Search

検索したいワードを入力してください

高校生の一人暮らしに必要な費用・一人暮らしの理由・物件

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自由に進学が選べるようになった世の中で、重要な選択のせまる高校生活。自分のやりたいことのために、一人暮らしをしなければならないことも。高校生は一人暮らしができないと考えている人も多いでしょう。今回は高校生の一人暮らしについて紹介します。

高校生の一人暮らしに必要な費用・一人暮らしの理由・物件

高校生に一人暮らしは可能か

高校生が一人暮らしをするのは可能です。自分で物の良しあしがわかるのならば、一人暮らしをしても問題がないといえます。しかし高校生は一人でなにかを借りたり、働くことができなかったりします。自立しているわけではないので大人の監視が必要でしょう。

親元から離れるというのは親にとっても子にとっても、不安が残り好まれない状況です。周囲の施設が整っている場所を選べば、安心安全に過ごせます。買い物ができる場所があることや、駅や学校が近いことにこだわれば住むためには安心です。

また高校生になるとバイトもできるようになるため、自分の遊ぶためのお金などは社会経験としてバイトで働いて稼いでもらうのも良いでしょう。学業が一番ですが両立できる程度のバイトは社会に出てから、かならず役に立つ経験となります。

高校生の一人暮らしに必要な費用

家賃、光熱費

一人暮らしの家賃は場所にもよりますが、4万円ほどを見ておけばよいでしょう。一人暮らしなので寝る場所とキッチン、トイレ、お風呂などの最低限の機能がある部屋ならば、生活することが可能です。

光熱費は一人暮らしなので1万5千円でおさまるくらいです。季節によって前後しますが平均しても、2万円をかかることはほぼありません。家賃と光熱費は両方合わせて7万円ほどが目安となります。

食費

食費は自炊をするかしないかによって大きく変わってきます。高校生の一人暮らしならば、コンビニなどの弁当で済ませても5万円がかからないほどとみて良いでしょう。自炊をすれば食費はいくらでも節約することが可能な費用なので、実家からの仕送りなどによっても変わってきます。

一人暮らしなのでそこまで大きな金額になることはなく、高校生でもしっかりと自炊をすることを条件で一人暮らしを始めれば安く抑えられます。外食をしてしまうと高くなるので、基本は家にすれば3万円ほどで食費は全て収まります。

消耗品

消耗品の内訳はトイレットペーパーやティッシュなど私生活の中で、なくては困るものの事をいいます。歯ブラシや生理用品なども含めて消耗品の内訳となります。平均すると1慢円ほどで収まる費用です。毎月必ず買うものでもないので、そこまで費用は掛からないでしょう。

洗剤や柔軟剤などももちろん費用の内訳に含まれます。これらもあまり安い物ではないので、買った時には1万円弱になる場合もあります。最低限の生活をするために必要なものを買う費用なので、なかなか削ることは難しいです。

雑費

高校生といえばまだまだ遊び盛り。もちろん優先は学業ですが適度な息抜きになる遊びや、ショッピング費用も必要になってきます。月々にすると多くて2万円ほどを見ておくと良いでしょう。高校生になると遊びの幅が広がるため、金額が安くはすみません。

とくに女性同士の付き合いとなると新しいお店や、新しい洋服などを適度にしっていたり持っていないと周りについていけません。そのため最低限の周りと付き合える程度に遊べる費用は、心身の成長の面でも大切です。

高校生の一人暮らしの理由

高校生が一人暮らしをする理由には進学したい学校が遠方にある場合や、住んでいる地域に高校がないことなどがあげられます。自分の将来のことを考えたうえで、これから先役に立つ学業を学ぶために一人暮らしをしてまで通う必要がある場合です。

また、高校生になってからの引っ越しで突然学校が変わるのが嫌な場合も、一人暮らしをさせるということがあります。思春期特有の仲間意識などがあり、一歩間違えば道を踏み外してしまうため、一人暮らしをさせて様子を見ることもとても大切な選択になります。

各家庭それぞれの事情がありますが、高校生が一人暮らしをするのにはそれなりの理由があることがほとんどです。しかし、簡単にではなく、一人暮らしをしなければならない理由があるケースがほとんどです。

高校生の一人暮らしに物件の探し方

学生寮

高校生の一人暮らしに安心なのは、学生寮です。高校生だからこそ誰かの監視のもと生活するのが好ましく、学校に備え付けの寮というのは高校生の一人暮らしにぴったりの物件です。親は安心して一人暮らしをさせることが可能で、何よりも学生寮は普通の物件よりも格安で済むことができます。

進学する際に私立の高校で遠方の場合には、学生寮に入れることもありますが、ないところもあります。そのため進学する際に、寮があるかどうかも確認しておくのが良いでしょう。

レオパレス

レオパレスは家具家電はほとんど揃っているため、高校生の一人暮らしにはとても向いている物件です。一人暮らしのために家具家電をいちからそろえる必要がないため、進学の際に契約さえすればすぐにうつることも可能です。管理人がいるためきっちりと建物自体も管理されているため、とても安心できます。

しかし防音性があまりないため、音については気を付けなければなりません。住んでいる以上は近所の音も、とても気になる可能性もあります。

高校生の一人暮らしの部屋に必要なもの

Related