Search

検索したいワードを入力してください

【広さ別】一人暮らしの男性にインテリア|1LDK

初回公開日:2018年04月14日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

男性が一人暮らしをするときは、やはりこだわりを持ってインテリアを考えたりするでしょう。でも、インテリアなどわからない、とか無頓着な方も少なくはないでしょう。そんな方のために男の一人暮らしにインテリアをお部屋の広さやタイプ別などで紹介します。

【広さ別】一人暮らしの男性にインテリア|1LDK

折りたたみ式なので持ち運びにも便利で設置したい場所に自由に置けます。シンプルなデザインで飽きがきません。不要な時はコンパクトに収納できます。

似たような椅子が他にもありますが造りが違うようです。しっかりと綺麗に作ってあるので、買って良かったです。背もたれの部分や座る部分は長時間座ってると少々痛くなるので決して快適とは言えませんが、クッションとかを置いておけば問題はないと思います。シンプルなんですが、愛着のわく品物です

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%EF%B... |

1LDKの一人暮らしの男性にインテリア

1LDKの間取りなら、一室は寝室にしてしまいましょう。プライベート空間である寝室を隠せるのでです。リビングスペースは来客のことを考えて、ラグを敷いたり、クッションを置くのも良いでしょう。

ソファーも置けますので、リビングスペースと寝室とをはっきり区別してしまうことをします。リビングスペースは癒しの空間としてくつろげる場所ですが、人を呼んで楽しむ場所でもあります。寝室は一人でくつろぐ場所ですから、趣味のものを置いたりしてプライベートな場所としておくのが良いでしょう。

ワンルームの一人暮らしにインテリア

ワンルームはキッチンスペースが含まれた一部屋だけの間取りの部屋です。「1R」と表記されていることもあります。ワンルームはキッチンスペースが狭いので、外食が多い人や買ってきたお惣菜で食事を済ませる人に間取りです。一人暮らしの男性には多いでしょう。

注意点は生ごみの臭いなどが部屋に広がらないような工夫がいることです。
また、トイレの音などもダイレクトに聞こえますので、来客が多い人にはではありません。ワンルームのレイアウトを紹介します。

部屋がひとつしかないという発想を変えて、大き目の家具を仕切りにしてしまいます。くつろぎの空間と作業する空間や食事する空間を家具で壁を作って作りましょう。収納も少ないのがワンルームですが、収納も見せる収納に変えてしまいましょう。オープンラックや壁面収納を活用することをします。

1Kの一人暮らしの男性にインテリア

1Kの間取りというのはワンルームとほぼ変わりありません。家具は背の低いものに、収納は見せる収納にして、テーブル、ベッドなどに収納機能が付いているものがです。また、デスク、収納ラックなどが付いているロフトベッドにするのも一人暮らしの狭い部屋に家具です。

ロフトベッド

一人暮らしの狭い部屋に省スペースのロフトベッドがです。ベッド下にデスクを置いたり収納にしたりできます

ロフトベッド パイプベッド コンセント付き

ロフトベッドの下にスペースを有効利用して、部屋を広く利用できます。コンセント付で、形態や照明なども利用でき、壁面も収納として利用できます。

小学生の娘の部屋に使用するために購入。大きさも余裕があるので、大人になるまで使えそうです。最初に乗った時にパキパキ音がして怖かったのですが、翌日には落ち着きました。作りもしっかりしているので、とても気に入っています

出典: https://www.amazon.co.jp/LOWYA-%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%8... |

一人暮らしの男性にインテリアコーデ

【広さ別】一人暮らしの男性にインテリア|1LDK
※画像はイメージです

一人暮らしの男性にインテリアを部屋の広さや間取りについて解説しましたが、次にインテリアのコーデを紹介していきます。間取りや広さで家具の選び方やレイアウトはだいたいつかめたけれど、ではどのようにコーデすれば一人暮らしの男の部屋をスッキリおしゃれに、そして女性受けする部屋になるのかを詳しく紹介します。

色を統一する・トーンを揃えることから始めよう

部屋のカラーを決めて、家具やファブリックなどの色を統一することから始めてみましょう。全く全部同じ色にする必要はありません。大きな家具やメインの家具の色に揃えたり、同じ色でも濃淡、同系色でトーンを揃えるのも統一感があってスッキリおしゃれな男性の一人暮らしのインテリアになります。

照明は間接照明にしよう

照明は間接照明でムードを演出したり、癒しの空間にもなります。柔らかい光が癒しになり、リラックスできる部屋になります。よくわからないという方はまず、部屋の隅に置くタイプの照明を選んでみましょう。

部屋にグリーンを置く

リラックス効果とオシャレ度をアップするのに男性にもグリーンを置くことをします。観葉植物は手間がかからないものが多いですが、それでも男性の中には植物は面倒だという方もいるでしょう。そんな方には、フェイクグリーンをします。枯れることがないので、常にグリーンがある状態を保てます。インテリアとしての利用だけならフェイクグリーンをします。

ポスターを貼ったり壁に掛けたりする収納に

Related