Search

検索したいワードを入力してください

オイルポットとは?問題点と上手な使い方|おすすめ3選

更新日:2018年12月19日

ここではオイルポットについてみていきます。オイルポットは揚げ物で使った油などを良い状態で保管することができます。おすすめのオイルポットや、効果的な使い方、またオイルポットの問題点などもご紹介しているのでぜひご覧ください。

オイルポットとは?問題点と上手な使い方|おすすめ3選

2:油再利用のための濾過法は様々

オイルポットの問題点として、油のろ過方法が挙げられます。網でろ過する方法ですと、安価でできますが、ろ過しきれない揚げかすが残ってしまうデメリットがあります。フィルターでろ過する方法ですと、ろ過はうまくすすみますが、定期的にフィルターを交換しなければならずコスト的に負担がかかります。

3:お手入れに手間がかかる

油を良い状態で保管するためには、オイルポットのお手入れは欠かせません。しかしながら、お手入れには手間がかかるため、それなら、油は1回使ったら廃棄した方が時間もかからず効率的で良いと考える方もいます。

最後のひと手間に便利です

この油こし紙は、オイルポットに移す前の最後のひと手間に最適です。オイルポットについている、網やフィルターなどでろ過作業を行った後、再度この油こし紙でろ過することをおすすめします。ろ過しきれなかった小さな油かすをしっかりとキャッチしてくれます。この作業をプラスするだけで、油の保存状態が格段によくなります。

もともと金属メッシュが細かいオイルポットを使っています。
その上に乗せる形でこし紙を敷いて油を漉すようにしますと、以前よりも澄んだ綺麗な油になりました。油を漉す速度も気になるほど遅くはなりませんでした。
とても良い品だと思います。
手作りしそジュースなどを作る時にキッチンペーパー代わりにこれを使ってみましたが、そちらも綺麗に漉せました。大量に入っているのでどんどん使おうと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1UP4IL27DQH... |

おすすめのオイルポット3選

ここからは、おすすめのオイルポットを三つご紹介します。オイルポットの買い替えをお考えの方やオイルポットを初めて購入しようと考えている方はぜひご参考になさって下さい。

1:m.design オイルポット MAD-10

こちらのオイルポットは、使いやすい小型サイズです。また、ステンレス製の優れた耐久性の網が使われているので、錆びることなく長く使うことができます。そして、汚れが落としやすいので、お手入れが簡単にできます。ハンドル部分は熱が伝わりにくくなっているので、油を入れても熱くありません。

油を冷蔵庫内で保管したくて、購入しました。 蓋に取っ手が付いていないところが難点ですが、安定感のある形なので、安心して冷蔵庫におけます。

出典: https://www.amazon.co.jp/m-design-MONO-%E3%82%AA%E3%82%A4... |

2:貝印オイルポット DZ0709

こちらのオイルポットは、テフロンフッ素樹脂加工なので汚れが付きにくくお手入れが簡単にできます。注ぎ口が2重構造になっているので、液だれしにくく衛生的に使うことができます。油を再利用する際に液だれがないので、ストレスなく注ぐことができます。

機能性は商品説明どおりです。

油だれ や こぼれは皆無で、揚げカス除去、等、期待通り。

また、本体・フタ・こし網・こし枠 が簡単に分別できるので、
洗うのも楽です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%B2%9D%E5%8D%B0-%E3%82%AA%E3%... |

3:一菱金属 二重アミ式 オイルポット

こちらのオイルポットは、2重網になっているので、ろ過作業がスムーズに進みます。ステンレス製なので、丈夫なのはもちろんのこと、汚れも落としやすく使い勝手がとても良い商品です。また見た目もおしゃれなので、キッチンに置くとインテリアとしても十分に通用します。

オールステンレスで丈夫なうえに丸洗いできるので、いつも清潔に使えます。
二重網がとても便利で、これに決めて良かったです。
一生ものになると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E8%8F%B1%E9%87%91%E5%B... |

素敵なオイルポットで楽しいキッチンタイム

初回公開日:2018年12月19日

記載されている内容は2018年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related