Search

検索したいワードを入力してください

【タイプ別】ゴキブリ駆除に洗剤・死ぬのか・かけ方

更新日:2020年08月28日

ゴキブリの退治には実は洗剤が効果的であるということをご存知でしょうか?洗剤はどの家庭にもある日用品であり、近年では殺虫剤に並ぶゴキブリ退治ツールとして活躍しています。こちらではどうして洗剤がゴキブリに効くのかという点を中心に紹介していきましょう。

【タイプ別】ゴキブリ駆除に洗剤・死ぬのか・かけ方

ゴキブリ駆除のための手段

ゴキブリは、だれもが嫌がる昆虫の一つであることは明確です。人間の生活範囲が広くなり、生活が豊かになることで、多くの生ごみがあふれ、ゴキブリのエサとなってしまっています。

そしてゴキブリは、一度増えてしまうとその駆除は大変です。ゴキブリが侵入せずかつ繁殖しないような環境づくりが重要であるといえるでしょう。

しかしながら、完全にゴキブリの侵入をシャットアウトするということは、困難であるといえるでしょう。例えば、自身の家の中がきれいであったとしても、他の近隣の家が不衛生であった場合には、そこで繁殖して自宅まで侵入するというパターンも多く認められます。

したがって、ゴキブリを見つけたときには、退治する手段が必要であるといえるでしょう。今回はそういったゴキブリの生態や対策などから、ゴキブリの対抗手段を探していきましょう。

まずはゴキブリの生態を知る

それでは、まずゴキブリの生態について簡単に紹介していきましょう。皆様はまずゴキブリのことをどれくらいご存知でしょうか?見た目が気持ち悪く、非常に不衛生な昆虫であるということは広く知られているでしょう。

ゴキブリなどの昆虫はいわゆる害虫として扱われています。害虫というカテゴリーは複数のカテゴリに分かれています。畑などの農作物を食い荒らして農業に悪影響を与える農業害虫や人や動物に伝染病を媒介する衛生害虫、見た目がとにかく気持ち悪い不快害虫などが存在します。

ゴキブリはというと、これらのカテゴリーの中でも、衛生害虫と不快害虫に含まれます。汚物などの不衛生な物に集まる習性やその見た目から忌諱されてしまっているという昆虫であるといえるでしょう。

ゴキブリはどこに集まる

ゴキブリは一体どういった環境に集まるのでしょうか?ゴキブリは集合フェロモンというフェロモンを使用することによって、活動拠点となる巣を作るといわれています。ではいったいどういった場所に巣を作るのかというと、まず第一に挙げられるのは生ごみなどが集まるゴミ箱などがそれに当たります。

ゴミ箱のような環境は、エサとなる生ごみが多く、ゴキブリが住むにはもってこいの環境であるといえるでしょう。こういった環境にゴキブリが侵入しないためには、容器をしっかり密閉することで、対策することが可能です。特にゴミ箱の蓋などに関してはしっかりと閉じるように心がけましょう。

キッチンはゴキブリの温床になりやすい

ゴミ箱だけではなく、キッチンなどの水回りについても、ゴキブリが発生しやすく注意が必要です。でもゴキブリはどうやってキッチンから侵入するのでしょうか?その答えとしては、キッチンのシンクの下にある配管の存在です。

基本的には、排水溝の中から侵入するパターンはあまり現実的ではありません。最近のキッチンの配管では、途中で配管がS字状になっており、常に水がたまるようなっています。この水の貯蔵というのが、ゴキブリに対しては蓋としての役割を果たしており、侵入を防いでいるといえるでしょう。

もう一つの侵入経路が、配管の外を経由して侵入する方法です。こちらに関しては、古い家や施工がずさんな場合に起こりえます。普通であれば、配管が壁や床を通過する時には完全に密閉されるのですが、この部分がうまく埋められていない場合には、そこからゴキブリが侵入してしまうことがあります。

ゴキブリにはどんな種類がいる?

