Search

検索したいワードを入力してください

ビーフシチューに合う献立レシピ22選|おすすめの付け合わせ

更新日:2020年02月10日

皆さん、ビーフシチューはお好きですか。牛肉やニンジンなど、大きめにカットされた食材がごろっと入っており、ボリューム満点です。しかし、だからこそ、一緒に合わせる料理に悩んだ経験があるのではないですか。今回はビーフシチューに合わせる料理を紹介します。

ビーフシチューに合う献立レシピ22選|おすすめの付け合わせ

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、次はシーザーラダを紹介します。シーザーサラダは、ちぎったレタスとクルトンをフレンチドレッシングで和え、粉チーズをかけて作るサラダで、この名前は考案者に由来していると言います。

その昔メキシコ、ティファナのホテルに大勢のお客が押し寄せ、食材が底をついてしまいました。そこでオーナーのシーザーカーディーニがあり合わせの材料を混ぜて作ったのがシーザーサラダでした。

マヨネーズ 大さじ4
パルメザンチーズ 大さじ5
レモン汁 大さじ11/2
生クリーム 大さじ2
牛乳 大さじ2
すりごま 大さじ2
すりニンニク 小さじ1
塩コショウ 適量
お好きなお野菜 適量
鶏モモ肉 1枚
レンコン 適量
にんにく 1かけ
オリーブオイル 適量
卵 1個
1.葉野菜を水で洗い、適当な大きさに手でちぎり、氷水に少しつけてパリッとさせてから、ざるにあげておく。

今回私が使用した野菜は、レタス、ニンジン、大根、紫キャベツ、サニーレタス、グリーンリーフ、紫玉ねぎ、トレビス、黄色と赤のパプリカ、水菜、ミニトマト、レンコンです。
2.ニンジン、大根、紫キャベツ、紫玉ねぎ、パプリカは千切りにします。
ミニトマトは半分に切っておきます。
3.蓮根は薄くスライスして、キッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ってから、素揚げし、分量外の塩を少量ふっておきます。
4.鶏モモ肉は、両面に塩コショウしておきます。
5.フライパンに火をつける前に、スライスしたニンニクを入れ、上からオリーブオイルをかけてから、火をつけます。

ニンニクの香りが立ってきたら、鶏肉を皮目から焼き、中火~弱火で片面5分くらいずつ焼きあげ、好みの大きさにカットします。
6.温泉卵を作ります。
卵は常温にしておき、鍋にお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて水を100ccくらい足して、ゆっくり卵を入れ、蓋をして焼く10分放置。
10分たったら、冷水にとります。
7.シーザーサラダドレッシングを作ります。
材料のマヨネーズから塩コショウまでの全部混ぜ合わせるだけ。
8.野菜とチキンを盛り付け、温泉卵を乗せて、ドレッシングをびや~っとかけたら完成です。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/111044/recipe/688317 |

4:桃モッツァレラのサラダ

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、続いては桃モッツァレラのサラダのレシピを紹介します。桃モッツァレラとは、桃とモッツァレラチーズを融合した料理で、TwitterをはじめとするSNSで大変おいしいと話題になりました。

甘酸っぱくジューシーな桃とまろやかなモッツァレラチーズの組み合わせが絶品で、レモンで味をまとめれば後味さっぱりといただけます。濃厚なビーフシチューにもぴったりといえるでしょう。

■材料
桃:1個
モッツァレラチーズ:1袋(100g)
レモン果汁:大さじ1
オリーブオイル:大さじ1
レモン皮(国産):少々
塩こしょう:適量
■作り方
【1】夫
モッツァレラチーズは手で裂いておく。
【2】妻
桃はボウルなどに水をはって優しく洗い、一口大に切る。
※桃の詳しい剥き方、切り方はこちら↓で写真つきでご紹介しています。
●基本の桃の剥き方、切り方
【3】妻
皿に桃、モッツァレラチーズを盛り付け、塩こしょうをかけ、
レモン皮を削り、レモン果汁、オリーブオイルをまわしかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/150082/blog/17599860 |

ビーフシチューに合うご飯もののレシピ

ビーフシチューに合わせるサラダはいかがでしたか。ビーフシチュー自体にもふんだんに野菜が使われているため、献立にサラダを合わせるならちょこっとつまめる軽いものがおすすめです。

続いては、ビーフシチューに合うご飯もののレシピを紹介していきます。ご飯ものを献立のひとつとして供する場合、ボリュームが少なくすっきりとしたものが良いでしょう。

5:焼肉のタレで炊き込みご飯

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、続いては焼肉のタレで作る炊き込みご飯のレシピを紹介します。1回蓋を開けても全部使いきれずに余りがちなって仕舞う焼肉のタレですが、甘辛く旨味たっぷりなので、炊き込みご飯に使用すると美味しいです。

