Search

検索したいワードを入力してください

おしゃれにハンガーを収納するアイデア・ハンガーラック収納を作る方法

更新日:2020年08月28日

ハンガーは生活必需品です。ハンガーの収納場所にこだわると部屋やクローゼットの中が散らかりにくくなったり見栄えがよくなったりします。ハンガーの置き場所やハンガーを使ったさまざまな収納アイデアやハンガーの収納方法をご紹介します。

おしゃれにハンガーを収納するアイデア・ハンガーラック収納を作る方法

かさばりやすいハンガーはどこに置く?

ハンガーは衣類を干すときに使うだけでなくクローゼットに衣類を収納するときにも使います。ハンガーを使って収納すると洗濯ものを畳む工程を省けることがポイントです。衣類の数が多い人ほどたくさんのハンガーを持っていることでしょう。

便利に使えるハンガーですが、数が増えれば増えるほどかさばりやすくなります。日常的に使用するアイテムだけに、取り出しやすさにこだわった収納をするにこしたことはありません。

そこで、ハンガーをおしゃれに収納する方法やハンガーラックを使った収納方法をご紹介します。使うときにさっと取り出しやすく、見た目がすっきりとして見える収納を目指しましょう。

ハンガー収納に場所

ハンガーは基本的に重ねたり並べたりして収納します。ハンガーは厚みがないためちょっとしたスペースに収納できますが、取り出しやすさを考えて収納することが使いやすい収納のポイントです。

また、ハンガーを使う目的に合わせた収納を意識すると、より使いやすい収納を目指せます。そこで、使いやすく取り出しやすいハンガーの収納に適した場所をご紹介します。

洗濯物を干すベランダの近く

洗濯物を干す段階になってハンガーを探し始めると大変です。ハンガーを使用して洗濯物を干す場合、物干しの近くにハンガーを収納しておくと家事の効率がアップします。ベランダがある部屋のクローゼットや押し入れに、カゴや収納ケースに入れたハンガーをしまっておくと便利です。

部屋にクローゼットや押し入れなどの収納がない場合や、すでにたくさんのものが詰め込まれていて収納スペースがない場合は、ベランダに屋外用のコンテナやストッカーを用意することを検討してはいかがでしょうか。

クローゼット

クローゼットはたくさんのものであふれがちです。衣類だけでなく鞄や帽子などの小物類や、季節の家電などを収納している人もいることでしょう。衣類を収納するためにクローゼットにたくさんのハンガーをしまっている人は。クローゼットにハンガーを収納する際には、取り出しやすさに気を配ることが大事です。

クローゼットから衣類を取り出したとき衣類をかけてあった場所になんとなくハンガーを戻していると、ハンガーが衣類の中に埋もれてしまいやすくなります。ハンガーをはずして収納しておく場所を決めておくと、整頓された状態を保ちやすいです。

洗濯機まわり

洗濯機まわりはハンガーの収納に適した場所です。洗濯機とベランダの位置が近いなら、洗濯に必要なものをすべて洗濯機周辺に置いておくと利便性が向上します。

洗濯機のまわりに十分な収納スペースがないときは洗濯機の上や横に注目しましょう。洗濯機の上部にスペースがあるなら、突っ張り棒や洗濯機の上部専用のラックを設置すると収納スペースを増やせます。洗濯機の側面に取り付けられるマグネットタイプの収納グッズを利用してもいいでしょう。

収納に使えるハンガー

できるだけたくさんの衣類をハンガーにかけて収納したい人は、ハンガーの材質や種類を使い分けることがです。ハンガー自体に厚みがあり過ぎるとカサが増してたくさんの衣類を収納しづらくなります。ハンガーをぴったりと重ねられるタイプや、すべり止め効果がある素材で作られたハンガーを用途に合わせて利用すると便利です。

衣類を購入したときについてくるハンガーを利用すると、ハンガーの種類がバラバラになってしまいがちです。ハンガーを同じシリーズで統一した方が見栄えよく見えます。見せる収納にはシンプルな見た目のハンガーを利用するとといいでしょう。そこで、見た目や機能にこだわったハンガーをご紹介します。

無印のアルミハンガー

ずり落ちてしまいやすいキャミソールやスリップなどの肩ひも付きの衣類に適したランドリー用ハンガーです。干しているときや収納しているときに衣類がハンガーからはずれるとストレスを感じることがあります。くぼみに紐をひっかけるタイプのハンガーを使えばずり落ちにくく便利です。

無印のアルミハンガーは丈夫で長く使用できます。軽量なので高い位置につるしたいときにも扱いやすいです。無印良品のハンガーにはまとめ買い割引があります。無印良品のアルミ製のハンガーで統一しておしゃれな雰囲気を演出してはいかがでしょうか。

アルミハンガー・パンツ/スカート用

無印のアルミハンガーはパンツ・スカート用もあります。引き出しの中にしまうとシワになりやすい素材のボトムスをつるしておけば、いつでもきれいな状態で着用できます。

衣類が多い人は3枚分のパンツやスカートを連結してクローゼットに収納できるハンガーが1つあると便利です。クローゼット内を整頓して広々と使いやすくなります。衣類が多くクローゼットの中がごちゃごちゃしがちな人にです。

ニトリ

ニトリのハンガーは使いやすさと入手しやすい価格にこだわって開発されています。「すべりにくい幅38cm省スペースハンガー」は薄型設計なので、重ねてスペースをとりにくいことが特徴です。衣類であふれがちなクローゼットの中をすっきりさせてくれます。起毛素材でできているため衣類のずり落ちを防止することもできます。メンズ用の幅45cmハンガーもあります。

同じシリーズのすべりにくいスラックスハンガーや、ニットやセーターを型崩れさせずにかけられるアーチ型ハンガーなどもです。

ハンガーの材質別に使い分けよう

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related