Search

検索したいワードを入力してください

レジ袋の収納アイデア|手作り/おしゃれ/たたみ方

更新日:2020年08月28日

スーパーやコンビニで買い物する度にたまっていくレジ袋、気づくと引出しや収納ケースからあふれていませんか。「取り出しにくい」「たたむのが面倒」など悩みは尽きません。今回は、かさばりがちなレジ袋をスッキリ収納し、簡単に取り出せる方法をご紹介します。

レジ袋の収納アイデア|手作り/おしゃれ/たたみ方

収納に便利なレジ袋のたたみ方ってどうやるの?

三角折り

一般的によく知られているのは三角に折る方法です。たたみ方を簡単にご紹介します。

①レジ袋を平らに置きます。
②レジ袋の中の空気を抜きながら縦に四つ折りにします。
③綴じ目がある底の方から持ち手がある上の方に向かって三角に折っていきます。このとき持ち手の部分は残しておきましょう。
④残しておいた持ち手を先ほどの三角形のポケット状になっているところへ折り込めば完成です。

以上が基本的な三角折りです。なるべく空気を抜きながらたたむむことで、コンパクトにまとめることができます。レジ袋のサイズによって、折るときの幅などは調整してみてください。

四角折り

見た目重視できれいに収納したい方には、四角にたたむ方法がです。引出しの中や箱に収納する際には、この四角折りの方法を使うときっちり気持ちよく収まります。

①レジ袋を平らに置きます。
②綴じ目がある底の方から幅6~7cm程で2回程上に折ります。
③今度は縦に6~7cm程の幅でクルクル内側に折っていきます。
④持ち手の部分を底の方へ半分に谷折りします。
⑤底側を一度上に折り上げます。
⑥持ち手の部分を三角に折り、ポケット状になっている部分へ折り込めばでき上がりです。

こちらも収納するケースの大きさやレジ袋に合わせて、幅などを調整してみてください。

五角形

少し変わった形を試したい方に五角形に折る方法をご紹介します。まずレジ袋を平らに置き、縦に4つ折りします。その後おみくじを結ぶようにして、中央にできた五角形に合せて端を折り込めば完成です。一度軽く結んだ状態になっているので、三角折りや四角折りよりも解けにくいのが特徴です。

クルクル巻くたたみ方

後ほどご紹介するタオルハンガーを2本使った収納方法や、引出しや箱に立てて収納する際に便利なたたみ方をご紹介します。

まずはレジ袋を平らに置いて縦に四つ折りにします。今度は横に半分にして後はくるくるとロールケーキのように巻いていくだけです。開いてしまうのが気になる方は輪ゴムで留めてください。

レジ袋の収納グッズを手作りしよう

レジ袋の収納に使えるグッズはさまざまな種類があります。キッチンの空いているスペースに合わせて、自分好みの使い方ができるオリジナルの収納グッズを手作りしてみましょう。

牛乳パック

牛乳パックは加工がとても簡単で丈夫な素材なので、手作り収納グッズには最適です。きれいに洗って乾燥させた牛乳パックをいくつか用意します。牛乳パックの底から7~8cmくらいのの高さでカットします。リメイクシートやマスキングテープなどでオシャレにアレンジしましょう。サイズ別に色分けすると、取り出すときにレジ袋の大きさが一目でわかって便利です。

ティッシュ箱

ティッシュボックスの空き箱で、壁や冷蔵庫に付けて使うタイプのレジ袋の収納グッズが作れます。用意するものは空のティッシュボックスとマグネット付クリップ2個とはさみです。刃物を使うので怪我に注意して作りましょう。

まずティッシュボックスの側面(小さい方)を片方だけ一面切り取ります。ここがレジ袋の入口になります。次に普段ティッシュを取り出している楕円形部分を1~2cmぐるっと一周切り取り、取り出し口を広げます。リメイクシートや好きな包装紙などでアレンジしましょう。上部にマグネット付のクリップを付ければ完成です。

ペットボトル

ペットボトルを使ったレジ袋の収納は取り出し易いのが特徴です。まずは1L以上のペットボトルを用意しましょう。角形のペットボトルよりも炭酸飲料水が入っている丸い筒形のペットボトルの方が柔らかいので加工し易いです。その他カッターとアイロンを用意してください。

①ペットボトルの底の面と飲み口部分をカッターで切り取ります。カッターの刃は長く出して使うと折れて危ないので、短めに歯を出して使いましょう。
②そのままだと切り口で手を怪我してしまう恐れがあるので、熱したアイロンを当てて切り口を滑らかにします。アイロンを使う代わりにビニールテープでふちどりしても良いでしょう。
③レジ袋を底の方から飲み口側に詰めて完成です。

取り出すときは飲み口側から引き出せば簡単に1枚ずつ取り出せます。吊り下げて使えば、片手でも取り出せて便利です。

ハンガー

普段洋服を掛けるときに使っているハンガー1本で簡単にレジ袋が収納できます。針金ハンガーでもプラスチックのハンガーでも素材は何でも構いません。収納方法は平らに伸ばしたレジ袋をハンガーに掛けていくだけです。幅が広いレジ袋は縦に折って掛けましょう。

取り出すときは片手で軽く一番上のレジ袋を抑え、取り出したいレジ袋を下に引っ張るだけで簡単に取り出すことができます。他のレジ袋も一緒に落ちてしまいそうな感じがしますが、レジ袋同士は摩擦が少ないので、上から軽く押さえていれば引っかかることなく取り出せます。

この方法は大きさごとに仕分けなくでも一目でレジ袋の大きさがわかるので便利です。取り出すとき以外は洗濯ばさみで止めておくと安心です。

タオルハンガー

初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related