Search

検索したいワードを入力してください

家具の配送の方法と安い配送方法・業者|メルカリ

更新日:2020年08月28日

家具の配送って手間も費用もかかりそうです。家具は重くて大きくて自分だけではどうにもできないし配送方法も解らないという方が多いのではないでしょうか。この記事ではそんな疑問を解決すべく家具の安い配送方法と業者について紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

家具の配送の方法と安い配送方法・業者|メルカリ

フリマアプリとは?

メルカリなどに代表されるフリマアプリとは、フリーマーケットなどに見られる個人間でのモノの売買をアプリを通してインターネット上で行う取引のことを指します。スマホなどで撮影した物品をアプリに登録し、値段を設定して販売する方式で行われています。

最近ではメルカリをはじめ数多くのフリマアプリが存在し、アニメグッズ専門のフリマアプリや書籍専門としたものまで専門性の高いフリマアプリも数多く出品されています。販売されているモノの種類は多岐に渡るため、欲しい商品を見つけやすいという点に特徴があります。

フリマアプリならではのメリット!

フリマアプリではすべてインターネットを介して商品の取引を行うため、お互いの顔を見ることはありません。逆に言えば、遠く離れた遠隔地同士の方々でも気軽に商品のやりとりができると言うメリットがあります。また定価よりも安く出品している場合がほとんどで新品のものや未使用品なども販売しており、安くモノを手に入れたいという人にとってアプリとなっています。

これらの理由から、現在でも登録者数は伸び続けており注目されている新しいアプリとなっています。

家具を売っている出品者も多いです!

フリマアプリの中には家具を販売している出品者も多く、椅子やテーブル、タンスやベッドなど小型なものから大型のものまで幅広く出品されています。中には未使用品の家具を販売している方も多く、フリマアプリでは商品の1つとして今注目を集めています。

フリマアプリでは配送料が大切!

家具に限ったことではありませんが、フリマアプリを攻略する際に重要なことが配送料です。フリマアプリでは配送料を出品者負担、もしくは購入者負担のど力を選ぶケースが多いです。

出品者の場合配送を手続きを行う必要があるため、配送料を安く済ますことができれば商品の値段も高くすることができます。メルカリなどでは、大手配送会社と提携して通常の配送料よりも安くすることができるサービスを実施しています。商品を出品し配送する際には、ぜひこの提携サービスを利用するようにしましょう。

家具の配送の方法

大型専用の配送サービスを!

メルカリでは、大きなタンスやベッドなどを配送する際に大型らくらくメルカリ便と言うサービスを実施しています。このサービスは、大型家具を配送する際に梱包から集荷までをヤマト運輸がすべて行ってくれるサービスです。料金は配送先の運賃ではなく縦、ヨコ、長さの3辺の合計で計算されます。

出品者にとっては、あらかじめ料金を計算した上で出品することができますので値段をつける時の目安になると言うメリットがあります。また購入者は受け取り希望日時を事前に登録することが可能ですので双方にとってメリットのあるサービスとなっています。

家具の配送は着払いでも可能か

多くのフリマアプリでは、着払いを選択する際は送料別で商品を登録する必要があります。したがって出品者は商品を登録する際に必ず送料別で値段設定を行う必要があります。また、購入者には事前い配送料を伝えておくとトラブルを防ぐことができますのであらかじめ値段は配送業者に聞いておくと良いでしょう。

家具の安い配送方法

家具はどうしても大型になるものが多いため、最低金額でも3000円ほどとなっています。配送業者によっては、長さや重さの合計だけでなく配送先までの距離などから値段を決める場合もあるため事前にどこの業者に頼めば良いのか調べておく必要があります。

家具の中には分解できるものがあるため、前もって分解した状態で梱包サイズを小さくすることで料金が安くなる場合もあります。一度確認してみてください。

メルカリの家具の配送方法

メルカリではヤマト運輸と日本郵便が宅配業者として利用することができます。中でもヤマト運輸は上述した大型らくらくメルカリ便などメルカリ限定でさまざまなサービスを実施しており、出品者と購入者両方にメリットがある業者です。大型家具を配送する際はヤマト運輸で配送すると良いでしょう。

書籍やアクセサリーなど小物類を配送する際には、日本郵便のクリックポストが安くて便利です。出品するモノの大きさやサイズによって配送業者を使い分けるようにしましょう。

家具の配送の業者

佐川急便はあまり使えない

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related