そのまま食べても良いですが、ビーフシチューを口に含んで一緒に食べるのもおすすめです。簡単に作れるので是非試してみてください。

米 2合(洗って30分以上水に浸し、ザルにあげる)
水 400cc
人参 1/4本 30g(千切り)
しめじ 1/2P/C(石づきを取りほぐす)
牛肉切り落とし 100g(食べやすく小さめカット)
焼肉のタレ 大さじ3〜
ごま油、鶏がらスープの素、醤油 各小さじ1
1.鍋に材料を入れて軽く混ぜ合わせ、蓋をして火にかける。始め中火〜強火、沸騰したら弱火にして15分ほど。炊けたらしばらく蒸らす。お好みで小葱を散らして出来上がり

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/131313/recipe/755329 |

6:海老ピラフ

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、続いては海老ピラフのレシピを紹介します。ピラフの語源となったピラヴはトルコからフランスに伝わり、今のかたちになったと言われています。

冷凍むきエビと残りと冷やご飯、冷蔵庫の余り物野菜を合わせて作る簡単レシピなので、手軽にパパッと作ることができます。にんにくの香ばしい香りが食欲をそそる海老ピラフは、子供にも大人にも喜んでもらえる一品です。

油 適量(にんにくがひたひたになる位)
ニンニク(みじん切り) 1〜2片
玉ねぎ お好みで
人参 お好みで
ベーコン(適量にじん切り) 一枚
シメジ(ほぐす) 2分の1株
海老 100g
ご飯 2人前
バターやマーガリン 適量(ご飯に絡まる位の量)
顆粒チキンコンソメ 適量
パセリ あれば適量
1.フライパンに油とにんにくを入れ弱火で香りをひきだす。
2.人参、玉ねぎ→ベーコン→しめじ→エビの順で投入して火を通す。酒を少々(分量外)入れ、全体的に軽く塩して混ぜる。
3.温かいご飯を入れて、バターが全体的に絡まるくらいに入れて炒め、顆粒のチキンコンソメもいれ塩胡椒して味を整え火を切りパセリを散して出来上がり。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134418/recipe/869982 |

7:塩昆布サツマイモご飯

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、続いては塩昆布を使ったサツマイモご飯のレシピを紹介します。意外な組み合わせにも思えますが、昆布茶をいれるとごはんがもっちり、風味豊かになります。

秋が旬でホクホク美味しいサツマイモと、バターと塩昆布がベストマッチな混ぜごはんは、簡単に作れるのにクセになる美味しさです。ライパンで炒めたさつまいもと溶けたバターは余す事なくぜんぶごはんに混ぜてください。

あたたかいごはん 1.5合
さつまいも 中1/3本(約100g)
バター(マーガリンでも可) 大さじ1.5
塩 少々
塩昆布 2つかみ
昆布茶 小さじ1
1.ごはんはいつも通り炊く。
ひやごはんを使う場合はレンジでチンして熱々にしてください♩
2.さつまいもはよく洗い、約1cmのサイコロ状にカットする。
3.耐熱皿に入れ、水大さじ1(分量外)を一緒に入れ、ラップをして800wのレンジで約1分加熱する。
4.フライパンにバターを入れて火にかけ、3のさつまいもを水気を切って入れ、中火で炒める。
5.さつまいもに火がとおり、全体が炒まったらOK★
塩、塩昆布を入れて全体に混ぜる。
6.溶けたバターも一緒にあたたかいごはんに入れ、昆布茶も入れて一緒に混ぜる。
7.お好みで白ごまや黒ごまをふって召し上がってください♡

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/284573/recipe/1311573 |

ビーフシチューに合うパンのレシピ

ビーフシチューに合わせるご飯もののレシピはいかがでしたか。味の濃いビーフシチューはご飯のおかずとして食べても美味しいので、合わせるなら一緒に食べられる味の薄いさっぱり系のご飯が良いでしょう。続いては、ビーフシチューと一緒に食べる献立のひとつとして、パンのレシピを紹介します。ビーフシチューにパンを浸していただくのもおすすめの食べ方です。

8:チーズパン

ビーフシチューに合わせる献立のひとつとして、続いてはホットケーキミックスと豆腐で作る、簡単チーズパンのレシピを紹介します。卵もオイルも不使用なのでとってもヘルシーで、ボリューム満点なビーフシチューに合わせる献立としては最適です。チーズの香ばしい風味が食欲をそそるパンは、もちもちふわふわでクセになります。ビーフシチューに浸していただきましょう。

初回公開日:2018年11月28日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related