Search

検索したいワードを入力してください

加湿器のカビ取り方法・加湿器の汚れ防止対策

更新日:2020年08月28日

加湿器はインフルエンザの予防や乾燥対策として、もはや現代人にとっての必需品と名手降ります。しかし、この加湿器の手入れを怠ってしまうとカビが発生して大変なことになるのです。今回は、この加湿器のカビについて詳しく解説し、除去の方法や予防方法を記載します。

加湿器のカビ取り方法・加湿器の汚れ防止対策

加湿器のカビの取り方

加湿器は乾燥する冬のシーズンに大活躍する優れものです。しかし、水をどうしても大量に使い長時間水にさらされ続けるようになり、メンテナンスに気をつけないとカビにやられてしまうようになります。

そこで、まずは具体的なカビの除去方法について解説します。

カビキラー

その方法の一つがカビに対して絶大なる効力を発揮するカビキラーを使うことです。カビキラーの効果は主婦の方々なら確実に体験しているでしょう。これは使い方によっては危険ですので、公式ホームページにある使い方を多くの方々が推奨しています。

使い方は、15cmほど離してカビ汚れに吹きかけて、数分後に水洗いします。カビがひどい物は数分では足りないこともありますので数十分ほど放置しましょう。これだけです。

加湿器にカビがついたとしてもカビキラーを使うことができないという指摘をする人もいますが、カビキラーはもともと水回りを想定して作られている物なので、むしろ加湿器と相性がいいです。そのため、最も早くカビの対応を終わらせたいという方はカビキラーを使ってください。

必ず加湿器にまだ入っている水を全部捨てます。このとき、完全に水気をなくす必要がありますので、底の方も布で拭いてしまってください。加湿器は構造上下の部分に水が溜まってしまう傾向にありますので、カビキラーによるカビ取り前にはこの工程が必須にです。

その後は、カビが生えていないところも含めて全体的にカビキラーを噴射して、カビが生えているところは入念に吹きかけてください。カビキラーの使い方だと数分でも大丈夫とのことですが、加湿器のカビはしつこいものが多いので数分では無く30分以上放置した方がいいでしょう。

しっかりとカビ取りを行いたいのなら60分程度放置してください。カビは目に見えないだけで繁殖しているケースもありますので、しっかりと全体に吹き付けるのは忘れないようにしましょう。

ここまでやれば、後はぞうきんなどを使って加湿器を徹底的に磨いてあげましょう。しつこいカビもこのようにカビキラーを使えば高確率で除去することができます。

ただし、カビキラーは「塩素系漂白剤」と呼ばれる洗剤に該当しており、体に触れると悪影響が発生してしまう恐れがありますので、溶かした物を吸い込む状況には決してならないように、細心の注意を払って行動してください。

特に加湿器などを使う場合は気化したものを吸い込むリスクが非常に高いので、タンク内部の掃除はカビキラーを使わない方がいいでしょう。

クエン酸

カビキラーの臭いが苦手という方や失敗したときのリスクが怖いという方は、カビキラーではなく、クエン酸を使うといいでしょう。クエン酸の洗浄剤は家電量販店などで販売されているようになってきたので、購入しやすいです。

ただし、クエン酸を使った場合、塗装はげの原因となってしまうケースもありますので、全体的に使う前に、目立ちにくい場所で試して塗装はげが発生しないかチェックしてください。

そこで問題がなければ、まずはフィルターから掃除をしましょう。クエン酸20gをお湯3リットルで溶かした物をバケツに入れます。このバケツはフィルターが入るサイズにしてください。ここに水洗いをしたフィルターを漬けましょう。だいたい1時間で十分ですが、カビがひどい場合は2時間程度放置してあげれば十分です。

その後は、クエン酸の成分が残らないようにしっかりとすすぎを行い水気を完全に切ってから丸一日ほど乾燥させましょう。クエン酸はもともと食品にも使われているので、人体への悪い影響などは無いのですが、それでもクエン酸の成分がフィルターに残っていると、故障の原因になる可能性が多少はありますので、しっかりと乾燥させましょう。

フィルターの掃除が終わり乾燥させるようになったら、タンク内部やトレーをクエン酸水を使って掃除してください。トレーも同じように浸して同じように乾燥させます。

タンク内部を掃除する場合はクエン酸水を使ってタンク内部を振り洗いして、ぬめり除去を行ってください。タンク内部をクエン酸水で洗う場合はこちらもクエン酸を入れた状態で2時間程度放置しましょう。人によっては一晩放置するところですので、タンク内部のカビの状況で判断してください。

