Search

検索したいワードを入力してください

洗濯機の容量の目安・毛布を洗う時の洗濯機の容量|一人暮らし

初回公開日:2018年05月09日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

これから生活環境が変わるという方は、洗濯機の選び方について覚えておきましょう。洗濯機はご家族の人数によって容量が変わります。また、1週間にどの程度お洗濯するかによって洗濯機の容量の選び方が異なるので、どのように洗濯機を選んだらよいかについて覚えておきましょう。

洗濯機の容量の目安・毛布を洗う時の洗濯機の容量|一人暮らし

洗濯機の容量の目安

例えば洗濯機を買い替える場合や、ご家族が増えるためこれまでの洗濯機では容量が小さすぎるといった型の場合には、人数やお洗濯の量に合わせた容量の洗濯機を選ばなければいけません。

容量の小さな洗濯機では、1日に何回も洗濯機を回さなければならないため、その分電気代がかかってしまいます。そこで今回は、ご家族の人数に合わせた洗濯機の容量の目安と、洗濯機の選び方についてご説明していきましょう。

洗濯機の容量の目安について

洗濯機の容量の目安・毛布を洗う時の洗濯機の容量|一人暮らし
※画像はイメージです

ご家族の人数に合わせた洗濯機の容量を選ぶといっても、どの程度の容量があるものを選んでよいのか頭を悩ませるところです。そこで、洗濯機の容量を計算する方法についてご説明しましょう。人数に合わせて洗濯機の容量を計算するには、まず一人当たりの1日の洗濯量の目安を覚えておきましょう。

一人当たりの1日分の洗濯量は、およそ1.5kgとなっています。そのため、4人以上いらっしゃるご家庭の場合には、4×1.5kgという計算式になりますので、6kg以上の容量がある洗濯機が必要です。

ですが、ここで注意をしておきたいのは、洗濯機は何も衣類には限らないということです。衣類のほか、バスタオルやシーツ、毛布といった寝具類も子家庭でお洗濯する場合があります。

そのため、この計算式で導き出した容量に、およそ1kg程度余裕を見て洗濯機の容量を決めると良いでしょう。

一人暮らしの方にふさわしい洗濯機の容量は

一人暮らしの方の場合には、それほど容量を大きい洗濯機は必要ありません。しかし、初めて一人暮らしをされる方の場合には、洗濯機の容量の目安がどの程度のものになるのかについて分からないという方も多いでしょう。

洗濯機は最も小さな容量のもので、4kgのものになります。洗濯機の容量は、キログラムで表示がされています。これは洗濯物の重さに対して表示がされているものですが、洗濯物が多い方、または寝具などもコインランドリーではなくご自分でお洗濯したいという方の場合には、4kgを目安として少し大きめの容量のある洗濯機を選びましょう。

洗濯物の多い一人暮らしの方の場合には

あまり時間を取れず、毎日お洗濯する時間がないという方の場合は、洗濯物をまとめて洗うという方も多くいらっしゃいます。

その場合は、容量が小さな洗濯機を選んでしまうと、1日に何度も洗濯機を回さなければならず、せっかくのお休みがお洗濯しているだけで終わってしまった、ということにもなりかねません。そのため、毎日洗濯機を回さないのであれば、少し大きめの洗濯機を選びましょう。

一人暮らしの方が例えば1週間分まとめてお洗濯をするというのであれば、6kg程度の容量のある洗濯機がです。また、1週間に2階から3回程度はお洗濯をしている、というのであれば、5kg程度の容量のある洗濯機がです。

二人暮らしの方にふさわしい洗濯機の容量は

二人暮らしの方は、当然ながら一人暮らしの方に比べて洗濯物の量が多く、洗濯機の容量も大きめのものを選ぶ必要があります。先ほどもご説明したとおり、一人当たりの1日の洗濯量は 1.5kgです。

したがって、二人暮らしの方の場合は、単純に考えれば3㎏以上あれば大丈夫ということになりますが、洗濯物は季節や洗濯物の種類によって必要になる容量が変わります。例えば二人分の寝具をお洗濯するとのると、一人暮らしの方に比べてさらに大きな容量が必要です。

また、洗濯物をまとめてお洗濯したいという場合もありますので、二人暮らしの方の場合であれば、だいたい7㎏程度の容量のある洗濯機がよいでしょう。

二人暮らしの方がまとめ洗いをする場合

二人暮らしの方が例えば二日に一回洗濯機を回してお洗濯をしたとしましょう。先ほどご説明したとおりの計算式に合わせて洗濯機の容量を考えると、単純計算で二人分の1日の洗濯量は3kg、2日で6kgということになります。それでは6kgあればよいのかというと、この容量では足りない場合もあります。

洗濯物はその日によって重さのちがうものを洗わなければならない場合もあります。そのため、6kgという答えが出たとしても、少し余裕を見ておきましょう。

二人暮らしの方の場合には、寝具も倍の量洗わなければいけませんし、その分容量の大きな洗濯機が必要となります。二人暮らしの方の場合には、だいたい8kg以上の洗濯機がです。

3人暮らしの方の場合にふさわしい洗濯機の容量

洗濯機の容量を選ぶには、ご自分のライフスタイルに合わせたものを選ばなければいけません。場合によっては寝具を毎日洗わなければ気持ちが悪いと感じる方もいらっしゃいます。また、毎日洗濯機を回している暇はないという方も多いでしょう。

そのほか、3人暮らしの方の場合は、例えばご夫婦とお子さん一人というご家庭の場合であれば、お子さんは大人の方に比べ洗濯ものが増えてしまいます。ユニフォームや体操になど、体育の授業に部活動があるたびに、お洗濯の必要がありますので、間違えて容量を小さな洗濯機を選んでしまわないよう注意しましょう。

かといってあまり大きすぎる洗濯機を選んでも、水道料や電気代がかかってしまいます。

4人暮らしの方の場合にふさわしい洗濯機の容量は

例えば、お子さん二人いらっしゃるご夫婦の場合の洗濯機の容量について考えてみましょう。お子さんがいらっしゃる方の場合は、急いでお洗濯しなければならないことが多くあります。

お子さんの場合は天候によって靴下や衣類を用意してしまったり、遊んでいるうちに汚してしまうなど、予定外にお洗濯をしなければならなくなったということが多くあります。

また、お子さんがいらっしゃるご家庭の場合には、お子さんが成長した後のことも考えなければいけません。

お子さんの成長に合わせた洗濯機の容量とは

お子さんがまだ小さいうちは衣類も小さく、それほど容量の大きな洗濯機は必要ありませんが、お子さんが中学生、または高校生と成長をするにつれ、衣類の大きさも大きくなり、洗濯物の量も増えてきてしまいます。

そのため、「大は小を兼ねる」というわけではありませんが、洗濯機は高額な電化製品でもありますし、頻繁に買い替えるものでもありませんので、購入する際に初めから大きな洗濯機を選んでおきましょう。

大きめの洗濯機がベスト

Related