Search

検索したいワードを入力してください

【区域別】農地転用にかかる費用・会計処理の仕方|宅地

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事では農地を農地以外に利用する場合に必要になる手続き、農地転用についてお伝えします。農地転用を希望する場合、どんな法律によって制限がかかり、費用はいくらかかるのか、どんな専門家に依頼することになるのかをお伝えしていきます。

【区域別】農地転用にかかる費用・会計処理の仕方|宅地

難しい許可申請を伴う農地転用は専門家に相談しよう

【区域別】農地転用にかかる費用・会計処理の仕方|宅地
※画像はイメージです

農地転用にはいろいろな用途がありました。宅地にするのはもちろん、太陽光発電用用地、体験農場に転用するなどがあります。そして、それぞれの条件によって必要書類から費用まで違ってきます。

都市計画市街化区域であれば原則、許可申請は必要なく、届け出だけなので容易に進む可能性があります。けれども農業委員会にかけられたり、都道府県知事の許可をもらわないといけない調整区域の場合は、たくさんの書類が必要な手間のかかる手続きが待っています。

土地の条件によって制限がかかり、多くの書類が必要になってきますし、自治体によっては許可が下りるまでに数年かかる場合があり、農地は売れない、転用は難しいと言われる所以です。

農地の条件をしっかり調べて、まずは専門家に相談してみるのが最善策でしょう。

Related