カビの除去が終わったのなら、流水を使ってしっかりとすすぎましょう。

ハイター

クエン酸やカビキラーを推奨する人はいましたが、ハイターを推奨する人はそこまで多くありません。これもカビ取りには確かに有効なのですが、ハイターは目に入ってしまった場合失明の恐れがありますし、飲み込んでしまった場合も非常に危険ですので、加湿器に入れるのは危険でしょう。

カビ取り方法としてハイターを使うと言うことを推奨している人もいましたが、ハイターの危険な部分を理解していた人は推奨していませんでした。また、加湿器などに生じる水垢はカルシウムなどのミネラル分が凝固した物であり、塩素系漂白剤では溶けません。

これらの性能や危険性を考えるとハイターは使わない方がいいでしょう。

漂白剤

こちらも意見が分かれています。加湿器のカビ取りとして使えるという意見は多いのですが、それでも危険であるという意見が付随している物も多く推奨できません。フィルターの掃除などには使えるでしょうが、タンク内部を洗うのは避けた方がいいです。

気化した漂白剤を体に吸収してしまう恐れがあるため、どうしても使いたいという方は何回かに一回だけ漂白剤を使って綺麗にするというスタンスをとった方がいいです。何回も使うのはリスクが伴います。

ちなみに、塩素系漂白剤とクエン酸水を同時に使ってしまった場合、塩素ガスが発生してしまう恐れもありますので大変危険です。これらのリスクを考えた場合、積極的に使うのは避けた方がいいと言えます。

加湿器のカビ対策方法

元々カビ対策がしっかり行えているのなら、このようにいろんな掃除方法やカビ取り方法を探す必要は無かったのです。

そこで、加湿器に対するカビがつかない対策方法について解説します。

加湿器掃除を頻繁にすればOK

最もシンプルな対処法が定期的に掃除をすることです。加湿器の取扱説明書などに掃除頻度について記載されておりますが、たいていの物が2週間から1ヶ月に一回は掃除を行ってくださいという表記があります。これを守ればカビの発生は高確率で防げるでしょう。

しかし、現実は水は毎日交換しているけれど、加湿器の掃除は1年に1回という方が大半で、加湿器がカビにジワジワと汚染されていく可能性があるのです。加湿機内にカビが発生すると、カビ菌が蒸気とともに漂うようになるので非常に危険です。

加湿器にカビが発生することが、どれだけ危険なことなのかを理解している人も増えたので、自宅にある加湿器はまめに掃除をしているという人も確実に増えました。しかし、カビにやられている可能性が高いのは、家の中の加湿器ではなく、実は職場なのです。

職場の加湿器というのは会社にもよりますが、朝一番に会社に来た人が水の交換などを行っていることでしょう。しかし、職場にある加湿器を本格的に掃除している人はいない可能性があります。

このため、加湿器の掃除も定期的に行うようにするため、当番制にして管理した方がいいでしょう。そうしないと、職場に加湿器から発生したカビ菌が大量に吸い込むようになってしまって、皆さんの健康被害に繋がってしまうようになります。

加湿器の水の取り替えとフィルター掃除は毎日行う

これは基本となりますが、水の取り替えを毎日行わないとカビが発生する確率が高まりますし、加湿器のフィルター掃除も毎日行わないと、同じように加湿器にカビが発生してしまうようになるでしょう。

加湿器の中にあるフィルターを毎日掃除するのはかなり厳しいでしょうが、外側にあって掃除ができるようなフィルターは、こまめに掃除するようにしてください。フィルター部分はかなりの速度で汚れていくので、その汚れが原因となって、カビが発生しやすくなってしまいます。

使う水は水道水にする

加湿器に使う水はミネラルウォーターの様な綺麗な水よりも、水道水の方がいいでしょう。水道水には塩素が微量に含まれているので、この塩素がカビが発生する確率を低下させてくれるのです。

加湿器には、ミネラルウォーターや浄水器を通した水の方が体に良さそう、というイメージがありますが、加湿器にカビが発生して、有害な物をまき散らすようになってしまった方がよっぽど危険なので、水道水を使うようにしてください。

初回公開日:2017年09月08日

記載されている内容は2017年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related