Search

検索したいワードを入力してください

靴下の収納アイデア|おしゃれ/たたみ方/吊るす

更新日:2020年08月28日

靴下を取り出すとき、多くの中から手探りで探していませんか。靴下の種類、収納方法がわかればそんな時間の無駄がなくなります。靴下を綺麗にする収納便利グッズ、手作りの収納アイテム、収納アイデア、靴下の畳み方などをご紹介いたします。

靴下の収納アイデア|おしゃれ/たたみ方/吊るす

おしゃれな靴下の収納方法

靴下をついつい引き出しに詰め込んで収納して、いざ取り出すと片方足りない、あの靴下を履こうと探しているのに探せないということがあります。靴下と一言でいっても短い丈のサイズや長い丈のサイズの靴下、ストッキングやタイツも一緒に入れ、ごちゃごちゃになっている方も多いことでしょう。

着ていく洋服に合わせて一目で靴下を選ぶことができれば毎朝楽です。特に靴下のカラーや夏用、冬用、靴下の形状など用途別に把握できるのが理想の収納です。しかし、毎日のお洗濯で靴下を再び収納するときに面倒では意味がありません。

収納するときも簡単で見た目も綺麗で、使いたい靴下をすぐに見つけ出すことができるようにするにはどうしたらよいのか、靴下の収納するときのポイントや整理方法、畳み方などをご紹介します。

靴下を収納するときのポイント

まずは、靴下を収納するときのポイントとしては、靴下の用途、靴下の種類にまず分けること、収納する時に深い引き出しや深い収納ボックスに入れない、靴下を収納するときに隙間をなるべく空けないことです。

靴下の用途別、種類別に分けるのは、使用する際にわかりやすくするためです。仕事に行くときと、日常的に履く靴下、冬にだけ履く靴下、スニーカーを履くときだけ使用する靴下など、用途別に分けることで探す手間を省きます。

深い引き出しを避けるのは、せっかく靴下の畳み方や収納の仕方を実践しても、深い引き出しに入れてしまうと引き出しを出し入れしている間に、靴下同士が重なったり仕分けしたものが動いてしまったりしてしまいます。できれば畳んだときの高さと同じくらいの引き出しの深さにしましょう。

隙間を空けないようにするのも同じ理由で、中で動いてしまうとせっかく整理したものが動いてしまいます。スペースなくきっちりと入るように収納します。

靴下の種類

靴下をうまく収納するためには、まずは靴下の仕分けが必要になります。そのため、靴下にはどのような種類があるのかご紹介しましょう。

靴下の種類は主に丈の長さにより分けられます。通常、靴下と言われるものは履くとふくらはぎの下くらいになる靴下であり、それ以外のものに名前がつけられているのです。

カバーソックス

足の底部から足の甲部分を覆う靴下でフッとカバーとも呼ばれています。ヒールなどを履くときに足を保護するもので、浅く履くタイプと深く履くタイプなどの種類に分かれます。

他のメーカーも数社購入しましたが、脱げにくく良い感じでいた。あえて言えば生地が少し薄い感じがするけども、冬以外専用と考えれば全く問題ないレベル。夏の靴下として履き心地が良いと考えてます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%8... |

アンクレットソックス

足のくるぶしまでが隠れる靴下でスニーカーソックスとも言われています。男女とも多くの方が愛用しており、素材やデザインはさまざまです。

ソックス

一般的にこれが靴下と言われています。ふくらはぎの下あたりくらいの丈の靴下で、紳士用ソックスはこれにあたります。

生地の厚さは春から秋向きこれからの季節にちょうど良い、履き心地良しです。

出典: https://www.amazon.co.jp/mens-uno-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%8... |

クルーソックス

ふくらはぎくらいの丈の靴下でクルーとは船の乗組員を指し名前の由来です。靴下の上部にラインが入っていたり白や無地一色のものがあります。クルーソックスの中でも短めの丈のものはロークルーソックス、長めのものはハイクルーソックスです。主に綿の素材で伸縮性のあるのが特徴で広く普及しています。

初回公開日:2017年11月13日

記載されている内容は2017年11月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related