Search

検索したいワードを入力してください

スーツにブラシ4選|ブラシの効果的なかけ方は

初回公開日:2017年12月06日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事ではスーツを着る機会が多い社会人の方に向けてスーツにブラシをかけるメリットや、ブラシをかける際の注意点、スーツブラシの選び方について解説しています。普段スーツにブラシをかける習慣がない方もぜひ今回の記事を参考にスーツのケアを見直してみてください。

スーツにブラシ4選|ブラシの効果的なかけ方は

スーツにブラシをかけるメリット

スーツにブラシをかけるのは一部のオシャレへの意識が高い人や特別な高級スーツにだけかけるものと考えている方は多いのではないでしょうか。ここからはスーツのブラシがけを日常的に行うことで得られるメリットを紹介します。

綺麗になる

スーツにブラシ4選|ブラシの効果的なかけ方は
※画像はイメージです

スーツも靴やウールコートなどと同じく、ブラシをかけてお手入れすることで綺麗に長く使い続けることができます。普段着ているスーツは一見きれいに見えていても実は繊維の奥は見えない埃で汚れています。

スーツの汚れを取るために粘着シートを利用している方は多いですが、それだけでは繊維の奥まで入り込んだ埃は取りきれません。スーツブラシを使うことにより、繊維の奥に潜む細かい埃までかき出し綺麗に保つことができます。

光沢が出る

スーツブラシをかけることで埃などの汚れを落として清潔にするだけでなく、繊維の流れを整えることができ、生地本来が持っている自然な艶が出てきます。さらに繊維が絡まって生じる毛玉を予防することにも繋がります。

自然な光沢感のあるスーツは、見た目にも清潔感があり人に好印象を与えることができるのでプライベートでもビジネスシーンにおいても非常にメリットが大きいです。

長持ちする

ブラッシングを始めたばかりのときはスーツブラシをかけることで得られる実感は少ないですが、長い時間が経てば経つほどお手入れによる効果が出てきます。

スーツは頻繁に使い捨てるものではありませんので、こまめなブラッシングでできるだけ長持ちさせるよう心がけましょう。

スーツブラシをかける際の注意点

スーツブラシをかける時には知っておきたいいくつかの注意点があります。知らないまま自己流でブラシをかけてしまうと汚れがほとんど取れていなかったり、下手をすると生地を傷めてスーツの寿命を縮めてしまう可能性もでてきます。

スーツをきれいに保ち、かつ長持ちさせるためにもぜひ以下の注意点を押さえてください。

ブラシは横方向にする

スーツブラシは基本的に床と水平になるよう、横にして持ちます。スーツの生地の繊維に対してスーツブラシの毛が直角にあたるように手首を細かく動かして角度を調節しましょう。

スーツブラシにはハンドルがあるタイプと無いタイプがあります。持ちやすい形やサイズなどには個人差がありますので、購入前に店頭などで実際に手に取って持ち比べてみるのもです。

上から下にかける

スーツブラシは上から下に向かって埃をかき出すようにリズミカルに動かします。ジャケットの場合は襟を立てた状態で襟・肩・胸・背中・袖・裾の順番でブラシをかけます。

ボトムスはクリップ式のハンガーに吊るした状態でまず裾からウエスト部分に向かってスーツブラシでブラッシングをした後、仕上げにウエストから裾に向かってブラシをかけて繊維の流れを整えれば完成です。

力を入れ過ぎない

スーツブラシをかける時に強い力は必要ありません。力を入れすぎてスーツの生地を傷めてしまっては元も子もありません。生地の表面をゴシゴシこするのではなく、手首のスナップを利かせ繊維の奥の汚れをかき出すイメージでスーツブラシをサッサッと軽く動かしましょう。

できるだけ毎日かける

スーツを着用した日はできるだけ毎回スーツブラシをかけることが理想です。毎回が難しい場合でもできれば3回に1回はブラシをかけましょう。

最初はついついブラシをかけることを忘れてしまったり面倒に感じでしまいがちですが、すぐ手に取れる位置にスーツブラシを置いておくなど使いやすくなるよう工夫をして徐々に習慣化していきましょう。

一流に見える服装術

TPOに合わせたスーツの着こなしを身につけたいならこちらの本がです。体型別やシーン別の具体的なコーディネート事例が満載で個人のセンスに依存しない再現性の高いオリジナルメソッドが好評です。

スーツを購入する前はもちろん、手持ちのスーツとアイテムとの組合わせを考える際にもコーディネートの参考になります。

Related