Search

検索したいワードを入力してください

スーツケースのステッカーアレンジ18選|DIYアイテム5つ

更新日:2020年08月20日

スーツケースといえばどれも似たようなデザインで、同じような色使いのものが多いです。しかし、スーツケースにステッカーなどを貼り付けると荷物ロビーでも見つけやすくなるメリットがあります。そんな、スーツケースのアレンジについてご紹介します。

スーツケースのステッカーアレンジ18選|DIYアイテム5つ

スーツケースにステッカーを貼る理由とは

スーツケースといえば実用一点張りでシンプルな見た目と色の場合が多いです。しかし、なかにはシンプルなスーツケースにさまざまなステッカーを貼り付けてオリジナリティを演出している人も居ます。

スーツケースに貼り付けたステッカーには、人によって好みがあるでしょう。スーツケースに貼り付けるステッカーにはオリジナリティ以外の理由がある場合もあります。

自分の物と認識する為

スーツケースにステッカーを貼り付ける最も大きな理由は、スーツケースを自分の持ち物だとわかりやすくするためです。先述のように、多くのスーツケースはシンプルなデザインで、色も地味目のものが多いです。

空港の荷物ロビーなどで、自分のスーツケースを探し右往左往した人も少なくないでしょう。しかし、ステッカーを貼り付けてあれば遠目にも、自分のスーツケースだとわかりやすくなります。

旅慣れたイメージを味わえる

スーツケースにステッカーを貼り付けると、スーツケースそのものが旅の思い出になったり、旅慣れた気分を味わうことができます。旅先で手に入れたノベルティのステッカーなどを貼り付ければ、スーツケースを見るたびに思い出がよみがえるでしょう。

また、訪れた国や行きたい国のステッカーを貼り付ければ、スーツケースを見るだけで旅行に行っている気分を味わうこともできます。

スーツケースのステッカーアレンジ18選

ご紹介のようにスーツケースにステッカーを貼り付けるといくつかのメリットがありますが、どのようなステッカーを貼り付ければいいのか迷う人も多いでしょう。

そこで、オリジナリティあふれるスーツケースにするために、センスのいいステッカーについてアレンジ方法を含めて、18種類ご紹介します。

アレンジ1:国旗

国旗はスーツケースアレンジでも定番のステッカーです。その国に住んでいる人には見慣れた国旗でも、別な国の人にとってはオシャレに感じる国旗は数多くあります。イギリス国旗のユニオンジャックなどはオシャレで良く見かける国旗の一例でしょう。

スーツケースを国旗のステッカーでアレンジする場合は、訪れた国などを貼り付ければ旅の思い出になりますし、行きたい国の国旗ステッカーをはりつけてもいいです。

アレンジ2:航空会社のロゴ

航空会社のロゴはセンスのいいものが多く、スーツケースに貼り付けるとおしゃれになるのでがあるステッカーです。販売されていることもありますが、搭乗した機内のノベルティでもらえる可能性もあります。

アレンジ1の国旗ステッカーと同様に、搭乗した航空会社のステッカーを貼り付ければ、スーツケースそのものが旅の思い出となります。訪れてみたい国の航空会社のロゴステッカーを張るのも良いでしょう。

アレンジ3:自動車のメーカーロゴ

車が好きなら、自動車メーカーのロゴのステッカーで、スーツケースをアレンジするのもです。同一自動車メーカーでも、ブランドごとにいくつかのロゴを使い分けていることもあるので、ステッカーの種類が豊富なこともメリットの一つです。

好きな自動車メーカーのロゴのステッカーを、満足するまで貼り付けると良いでしょう。

アレンジ4:国章

国家には国旗だけでなく国章と呼ばれる紋章や徽章があります。一般的にその国の文化や歴史、風土などを象徴的にデザインして多くの情報を伝えようとしているため、国旗よりも複雑なデザインをしています。

アレンジ1の国旗ステッカーと同じく、訪れた国の国旗と合わせて国章のステッカーを貼り付ければ旅のいい思い出になります。行ってみたい国の国章を貼り付けて思いをはせてみるのも楽しいでしょう。

アレンジ5:作品のタイトル

自分の好きな映画やアニメ、音楽などさまざまな作品のタイトルロゴでスーツケースをアレンジするのもです。自分の好きな作品のロゴであれば忘れにくいので、一目で自分のスーツケースだとわかりやすくなります。

また、旅先で出会った人と、スーツケースに貼り付けられた作品ロゴのステッカーをきっかけに話に花が咲くなど、思わぬ出会いも期待できるでしょう。

初回公開日:2018年11月30日

記載されている内容は2018年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related