Search

検索したいワードを入力してください

人気のコーヒー焙煎機12選|口コミ・選び方|熱源3タイプ

更新日:2020年02月13日

おいしいコーヒーを飲むことが好きな方には、ぜひ自分でコーヒーを焙煎して飲むことをおすすめします。家庭でも使えるコーヒー焙煎機が販売されているのはご存知でしょうか。自分で焙煎したことがない人も、焙煎してみたい人も、両方使えるコーヒー焙煎機についてご紹介します。

人気のコーヒー焙煎機12選|口コミ・選び方|熱源3タイプ

コーヒー焙煎機の種類

焙煎(ロースト)とは、生のコーヒー豆を煎る加熱作業のことです。そのための機械、焙煎機にはさまざまな種類があり、焙煎の方法や一度にできる量、サイズなど、目的に合った品を選ぶことが重要です。

煎るための熱源も、ガス製、電気製と異なっており、メリットデメリットを理解して購入するようにしましょう。ここでは、ガス製、電気製、ガス電気製の三種類の焙煎機についてご説明します。

熱源がガスの物

熱源がガスの焙煎機には、火力の調節がしやすいというというメリットがあります。自分の好みの煎り加減にできるので、こだわりのある方におすすめです。

一方、火力調節が難しく、慣れるまで試行錯誤が必要となるので、初心者の方は注意が必要です。

熱源が電気の物

熱源が電気の焙煎機のメリットは、安定したローストができるという点です。自動的に焙煎してくれるので、一定した味を楽しめます。

デメリットとしては、そのお手軽さで、焙煎の醍醐味を感じにくいことが挙げられます。また、焙煎機には海外製のものも多いので、電圧に注意する必要があります。住んでいる地域と電圧が異なる場合は、併せて変圧器も必要になります。

熱源が電気とガス

電気とガスどちらも熱源として使うものもあります。どちらの長所も持っており、ガスで火力の調節を行いながら、電気で豆を回して煎ります。自由な火力調節と安定した焙煎のどちらも実現できます。

海外製のものが中心で、使用がやや難しいというデメリットがあります。また電気を使うので変圧器が必要になります。

おすすめの人気焙煎機12選

自分好みの豆を作るために、焙煎機選びはじっくりと取り組みましょう。熱源、海外製品、価格、一度に煎れる容量、煙が出るか、チャフ(豆の皮)は飛び散るかなど、こだわりたい点はたくさんあります。

理想の煎り加減を実現できる一台を見つけるためには、自分が譲れない条件を把握しておくことが重要です。最適な一台が見つかるよう、ここではコーヒー焙煎機の特徴やレビューを挙げて、おすすめの焙煎機をご紹介します。

「発明工房 焙煎器・煎り上手」

「発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手」は、焙煎初心者や、大掛かりな器具を準備するのはためらうという方におすすめの焙煎機です。

アルミ製の焙煎機本体の口から豆を入れ、ガスコンロに当てて振りながら手動で焙煎します。火力調整もしやすいのが特徴で、直火で焙煎するよりも焦げ付きなどの失敗がありません。少量の豆を気軽に煎りたいという場合に最適です。また、網ではないためコーヒーのカスが飛び散りにくいのもおすすめのポイントです。

口コミ

こちらの焙煎機には、今までフライパンで焙煎していたというような、焙煎初心者からの口コミが多く寄せられています。

焙煎時に振るのがやや重いという点もありますが、焙煎の香りが部屋に充満して、購入して良かったという意見が多いです。

最初は恐々でしたが、3回目からはガンガン焙煎できまた。
完全に手動なので手加減一つで結構変わってきます、この変化も楽しいです。
同じ豆で入り加減を変えてプレンドしたり、楽しみ方は色々ありそうです。
チャフを取ったり、換気に気を使いますが、もう生豆から後戻り出来ない体になりました。

出典: http://amzn.asia/5QDwGPy |

「Behmor焙煎機」

「Behmor1600plusコーヒー焙煎機」は1回の焙煎量が最大で450gと、多くの豆を一度に焙煎したいときにおすすめの焙煎機です。オーブンのような本体の中に網ドラムがあり、電気により焙煎します。

豆に応じて焙煎時間や回転数など、自動で調節してくれ、直火式の香ばしい豆が簡単にできあがります。海外製品ですが日本仕様になっており、電圧のことを気にせず使えます。マニュアルやサポートも日本語です。

口コミ

レビューを見ると、こちらの焙煎機は2台目として選ばれることが多い焙煎機だと分かります。1台目の焙煎機を使って不満だった、安定して焙煎できない、煙が多いという点をクリアできる焙煎機として、やや上級者向けとして使われています。

レビューをするほど使いこなしていないのですが・・・
アウベルクラフト・遠赤コーヒー焙煎キットをイワタニの「風まる」に乗せて使っていたのですが、屋外ではちょっとした風にも影響を受け安定した焙煎が難しかったです。そこで屋内で使っても煙がすくなく、チャフが飛び散らかないと思われるこちらを購入しました。この辺りはほぼ狙い通りで満足しています。自動焙煎ではないですが、プログラムに従って操作すれば結構上手に焙煎できると思いますし、多少自分の意図を反映させながら焙煎することも出来るので使っていて面白いです。これを使いこなせるようになったら、もっと本格的な焙煎機が欲しくなるのかな。

出典: http://amzn.asia/hy9y8qE |

初回公開日:2017年11月21日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related