Search

検索したいワードを入力してください

ふすまの張替えの方法・業者に頼む時の注意点・地域別の料金比較

更新日:2020年08月20日

何年か経つと汚れや破れで古びて来るふすま。和室を洋風にしたい時など、お部屋のイメージを変えたい時もありますよね。「ふすまの張替えをどうしよう」と思った時、迷うのが自分で張り替えるか業者にお願いするかです。どんな方法があるのか気になる価格の相場等もご紹介します。

ふすまの張替えの方法・業者に頼む時の注意点・地域別の料金比較

ふすまの張替えの方法は?

まず最初に、ふすまの種類を確認しましょう。大きく分けて以下の4つの種類があり、種類によって張替え方法が異なります。枠を外す時の注意点として、上下左右違う枠を組んでしまわないように、マスキングテープに印を書いておくと迷いません。枠を間違えて組むと、後々ずれて開閉ができなくなる事があるため気を付けましょう。

自分で張替える、DIY用のふすま紙の種類は裏面に水で溶ける糊がついている「再湿のりタイプ」、「アイロン張りタイプ」「シールタイプ」の3種類あります。どのふすま紙のタイプでも、状態が良ければ3枚位までは重ねて上から張り重ねられます。

ふすまの種類:本ふすま

一般的に押入れのふすまに使われ、古くから伝わっている種類です。軽量で、枠の取り外しができます。木の骨組みが格子状に入っていて、和紙が下張りしてある構造です。4つのタイプに分類されます。

折れ合い釘式

左右の枠が折れ合い釘でとめてあるタイプです。上下の枠は釘でとまっています。枠は、最初に左右の枠から外します。上から下にハンマーなどで軽く叩き、スライドさせて釘ごと外しましょう。上下の釘打ちの枠は、釘近くの枠とふすまの間にバール(なければマイナスドライバー)などを差し込み、ハンマーで軽く叩いて外します。強く叩き過ぎて、傷つけたり変形させないように注意して下さい。

木ネジ式

木ネジで左右の枠をとめているタイプです。上下の枠は釘でとまっています。外し方は、折れ合い釘式と同様です。

釘打ち式

上下左右の枠の全てが釘でとまっています。釘が左右の枠より見える場合は、このタイプになります。枠の外し方は折れ合い釘式の上下枠と同様です。

ふすまの種類:戸ふすま

和室と洋室の間仕切りに使われるタイプで、ふすまの裏の反対面に壁紙や化粧合板が貼ってある種類です。枠を外す事はできず、骨組みの上に合板(ベニヤ板)が貼られています。

ふすまの種類:発砲スチロールふすま(ダンボールふすま )

発泡スチロールや、3層重ねたダンボールの両面に湿気防止のアルミ箔を重ねて芯材にしています。上からふすま紙が貼ってあるタイプです。軽量で、枠を外す事はできません。糊では貼れないですが、両面テープで貼る事ができます。張替えはできませんが、重ね貼りができます。

ふすまの種類:チップボールふすま

本ふすまと基本は同じですが、下張りにチップボールという厚紙を使用したふすまです。ふすま紙の上から、見分ける方法としては触ると縦横に骨が入っています。この場合は、本ふすまかチップボールふすまになるでしょう。

張替え前の剥がし方は?

用意するもの

・ビニールなど、濡れないように下に敷くもの
・スポンジ
・バケツ
・紙を剥がす工具(スクレッパーやへらなど)
・雑巾
・サンドペーパー180番位

ふすま紙の剥がし方

種類がわかったら、引手金具を外してからふすま紙を剥がしていきましょう。無理に剥がさず、接着剤を緩めてから剥がすと壊れません。引手は、外す時に変形する事が多いため、ふすま紙を張替える場合は一緒に交換します。費用を抑えたい時や人目につかない場所で、引手を再利用したい場合は変形させないように注意する事が大切です。

はがし方
準備 引き手を剥がす。ふすまの下にビニールをひいて、汚れないようにする。

1.バケツに3分の1ほど、水を入れ、マイペットを5回ほど押して薄めます。
2.スポンジに作ったマイペットの希釈液を軽くしみ込ませます。
3.ふすま紙に、スポンジで、マイペットの希釈液をしみ込ませる。
4.希釈液がしみ込んで、ふすま紙の色が変色するまで待つ。
5.ふすま紙をそっと引っ張り、剥がす。
6.剥がし切れなかった場所には、再び希釈液を塗り、手で引っ張って剥がす。
7.手で剥がれないときだけ、ヘラなどで剥がす。
8.ぞうきんで全体を拭く。
9.板戸を良く乾かす。
10.剥がしカスが残っているはずなので、やさしくサンドペーパーをかけて表面をつるつるにする。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related