Search

検索したいワードを入力してください

栓抜きがない!代用になる身近な道具とは?10円玉/ナイフ

更新日:2020年12月22日

ボトルの栓抜きに関するライフハックのご紹介です。栓抜きがない時でも、身近にあるもので代用できる方法が満載です。意外なもので簡単に開けられるので、きっと今すぐにでも試してみたくなりますよ。普通のボトルのほか、ワインの開け方についても書いています。

栓抜きがない!代用になる身近な道具とは?10円玉/ナイフ

道具別栓抜きがないときに開ける方法

ボトルを開けようとしても、肝心の栓抜きがない。そんなときはどうしていますか。栓抜きに代わる物って、案外私たちの生活の周りに転がっています。「そんなものまで使えるんだ」と驚くようなものまであります。

道具は何でも使い様です。ちょっと知っておくと便利な、栓抜きのライフハックをご紹介します。

ナイフを使って開ける方法

ナイフを使って開ける方法を紹介します。

ステップ1:ボトルを利き手でないほうの手で持ちます。栓のちょうど下くらいを握ります。
ステップ2:利き手でナイフを横にした状態で持ち、栓の下の部分に入れます。ナイフは包丁のような大きなものよりは、小型ナイフを使用しましょう。
ステップ3:ボトルを握っている手を台にする要領で、ナイフを上に向かって力を入れます。

栓抜きなしで簡単に開けることができました。

コインを使って開ける方法

コインを使って開ける方法もあります。

ステップ1:ボトルを利き手でないほうの手で持ちます。栓のちょうど下くらいを握ります。
ステップ2:利き手でコインを横にして持ち、ボトルの栓の下の部分に入れます。
ステップ3:ボトルを握っている手を台にする要領で、上に向かってコインに力を入れます。

これで栓抜きの代わりができました。

コインは10円玉が

コインと言っても形や大きさが様々です。500円玉では少し大きく、1円玉では小さくて頼りないですし、5円玉や50円玉では穴があいています。栓抜きに使うコインには、大きさや形状から、日本のコインでは10円玉がもっともお勧めです。

はさみを使って

身近にあるはさみで、栓抜きの代わりができます。

ステップ1:ボトルを利き手でないほうの手で持ちます。栓のちょうど下くらいを握ります。
ステップ2:利き手ではさみの刃の部分を横にした状態で持ち、栓の下の部分に入れます。
ステップ3:ボトルを握っている手を台にする要領で、はさみの刃を上に向かって力を入れます。

スプーンを使って

食卓にあるスプーンを使っても栓抜きの代わりができます。

ステップ1:利き手でないほうの手でボトルの栓のすぐ下を握ります。
ステップ2:スプーンの「つぼ」と呼ばれる丸い部分の先を栓の下に食い込ませます。
ステップ3:柄の部分を下に向かって力を入れます。

ベルトを使って

ベルトのバックル部分を栓抜きの代わりにすると、すぐに開けられます。衣類用のベルトでも、車のシートベルトでもOKです。

ライターの底の部分を利用して

ステップ1: 利き手でないほうの手でボトルの栓のすぐ下の辺りを握り、利き手でライターを上下さかさまに持ちます。
ステップ2: ライターの底の角の部分を栓の下に食い込ませ、上に向かって力を入れます。

これで栓抜き代わりになります。

ボトルとボトルで

初回公開日:2017年09月25日

記載されている内容は2017年09月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related