Search

検索したいワードを入力してください

物を捨てられない人の心理・捨てられないもの・捨て方のコツ

更新日:2020年08月28日

物を捨てられない人には共通した心理があります。その心理を理解することで捨てられないことの意識を変えれば片付け上手になれます。ここでは捨てられない心理から捨てられない代表的な物とそれらの捨て方のコツなどをご紹介しています。

物を捨てられない人の心理・捨てられないもの・捨て方のコツ

物を捨てられない人とは

断捨離や整理収納、ミニマリストといった片付けや余計なものを持たない生活など、整理整頓に関してはいろいろな方法論が巷にあふれています。トライしてすっきりした人もいれば、その時は片付けたけど元に戻ってしまったという人もいるでしょう。

生活スペースにおいて片付けは避けられないテーマです。つい物を溜め込んでしまう人、物を捨てられない人の心理とはどのようなものなのでしょうか。自分自身の中にあるその理由がわかれば、それをクリアにすることで捨てられない自分から捨てられる自分に変わることができるでしょう。

物を捨てられない人の心理

物を捨てられない人になぜそれを捨てられないかを尋ねたら、ほぼ「もったいない」「また使うかも」「物は大切にしなければならない」「思い出の品だから」といった返事が返ってくるのではないでしょうか。

もったいないから捨てられない

もったいないと考える気持ちは大切です。物が溢れて欲しい物がすぐ手に入る時代において、ひとつの物に対して愛着を持つことは悪いことではありません。しかし、それが使う用途もなく使う機会もなく、ただもったいないから捨てられないと言うだけであればそれは違います。

せっかくお金を払って買った物を手放すのはもったいないと考えているのであれば、それはその物に対してではなく払った金額に対してのこだわりです。逆に持ち続けている方が目に入るたびに気になって、捨てられない自分への心理的な負担になることもあるでしょう。

また使うかもしれないから捨てられない

今は使っていないけどまた使うかもと、その物に対して未練があり捨てられないこともあるでしょう。ではまた使うかもの「また」を具体的に言えるでしょうか。例えばキッチングッズで持っている物より機能の優れた物を買ったけど、古い物も用途によっては使い道があれば「また使う」もあるでしょう。

例えば服やファッション小物などはどうでしょうか。まだ着るかも、まだ使うかもという未練で手元に残す物は、数年たっても結局着たり使うことはなかったという物も多いのではないでしょうか。

物は大切にしなければいけないから捨てられない

物を大切にするという精神はとても立派です。ショッピングモールには物が溢れネットで簡単に物が買えてしまう時代に、一つの物を大切にする気持ちは大事です。しかし、それは自分にとって本当に大切にする意味のあるものに限ります。

使える物も使えない物も、自分が大切にしている物もそれほどではない物も、すべてが同じではありません。物を大切にしなければいけないから捨てられないという心理は、物に対する自分の価値が取捨選択できないことの裏返しにもなります。物を捨てられないことを物を大切にしてるからという言い訳でガードしているとも言えるでしょう。

思い出の品だから捨てられない

思い出の品だから捨てられないという気持ちもあるでしょう。その当時の楽しかったことやいろいろな思い出を懐かしむことができる物は、それだけで自分にとっては価値のある物です。思い出の品を置いておけるスペースに余裕があるうちはいいですが、それが今の生活に必要なスペースを侵食するのであれば片付けるタイミングではないでしょうか。

過去の懐かしい思い出も大切ですが、それより大切なのは今とこれからの生活です。どこかで折り合いをつけていかないと、新しいものに出会うチャンスも潰してしまいます。

捨てられない物の例

ここまではどういう心理が働いて物が捨てられないかを述べてきましたが、ここでは捨てられない物の例を具体的に挙げていきましょう。

洋服

捨てられない物の中で一番多いのは洋服ではないでしょうか。洋服は誰もが着なくてはいけない物ですから、誰の家でも必ずある物です。季節に合わせた洋服のバリエーションとそれに合わせた小物まで含めると、洋服が占めるスペースは大きいと言えます。

洋服は余程の破損がない限り「もったいない」「また着るかも」と捨てられない心理に陥りがちです。洋服を捨てられないでいるのに新しい洋服を買っているようでは、物が増えて収納スペースが圧迫されるだけです。さらには洋服が増えすぎて捨てられないと、取っておいた洋服を思い出さずそのままタンスの肥やしになることもあり得ます。

高価なもの

それが必要な物かどうかで自分にとっての物の価値は決まりますが、高価なものだとその判断が高価だから捨てられないに変わってしまいます。高価な物ならなんでもいいのかと言うとそれは違うでしょう。いくら高価で素晴らしい物であっても使わない物、必要のない物は持っている意味がありません。

自分にとっては必要のないものでも、他の誰かにとっては欲しい物になることもあるでしょう。ただ捨てるのはもったいないと考えるなら、欲しい人に譲る、リサイクルショップに売るという方法もあります。最近ではネットフリマという方法もあります。いくら高価な物でも使わずしまいっぱなしでは、そこには何の価値もありません。

書類

初回公開日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related