Search

検索したいワードを入力してください

寝室の照明・風水的な意味|シーリング/スタンド

更新日:2020年08月28日

一日の終わりと始まりを過ごす寝室。寝室の居心地は質の良い睡眠を得るための大切な要素にもなります。寝室をよりリラックスできる環境にする為には照明の効果もとても重要です。寝室に照明についてまとめました。照明にも拘ってよりリラックスできる環境にしませんか?

寝室の照明・風水的な意味|シーリング/スタンド

LED間接照明:ボールLEDイルミネーションライト 防水 50m

メイン照明を変えるより、手軽にササっとポイントになってお洒落な照明を探しているなら、LEDの間接照明がです。

ケーブルライトを購入したら、大き目のガラスボウルなどを用意して、その中にグルグルと適当に丸めたライトを入れてみましょう。スイッチを入れれば幻想的なテーブルライトに仕上がります。

また、壁に飾ってみたり、チェストの上に広げて置くだけでも素敵な間接照明になります。アイデア次第で1本のケーブルライトでさまざまな表情を楽しむ事ができます。寝室ではホワイトかイエロー系の電球色を使うと、素敵な雰囲気がアップするのでです。

すごく可愛いです!
バブル型という名の通り、球体の中にブクブクと気泡が入っています。
大きめのビー玉みたいな感じです。

ライトは暖かみのある電球色で、存在感がありながらもシンプルですごーく気に入りました!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%ABLED%E... |

北欧風照明:LINGKAI ペンダントライト

ドングリのようなコロンと丸みを帯びた形が、ナチュラルでいてお洒落なイメージのペンダントライトは北欧風インテリアがお好みの方に特にデザイン照明です。

形やカラーからも温かみを感じられるので、リラックスして過ごしたい寝室にもピッタリです。お子さんのお部屋にも向いている照明ではないでしょうか。

スタイリッシュ照明:ペンダントライト 1灯 LED 対応 E26口金 (GT-DJ-WY)

まん丸の球体シェードが満月のようにも感じるお洒落なペンダントライトはお部屋の主役になること間違いなしです。軟らかい雰囲気にもポップな雰囲気にも見て取れるので、モダンインテリアにもシンプルなインテリアにも馴染みやすく、オールマイティーな照明です。

実際に点灯するとランダムに編み込んだようなデザインのアクリルシェードから、光の陰影が天井や壁面に広がるのでとても幻想的な雰囲気です。リラックス空間にはピッタリな照明です。

これまでの寝室用照明とイメージチェンジしたいなら、こうした主役級の照明にトライしてみるのもです。

寝室の照明はリモコン付きが

寝室に使う照明ですが、できればリモコン付きの照明がです。と言うのも、睡眠前には明るすぎる光の照明では睡眠導入に支障がでてしまう可能性があります。そのため寝室に取り付ける照明は、調光やタイマー、複数の点灯パターンを選択できるなど、明るさを調整して就寝前のリラックス空間を作り出しやすいタイプの照明がです。

就寝前の1時間ほどは電球色(黄色やオレンジ)の明かりの中で過ごすことで、穏やかに、スムーズに睡眠に入ることができると言われています。

Akarilight 天井照明 4灯スポットライト

寝室に照明は、リモコン付きで調光やタイマー、または複数の点灯パターンを選択できるタイプがですが、なかなかすべての条件を併せ持っている照明が見つからないという時には、こうした一見するとリビングダイニング向きの照明もです。

その理由は、ライト1つ1つの向きが変えられ、一番遠くにライトを向けて光の角度を変えることで灯りの調節ができます。また、4つのライトを点灯、外側2つのライトを点灯、中心2つのライトを点灯と、点灯パターンを調節できるので柔らかな空間も作り出すことができます。

なかなか納得のいくライトが見つからない、という時には奥の手としてスポットライトも活用してみて下さい。

寝室の照明として最も理想なのはどのタイプ?

寝室向きと言われている照明には、シーリングタイプ・ペンダントタイプ・スポットタイプなど幅広くありますが、最も寝室向きとされているタイプの照明があります。皆さん、どんな照明なのか分かりますか。それは、柔らかな光でリラックスできる空間を作り出すことに長けている「シャンデリア」です。

シャンデリアは、他のライトと違って電球が天井向きになっています。床や人ではなく天井にライトが向いていることで、部屋の上側を柔らかい光で包み込んで落ち着いた空間・リラックスしやすい空間を作り出してくれます。

男性やシャンデリアは好みじゃないな、と言う方には電球が全て包まれるタイプのシェードの照明がです。電球は下向きでもシェードが電球を覆っているので。点灯時の光が幾分柔らかく変化してくれます。

寝室の照明の風水的な意味

寝室の照明のタイプやデザインはお部屋のイメージに大きく影響するので、家具と同じように自分好みのデザインの照明を見つけたくなりますが、女性の中には風水を取り入れる方も多くいらっしゃいます。

実は、風水では寝室はとっても重大な空間とされています。それは人は睡眠によって自然に厄を落とし、新たなエネルギーを取り入れる、と考えられているからです。考えてみたら、一日の約三分の一の時間を睡眠に使っているのだから、お家の中で一番長い時間居続けるのが寝室です。

風水的に、寝室の照明について気を付けた方が良い事、照明の使い方をご紹介しておきます。

寝室は弱い照明で陽の気を抑えてリラックス

風水的に見ても、寝室はリラックスを重視した空間が好ましくなります。「弱い照明」と言うのは、「間接照明」や「暖色系の照明」のことを指しています。反対に「強い照明」と言うのは「直接照明」や「蛍光灯などの青白い光」のことを指しています。

強い光では陽のエネルギーが強すぎて、リラックスすることができず厄を落とすことも、新たなエネルギーを取り入れるにも不十分になってしまうと考えられています。

寝室にはサブ照明を使うと未来運UP

初回公開日:2018年03月04日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related