Search

検索したいワードを入力してください

【メーカー別】ウォーターサーバーの交換方法・交換が簡単なサーバー

初回公開日:2017年05月26日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ウォーターサーバーのボトルの交換方法やウォーターサーバー本体の交換方法についてまとめてみました。気になる各メーカーごとのボトルの交換と本体の交換費用など、ウォーターサーバーを導入する前にチェックしておきたい情報も満載です。

Noimg

ウォーターサーバーの交換方法

最近では、サーバーレンタル料や初期費用、配送料が無料で利用しやすいことから家庭でもウォーターサーバーの関心が高まっています。

ウォーターサーバーの難点はボトルの交換方法やウォーターサーバー本体の交換方法です。特にウォーターサーバーのボトルの交換方法はウォーターサーバーを選ぶ際の決め手ともなるでしょう。

ウォーターサーバーのボトルの交換方法

ウォーターサーバーのボトルの交換方法は2種類あります。下部に取り付けるタイプの『足元で交換するタイプ』。上部に取り付けるタイプの『軽量ボトルタイプ』と、最近ではこの2種類の交換方法が主流です。

今まで上部に取り付けるタイプのボトル交換は男性でも女性でもヨイショと持ち上げなければならない物でボトルの交換が大変でした。しかし、最近のウォーターサーバーは、今までが12リットルが主流でしたが、6、8リットルとボトルの軽量化が進んでいるため、無駄な力は不要となってきています。

ウォーターサーバーの本体の交換方法

ウォーターサーバーが突然故障してしまったり、年数が経って異臭がする、メンテナンスが必要と判断された場合は、ウォーターサーバー本体を交換する方法もあります。ウォーターサーバーも機械なので、当然年数が経てば壊れてしまいます。ウォーターサーバーの本体を交換する場合は、各ウォーターサーバーメーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

メーカー別のウォーターサーバーの交換方法

ウォーターサーバーのボトルの交換方法をメーカー別にまとめてみました。それぞれウォーターサーバーのボトルの場所が違うので、ウォーターサーバー選びの参考にしてくださると幸いです。

コスモウォーターのボトル・本体交換方法

【コスモウォーターの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:下部
・ウォーターサーバーの交換:通常使用範囲内であれば無料

コスモウォーターは『楽々サーバー』という種類のウォーターサーバーがあります。コスモウォーターのボトル交換位置は、足元タイプです。足元にあるタイプは年々増えてきてはいますが、コスモウォーターがなのは軽量化かつボトルの交換位置が足元にあることでしょう。女性や力の弱い高齢者でも扱いやすいと評判です。ウォーターサーバー本体の交換は、通常使用範囲で故障した時に無料で交換してくれます。しかし、利用者の通常使用範囲外で故障した場合は、実費を負担しなければなりません。

フレシャスのボトル・本体交換方法

【フレシャスの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:交換手数料として5,400円が必要。

フレシャスはどのインテリアにも合うようなおしゃれでシンプルなデザインがのウォーターサーバーメーカーです。デザインだけでなく、天然水がおいしいと評判でもあります。フレシャスのボトルの交換方法は、7.2リットルの軽量化ボトルの為女性でも高齢者でも持ち運びやすいのが特徴です。

しかも、ボトルではなくパック形式なので使用した後は小さく折りたたんで捨てることができます。ウォーターサーバーの本体の交換には、交換手数料がかかってしまいますが、基本水代だけでの利用なので、さほどコスパは気になりません。

クリティアのボトル・本体交換方法

【クリティアの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:利用年数によって手数料負担

クリティアは有名な産婦人科が認めたという実力のあるウォーターサーバーメーカーです。これから子育てをするというお母さんにもがでています。クリティアのボトル交換方法は、上部にあります。ただし、ボトル軽量化がされていないので、通常の12リットルボトルが送られてきます。

サントリーウォーターサーバーのボトル・本体交換方法

【サントリーウォーターサーバーの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ
・ボトルの交換位置:上部(胸辺り)
・ウォーターサーバーの交換:欠陥がない時の交換費が6,000円~12,000円(税抜)

サントリーウォーターサーバーは、有名飲料会社であるサントリーが提供しているウォーターサービスです。CMでもおなじみの南アルプスの天然水をいつでもウォーターサーバーで楽しむことができます。使用する時の温度調整が4段階付いているので、状況に応じて適した温度で使用できます。

ボトル交換位置は、上部で胸辺りです。身長が低い人でも簡単に交換ができます。ボトル自体も7.8リットルと軽量化されているので、女性や高齢者への配慮もしっかりしています。ウォーターサーバー本体の交換方法は、欠陥があった場合には無償で交換してくれます。しかし、欠陥がない場合は交換費がかかるので、注意しておきましょう。

うるのんのボトル・本体交換方法

【うるのんの基本データ】
・初期費/レンタル/メンテナンス/配送:無料
・ボトルの種類:ワンウェイタイプ(静岡除く)
・ボトルの交換位置:上部
・ウォーターサーバーの交換:サーバーの種類を変更する際は5,400円必要

Related