本邦には、何種類かのゴキブリが存在するといわれています。まず皆様がゴキブリと想像してまず思い浮かぶゴキブリは、「クロゴキブリ」と呼ばれる種類になります。このゴキブリは一般家庭でよく出現し、その名のとおり、黒い体色が特徴であるといえるでしょう。

また「チャバネゴキブリ」と呼ばれる種類もクロゴキブリと並び非常に有名です。このゴキブリはクロゴキブリと比べてやや小型であり、茶色い体色が特徴です。そしてこのゴキブリは飲食店などでよく発生するゴキブリです。繁殖力が強く、近くに不衛生な飲食店などがあるととばっちりで影響を受けてしまうことがあります。

また南方の地方では「ワモンゴキブリ」と呼ばれるやや大型のゴキブリが存在しています。
さらにヤマトゴキブリという種類も存在しますが、このゴキブリに関しては、山などに生息していることから、あまり都市部で見かけることはないゴキブリであるといえるでしょう。

ゴキブリの倒し方について

ゴキブリに対抗するには、大きく二つの方法があるといえるでしょう。まず第一に挙げられる方法は、ゴキブリがそもそも出現しないような環境づくりです。そしてもう一つの方法は、直接ゴキブリをやっつける方法については、ゴキブリが集まりそうな環境を綺麗にする、ごみはすぐ捨てる、密閉する。侵入経路をつぶす、といった対策が必要になるといえるでしょう。

二つ目の直接的にゴキブリをやっつける方法には、多くの方法が存在します。近年では熱湯や洗剤といったものが、ルーズナブルにゴキブリを退治できるということから注目されています。こちらでは、直接的にゴキブリを倒す方法について紹介していきます。

物理的にやっつける方法

一番簡単な方法としては、まず第一に物理的につぶしてしまうのが挙げられます。この方法の良い所は、いちいち洗剤やスプレーを準備しなくても、その辺にあるもので退治することができる点にあるといえるでしょう。

ただし、この方法で退治してしまうとどうしてもゴキブリの体液や飛び散った死体を処理しないといけないので、それはそれで面倒であるといえるでしょう。こういったことに洗剤などを使って掃除するのも手間なので、手軽であるが事後処理が面倒な方法であるといえるでしょう。

スプレーを使う

直接的な方法を使うのが嫌、もしくは洗剤を出すのも面倒だという方の場合には、スプレータイプの殺虫剤が有効であるといえるでしょう。スプレータイプであれば、体液が飛び散ることもなく、かつ洗剤よりも命中率が高いので照準がアバウトでも命中させることができるでしょう。

しかしながら、他にペット特に昆虫を飼っている人であれば、使用することが困難な点があるといえるでしょう。バルサンのようなタイプでも同じようなことが言えるでしょう。

さらに言えば、殺虫剤であるということから、洗剤とは異なり、殺虫目的にしか使用することができないというのも欠点であるといえるでしょう。

熱湯

ゴキブリは熱湯によっても退治することが可能です。この方法は後述の洗剤による退治方法と双璧をなす簡単な退治方法です。

ゴキブリは100°の熱湯をかけられると死ぬといわれています。熱湯の場合は、やけどにさえ気を付ければ、安全に退治することが可能です。しかしながら、ゴキブリを見つけてから沸騰させるのには時間のラグが生じ、沸騰を待つ間にゴキブリが逃げてしまうということがあるので注意が必要です。

洗剤

先ほどから少しずつ名前が出ている洗剤ですが、これが非常にゴキブリに対して効果的であるということが知られてきました。洗剤はどの家庭にもある日用品のため、使用用途は本来の洗剤の役割も含めて多く存在します。

これから、洗剤をつかったゴキブリ対策について簡単に紹介していきましょう。

洗剤でゴキブリは死ぬのか

初回公開日:2018年02月04日

記載されている内容は2018年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related