはみ出していることはないでしょうか。

個室をまるまる作業部屋にすることができない場合は、あえて隙間ができるように家具を配置しましょう。

例えば本棚を横に配置し、棚ひとつ分を空っぽにします。空っぽになった棚に天板を垂直に敷き、反対側をカラーボックスなどで支えれば、作業台が完成します。Hの形を作ることで新たな空間を作ることができます。

3:広々リビングを多機能スペースに利用する

特に小さいお子様がいるご家庭は、リビングの一部を作業部屋にしましょう。リビングならお昼寝中でも子供の様子を見ながら作業することができます。別の部屋にすると、寝ている間や幼稚園に行っている間など、作業時間も拘束され効率も下がりやすくなります。

リビングはキッチンと繋がっているように動線を考慮しておくのもポイントです。作業部屋は、家族構成や生活スタイルに合わせて作りましょう。

4:キッチン周辺を有効に使う

キッチンは火を使うので敬遠されがちですが、独立キッチンであれば代用は可能です。食器棚やキッチンラックでコンロ周りを仕切り、残りのスペースを作業部屋として使用する方法です。食卓テーブルは奥行きの狭いカウンターテーブルにすると空間をより有効に使用できます。

対面型キッチンの場合は、スペースが限られているので、作業部屋を設けるのは少し難しいですが、作業台や収納スペースは作ることができます。

5:もとからある収納スペースを利用する

備え付けの押し入れや納戸には、布団や衣類を収納しなければいけないといった決まりはありません。収納スペースは多目的に使用することができる場所です。広さが畳み一畳でもあれば、立派な作業部屋を作ることができます。

例えば、トイレです。トイレは畳み一畳分ほどの個室です。中には0.75畳のトイレもありますが、座って使用することができます。デスクワークなどができ、ちょっとした書斎が欲しい方にです。

参考にしたい作業部屋のインテリア10選

作業部屋といっても、裁縫や木工、アクセサリー作成など、何を作業する場所かによって部屋の雰囲気は変わります。縫製であればミシンやアイロン台、木工なら工具や機材などを置く必要があります。

このような場合は「スッキリとオシャレにしたい」など見た目にこだわったインテリアにすると、使いにくく作業の効率が悪くなることがあります。隠しようがない大きめの道具やよく使う物こそ、見せるインテリアを参考にしましょう。

1:ウォールシェルフを生かしたインテリア

壁面を有効に活用し、収納やインテリアの一部としても使えるのがウォールシェルフです。ウォールシェルフは、壁さえあれば何処でも簡単に取り付けることができる棚のことです。形や色、素材、デザインはさまざまで、幅10センチ~30センチと作りが小さいのが特徴です。

好きな場所に、好きなだけ取り付けできるなど、アレンジが利くので、作業部屋だけでなくリビングや玄関などのインテリアにもです。

2:壁一面を利用したインテリア

壁面には、ウォールシェルフだけでなく、有孔ボードを置いたり、ラックを利用して収納ボックスを陳列したり、大胆に壁紙を張り替えるなど、さまざまな形でお部屋の雰囲気を変えることができます。

最近は、張って剥がせるタイプの壁紙などが販売されています。賃貸でも気兼ねなく使用でき、退去時の心配もいりません。

作業部屋は自分のアトリエとなる場所です。好きな物に囲まれてモチベーションも効率もアップしましょう。

3:机の下に有効スペースを作るインテリア

作業部屋には作業できるスペース以外に収納が必要です。収納ボックスやラックなど市販の家具を活用するのもよいですが、DIYもです。

DIYはジャストサイズの収納を作ることができるので、余っているスペースを有効に利用することができます。最近は、初心者でも簡単に作れる100円グッズを使用したDIYもです。

手間暇掛けて作る作業部屋は、理想に近づくだけでなく愛着も沸いてくるので、作業もはかどります。

4:家具にこだわるインテリア

自分だけの作業部屋だけにこだわりたい気持ちも強く、デザインに一目惚れしてサイズが合わないけど購入したという方もいるのではないでしょうか。

家具選びのポイントはサイズです。サイズを妥協すると、結局使い勝手が悪くなります。また家具を買い足すなど、無駄に物が増えるだけでなく、コストが掛かります。家具は消耗品ですが、決して安い物ではありません。せっかくの作業部屋が倉庫にならないように注意しましょう。

5:収納変わりになるインテリア

収納は引き出しに入れて、見えなくするだけが収納ではありません。インテリアとして見せる収納方法もあります。

例えば、キッチンにフライ返しなどのツールが壁面に掛けてあるのを見たことはないでしょうか。使いやすいだけでなく、インテリアの一部になっています。

普段からよく使う物はデスク周りに、たまに使用する物は足元に収納するなど、使う頻度を考えて収納するだけで、効率もよくオシャレな作業部屋になります。

6:観葉植物のあるインテリア

初回公開日:2018年11月28日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related