Search

検索したいワードを入力してください

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ

初回公開日:2018年02月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビルケンシュトックのサンダルにカビが出たり、ソールがすり減って来たりしていませんか。ビルケンシュトックのサンダル(一部商品を除く)は、修理を受け付けてくます。そして、ビルケンシュトックの靴を知り尽くした職人さんがひとつひとつ手作業で修理をしてくださいます。

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ

ビルケンシュトックの修理の方法って?

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ
※画像はイメージです

ビルケンシュトックはドイツの靴メーカーで、日本でもビルケンシュトックの靴やサンダルを愛用している方がたくさんいらっしゃいます。また、このビルケンシュトックのサンダルは、足にぴったりフィットした履き心地が抜群で、腰痛にも良いと言われる夏には欠かせないアイテムのひとつでもあります。

このビルケンシュトックのサンダルは、全国の直営店や正規商品取扱店、直営アウトレット店でも修理を受け付けてくれます。しかし、一部の商品は修理ができないものもありますので、ご注意ください。

ビルケンシュトックの修理については、ビルケンシュトックについて知り尽くした職人さんが手作業でひとつひとつ修理をしてくださいます。修理を希望する場合は、購入したお店を覚えている場合は直接そのお店へ連絡、相談してみてください。

今回は、このビルケンシュトックの特にサンダルの修理についていろいろと調べてみることにします。

ビルケンシュトックの大阪府内で修理をしてくれるお店は?

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ
※画像はイメージです

ビルケンシュトックの直営店(株式会社ベネクシーが運営するお店のこと)やスペシャリティストア(正規商品取扱店)、アウトレット店は全国にあります。そんな中でも、大阪市内には直営店が6店舗あり、府内全体で7店舗にもなります。

そのビルケンシュトックの直営店には、「Fit Club(フィットクラブ)」と言うものが存在します。これは、登録制の会員サービスで、この中に「フットウェアの修理10%Off」もあります。このサービスは、フィットクラブに対応している店舗のみのサービスです。

これらの直営店(一部店舗を除く)では、ビルケンシュトックの商品(一部商品を除く)の修理を受け付けてくれます。ビルケンシュトックのスペシャリティストアのサイトに修理に関して書いてあります。修理を依頼する際は、今持っている商品を購入した店舗で修理の相談をして下さい。とあります。

大阪府内のビルケンシュトックのフィットクラブ取り扱い店

ビルケンシュトックの「Fit Club(フィットクラブ)」の会員の方は、大阪府内ですと、下記の店舗でサービスを利用することができます。

        店舗名      住所/電話番号
心斎橋店大阪市中央区西心斎橋1-1-13
06-4704-6466
グランフロント大阪店大阪市北区大深町4-20
06-6359-2203
ららぽーとEXPOCITY店吹田市千里万博公園2-1
06-6155-5001
あべのキューズモール店大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
06-6586-6863
なんばパークス店大阪市浪速区難波中2-10-70
06-4395-5739

ビルケンシュトックのサンダルは修理できるのか?

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ
※画像はイメージです

ビルケンシュトックのサンダルは、職人さんが手作業で修理をしてくれます。ただし、EVAサンダル、サイズや幅の変更、アウトソールや金具などの使用変更はできません。

ビルケンシュトックのサンダルの愛用者の方は、お気に入りのデザインを考えに考えて購入されている方が多いので、修理を考える方も多いはずです。

また、ビルケンシュトックのサンダルを愛用されている方ならお分かりのとおり、必ずすり減ってくるのがアウトソールです。この部分がすり減ったままで履き続けていると、とても歩きづらくなる上、体のバランスも悪くなって来ます。

車の運転や何かにぶつけたりした際に、かけたりしてくるのがコルク部分です。また、長年履いているとインソールの部分も良い感じに色あせてきているだけなら良いのですが、たまに保管状態が悪いとカビが出てくる場合もあります。

そこで、これらの各所の修理についてみていきます。

コルク部分の修理はできるの?

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ
※画像はイメージです

ビルケンシュトックのサンダルと言えば、特徴的なのがアウトソールとインソールの間のコルク部分です。この部分、意外と大丈夫だと思いがちな部分ですが、アウトソールがすり減ってくるとコルク部分も地面に触れる機会が増えてかけてきたりする箇所です。また、つま先部分も、つまずいたりした際にかけやすい部分になります。

そこで、このコルク部分はどういう修理になるのでしょうか。

コルク部分の修理は、ビルケンシュトックのスペシャリティストアのサイトでもお分かりになるとおり、かけたりした部分を修理するという形になります。恐らく、このコルク部分の全体を張り替える方はそうたくさんいらっしゃらないでしょう。

コルク部分の修理代金の目安を表にしてみました。

コルク部分の修理代金の目安

※記載の価格は税込みです。
※下記価格は基本価格で、修理状態により価格は変更します。
※コルク部分の補修など、補修範囲により価格は変更します。

   コルク部分の修理箇所の広さ       修理価格
   小(目安2~5mm以内)       972円
   中(目安5~10mm以内)      1,188円
   大(目安10mm以上)      1,620円

カビが出て来たら?

ビルケンシュトックのサンダルでカビが出る箇所は、コルクヘッドの上のスエード部分になります。一番良いのは、日頃から専用の除菌用スプレーをしていればかなりの割合で防げますが、日本は夏がやって来る前に梅雨の季節があります。この時期の湿気で保管状況が悪いと、どうしてもこのスエード部分にカビが生えやすくなってきます。

このカビが発生するとしみになりやすく、修理の方法としてはクリーニングや張替えができます。

もし、スエード部分を張り替えることになると、ビルケンシュトックのスペシャリティサイトには、「BIRKENSTOCK/Papillioブランドロゴなしのライナーとなります。」とあります。ビルケンシュトックの愛用者の方は、このスエード部分のロゴがあるかないかも大きな問題になるでしょう。

しかし、直接足に触れるスエード部分ですので、修理依頼の際に、じっくし相談されることをお勧めします。

バックルなどのパーツ部分は?

ビルケンシュトックのサンダルのベルトの金具は、年月とともに錆びたり金具が壊れたりもします。錆びた場合は、いろいろ錆び取りをしてみたりする方もいらっしゃいますが、どうしてもベルト部分の革にも影響が出てくる場合もあります。また、金具が壊れたままでの使用は、けがのもとにもなります。

そこで、金具だけの交換は可能なのかと言う疑問は、ビルケンシュトックのスペシャリティショップの公式サイトの修理についてのページや実際に金具を交換された方の体験談によると、金具だけでも交換はしてもらえます。

アウトソールの修理は?

ビルケンシュトックの修理の方法・修理は可能か|コルク/カビ
※画像はイメージです

ビルケンシュトックのサンダルのアウトソールは、履いている期間が長ければ長いほど、自然にすり減ってくる部分になります。ここは、ビルケンシュトックに限らず、靴全般に言えることです。

アウトソールがすり減ったままで履き続けると、歩いている時の体のバランスが悪くなってきます。腰痛にも良いと言われるビルケンシュトックも、アウトソールのすり減りが大きいと効果も減退します。

アウトソールのすり減りや、ソールの剥がれは目で見ても、履いてみても分かりやすい箇所になります。ビルケンシュトックのサンダルなどを履く前に、目で見てアウトソールを確認し、履いてみて歩きづらくなって来たと感じたら、アウトソールの張替えをお勧めします。

この部分は、部分だけを張り替えることはできないので、アウトソール全部を張り替えることになります。

Related