Search

検索したいワードを入力してください

洋服をおしゃれに収納するアイデアとコツ・たたみ方

更新日:2020年08月28日

あなたのクローゼットには、お気に入りの洋服が綺麗に収納されていますか?ただ洋服をしまうだけではもったいない。今回は、日常の何気ない「洋服を収納する」という事をより素敵に楽しい事へと変化させるアイデアと手助けするグッズを紹介します。

洋服をおしゃれに収納するアイデアとコツ・たたみ方

毎日のコーディネートが楽しくなる洋服の収納術アイデア

「洋服」は必ず着るもので、片付けはなるべく時間をかけずに行いたいです。ただ、その「洋服」が綺麗に収納されていないと、毎日同じコーディネートになったりして、せっかく気に入って買った服が出番なしでシーズンを終える。なんて事があるという方も少なくはないのではないでしょうか。

今回は、洋服を選ぶ時に「今日は何にしよう」とワクワクと楽しい気持ちにさせてくれる収納アイデアのポイントと収納グッズなどを紹介します。

あなたのクローゼットをお気に入りでいっぱいにして、毎日時間をかけずに片付け&コーディネートできるようにしませんか。ぜひ参考にしてみてください。

洋服を収納するコツ

洋服を週末にたくさん時間をかけてせっかくキレイに収納したのに、1週間経てばなぜか元どおりの散らかったクローゼットになってしまう。片付けした事に満足してキレイな状態が長続きしないというのが多くの人の悩みではないでしょうか。

片付けにもっとも重要な事は、自分にあった収納ルールを持つ事です。そのルールを毎日守る事で、日々の時短にも繋がって、開くたびワクワクするようなクローゼットを保てます。決して難しいルールを作るのではなく、無理なく毎日少し気をつける事でできるものにしましょう。

何よりも大切な断捨離

最近よく耳にする断捨離という言葉ですが、洋服をキレイに収納する上で最も大切な事が「いらないものは処分する。」です。言ってしまえばすごく簡単な事のように感じますが、これがすごく難しく、一番労力を使います。

・1年間着ていない洋服を処分する。
・サイズのあってない洋服を処分する。
・お気に入りの服だけを持つようにする。

洋服を片付けようと思い、収納するコツをまとめサイトなどで検索すると、当たり前のように書かれている文言です。読んでいる時は、「できる」と思いますが、いざ自分の持っている洋服を目の前にするとだんだん心が揺れてきて、残しておく洋服で溢れていませんか。

上手に洋服とさようならしましょう

まずは、上記でご紹介した処分ルールを元に洋服を分類してみましょう。

1、必ず置いておきたいお気に入りの洋服。

2、出番は少ないが、必ず必要な洋服。(冠婚葬祭や職場の制服など)

3、出番は少ないが、処分する事に迷ってしまう洋服。

4、処分する洋服。(1年以上着ていない。サイズがあっていない。)

ここで、洋服の収納が苦手な方に注目してもらいたいのは、3と4の項目です。いる、いらないとだけで分類できる方は数少ないです。高額で買った洋服や人から譲り受けた洋服は、捨てるのも惜しくなってしまいます。

そこでまず、救出ストックを持つ事です。すぐに捨てられない服は1度ここに置いておきます。そしてある一定の期間経っても出番がこないようであれば思い切って捨てましょう。

あなたの心の中にいる「モッタイナイ」

「捨てる」のは勿体無い。とついつい置いてしまうと片付けも進みません。勿体無いと思う事は、大切な事です。しかし、これでは素敵なクローゼットにはほど遠い道のりです。

捨てるという事は、何も価値が生まれません。高額な洋服などは、そう思うと手放し辛いです。そこでなのは、古着屋さんに売ったり今流行りのフリマアプリなどを活用する事です。ただのゴミになるのではなく、新しい服を買うためのお小遣いにもなります。

フリーマーケットやフリマアプリは達成感も得る事ができるので、片付けの手段だけではなくそのものが趣味になる人も多いです。

クローゼットの定員

いる、いらないの選別ができても、どれをどのくらい置いておいてもいいのかを把握しておかないとまたすぐに散らかったクローゼットに戻ってしまいます。

決めたハンガーの数や引き出しに入る枚数をきっちりと把握しておき、新しい洋服を買った時はそのスペースを開けるために今ある服を捨てるようにします。

満員電車を思い出してください。奥にいる人はなかなか出る事ができず、出るためには出口付近の人を押しのけて出ないと出れません。クローゼットも同じです。パンパンに詰まった棚や収納ボックスから奥にあるものを取り出す時は、手前のものまで引っ張り出てきてしまったり、ぐちゃぐちゃになったりします。

クローゼットの定員数をしっかりと把握し、守る事で整理整頓された収納を実現する事ができます。

おしゃれの定義

あなたの思う「おしゃれ」とは何ですか。

洋服をたくさん持っていていつも違う服を着ている。流行りの服をいつも着ている。服をたくさん持っている事がダメな事ではありません。洋服がぎゅーぎゅー詰めなクローゼットが問題です。

洋服をたくさん持つ事で、逆に着るものがない。服がないという現象がおきます。それはなぜでしょうか。クローゼットの中身をきちんと把握できていないからです。そうするとショッピングに出かけた時に、パッと目立つセールで安くなったアイテムを衝動買いしてしまいます。家に持って帰ると、結局合わせるものがなく、また合わせる洋服を買い足す。

そうしてパンパンになったクローゼットからコーディネートを考える時、すごく時間を費やします。時間がない時は、とにかく急いでただ洋服を選び、あまり気に入らないまま1日を過ごす事になります。そうなると、おしゃれをしたくてもできません。おしゃれをするうえでクローゼットの収納は必要不可欠です。

お気に入りでいっぱいのクローゼット

お気に入りの洋服だけを収納したクローゼットは、毎日開くたびにワクワクします。上手に収納できるとキレイな状態が長く続きます。毎日、朝起きてコーディネートに時間がかからず、余った時間をメイクやヘアセットに使ってもいいですし、自分磨きの時間に使えます。

お気に入りの洋服でいっぱいにしたら、自分を上手にプロデュースできます。クローゼットとは、ただ洋服を収納する場所ではなく、自らが自分のプロデューサーになり、自分のスタイルを作っていく場所と考えてはいかがでしょうか。考え方を変えるだけで洋服をしまう事が面倒なことから、自分磨きへのツールとなります。

考え方を変え、素敵なクローゼットへ変身させて自分を上手にプロデュースしましょう。

洋服の収納ボックス

さて断捨離もでき、お気に入りの洋服で囲まれたならいよいよ収納です。ただ並べたり、引き出しにしまうだけではもったいないです。せっかくのお気に入りの洋服たちなので、自分らしくクローゼットにあった収納をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、収納する時にグッズなどをブランド別で紹介していきます。

初回公開日:2017年11月10日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related