Search

検索したいワードを入力してください

ダブルベッド|メーカー/マットレス/フレームの選び方

初回公開日:2018年02月10日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人生の3分の1を占める睡眠には、寝具選びが大切になります。ダブルベッドは、1人で寝るにも2人で一緒に寝るにもちょうど良いサイズなので、多くの人から好まれています。ダブルベッドを選ぶ際に大切なポイントや、メーカーによっての販売価格など詳しくご紹介します。

ダブルベッド|メーカー/マットレス/フレームの選び方

ダブルベッドの選び方は?

ダブルベッド|メーカー/マットレス/フレームの選び方
※画像はイメージです

ベッドを新しく選ぶ時、部屋の広さで選んだり、ゆっくり寝るために大きいサイズを選ぶ人が多くいます。ダブルベッドは、1人で寝る時には広々と使う事ができて、2人で寝る時にも狭く感じる事が少ないため、のサイズです。

ダブルベッドを選ぶ事で、人生の約3分の1を占めると言われている睡眠を、より快適な物になるように選ぶ際のポイントを詳しく見ていきます。

大きさで選ぶ

一般的なベッドサイズは、長さが195cmです。ダブルベッドは、ベッドの幅が140cmほどあります。ちょうど大人が2人で横たわるのには、程よいサイズといわれています。また、大柄な方なら、一人でのんびりと眠ることができるサイズとしてもダブルベッドはがあります。

高さに関しては、利用するマットレスにもよって差が出てきますので、一概に何とも言えません。

次にシングルベッドと比較してみます。シングルは、ベッド幅が90cmほどで、ダブルベッドを見た後にシングルを見るとかなりスリムに見えるでしょう。一人で眠るのに程よいですが、時としては布団がずり落ちたりする可能性もあります。

開放感を求める場合は、ダブルベッドをいたします。

高さで選ぶ

床の上で布団を使って眠る生活を長い間してきた日本人にとって、ベッドのような高さがある場所で眠るのは、落ち着かない感じる人もいます。ただし、ベッドはベッドの使い方やメリットがあります。その人のライフスタイルにあわせてベッドでの生活、布団での生活を選びましょう。

ベッドの高さが低いほうが、部屋が広く見えるというメリットがありますが、高さがあるタイプのベッドは、寝たり起きたりする時に、膝などに負担がかかりにくいので、それを好む場合もあるでしょう。

高さがあるダブルベッドは、通気性があり寝起きする動作が楽で、ソファー感覚で腰掛けるにもちょうど良い高さになります。部屋にベッドも、ソファも置けないときはこのような一人二役できるものを選ぶとよいでしょう。その際に高さをよく考えましょう。

高さがあるなしにかかわらず、ベッドの下にほこりが溜まりやすい事ので、こまめな掃除を心がける事が大切です。

自分に合った硬さを探す

次にベッドの幅でなく、ベッドの上で利用する大切なものとして、マットレスを見ていきましょう。寝る時にマットレスが柔らかすぎたり、固すぎたりすると、かなり居心地が悪く、上手に眠ることができません。快適な睡眠ができるように、好みのマットレスを探しましょう。

自分に合った硬さを選ぶ時のポイントは、体重が重い人は硬めの物を、軽い人は柔らかめを選ぶ事がです。体重が重い人が柔らかめのマットレスに寝ると、腰が沈み込んでしまい、逆に軽い人が硬いマットレスに寝ると、腰が浮いている状態になってしまうため、腰に負担がかかってしまいます。

平均体重より重いか、軽いかをポイントにすれば自分に合った硬さのマットレスを選ぶ事ができ、快適な睡眠へと繋がります。

【メーカー別】ダブルベッド

ダブルベッドだけに限らず、ベッドにはたくさんのメーカーがあります。国内のメーカーから、海外のメーカーまでたくさんの種類があり、それぞれのメーカーで特徴や価格にも違いがあります。

自分のライフスタイルに合ったメーカーのダブルベッドを選んだり、ホテルなどでも使われているような高級感のあるメーカーを選ぶ事でも、ベッドの中が最高の心地よい場所になります。メーカーごとに、どのような特徴があり、価格はどのくらいなのか詳しく見ていきます。

Simmons(シモンズ) ホテルのダブルベッドのよう

シモンズは1870年に、アメリカのミシガン湖のほとりにある町で生まれた海外ブランドのメーカーです。1925年には、ポケットコイルマットレスの商業化に成功し、世界で愛されるメーカーとなりました。

シモンズが日本にやってきたのは、1964年で、アメリカのメーカーではありますが、日本で販売されているシモンズのベッドは、静岡の工場で作られています。海外の会社のものとはいえ、国産が好みの人にです。

世界最大級であるシモンズのベッドは、高級ホテルでも使われているため、自宅でも高級ホテルにいるかのような寝心地を求める方には、メーカーです。

シモンズのダブルベッドのマットレスは、8万円~50万円と幅が広く、他のベッドメーカーに比べると高価になりますが、高価な分、寝心地が最高なため取扱店舗に実際に見に行って、自分に合ったダブルベッドを探す事がです。

Sealy(シーリー)

シーリーは、1881年にアメリカのテキサス州シーリータウンで生まれた海外ブランドのメーカーです。シーリーのベッドの特徴は、社外の有名な大学や医療機関で活躍している、整形外科医や研究者、臨床医を含めた人達と連携をし開発しています。

身体にストレスを与えにくく快適な睡眠ができるため、シモンズと同じように世界の一流ホテルでも使われています。最高の寝心地と共に、寝ている時の体の負担も少なくしたい方にメーカーです。

シーリーのダブルベッドのマットレスは、17万円~33万円とシモンズに比べると若干安くはなりますが、購入する時は実際に見て購入する事がです。

サータ

アメリカのマットレスでのサータは、全米売り上げ一位といわれているほどです。1931年に創業したばかりですが、すでにサータ社で製造されるマットレスは、世界27ヶ国で使用されています。ポケットコイルが特徴のサータ社のベッドは、健康を追求したマットレスとしても知られていますので、快適な睡眠を得たい人にはお勧めのマットレスとなるでしょう。

サータ社のマットレスは何種類かシリーズがあります。どのシリーズでもダブルベッド用のマットレスは、セミダブルより若干高く、クイーンズサイズよりもお安くなっています。サータのダブルのマットレスは安いもんですと7万円台から始まっています。しっかりサポートしてくれるコイルスプリングタイプのマットレスが好みのかたにはです。

フランスベッド

フランスベッドは1940年代の終わり頃、東京の三鷹市に「双葉製作所」として生まれました。1960年後には折りたたみ式のソファベッドを製造し、1961年には社名をフランスベッドに変更した日本のベッドメーカーです。

フランスベッドは、医療や福祉施設などでも使われており、高温多湿という日本の風土の気候を考え、通気性の良い快適な眠りを求める方にメーカーです。フランスベッドのダブルベッドの価格は、5万円台から60万円台と幅が広く、自分に合った高さやデザインを選ぶ事がです。

日本ベッド

Related