Search

検索したいワードを入力してください

土鍋の焦げの落とし方ともの|アルミ/クエン酸/酢

更新日:2020年08月28日

寒い季節になると食べたくなるのが調理も簡単で美味しくい鍋料理ですね。冬に大活躍する土鍋ですが、うっかり焦げつかしてしまうことも。クエン酸や酢を使った土鍋の焦げの落とし方や、焦げを防止するための目止めの方法、土鍋のお手入れの仕方をご紹介します。

土鍋の焦げの落とし方ともの|アルミ/クエン酸/酢

酢を使った土鍋の焦げの落とし方

どこの家庭の台所にもあるお酢を使った土鍋の焦げの落とし方です。お酢は酸性なので、キノコや野菜などでできたアルカリ性の焦げを落とすのに向いている可能性もあります。

お酢を使った焦げの落とし方は、重曹を使った焦げの落とし方と同じように、水と50cc程度の酢を土鍋に入れて煮立たせます。沸騰してしばらくしたら火を止め、一晩放置します。そのあと、ペーパーやスポンジで擦って焦げを落とします。

クエン酸を使った土鍋の焦げの落とし方

クエン酸とは、梅干しやレモンなどのかんきつ類で感じる酸っぱい酸味成分のことです。お酢と同じく酸性なので、キノコや野菜類でできたアルカリ性の焦げの落とし方に向いている可能性もあります。クエン酸とお酢との違いは匂いです。クエン酸は無臭なので、お酢の匂いが苦手な方はクエン酸を使ってみるといいでしょう。

クエン酸を使った土鍋の焦げの落とし方は、土鍋に水とクエン酸大さじ3~4杯くらいを入れて煮立たせます。沸騰してしばらくしたら火を止めて一晩放置します。そのあと土鍋の焦げを落としましょう。

こんな焦げの落とし方はNG!

固いものや強い力で擦ったりする土鍋の焦げの落とし方はNGです。こびりついた焦げを落とすのに、つい金たわしや固い金属ヘラでゴシゴシ擦ってしまいたくなりますが、それでは土鍋が傷ついてしまいます。傷ついた土鍋は割れやすくなったり、焦げやすくなったりします。絶対にそんな焦げの落とし方はやめましょう。

クレンザーなどの荒い粒子の研磨剤を使った焦げの落とし方も土鍋に細かな傷を作ってしまうのでしません。土鍋を洗うときは柔らかなスポンジを使って水洗いをし、洗剤を使う場合はささっと手早くすすぎましょう。

アルミを使った土鍋の焦げの落とし方もNGです!

土鍋の焦げを丸めたアルミホイルで擦る落とし方もやってはいけない落とし方です。偶に、クリームクレンザーや重曹ペーストをつけて丸めたアルミホイルで擦ると鍋の焦げが落ちると紹介されていることがあります。

アルミホイルで擦る焦げの落とし方は、鍋の中でも鉄鍋やステンレス鍋には向いていますが、土鍋には向いていません。傷がついてしまうのでやめたほうがいいでしょう。

天日干しで焦げを落とす!

一番手っ取り早い土鍋の焦げの落とし方は「天日干し」です。重曹もお酢もクエン酸も使わずに、お日様の下で乾かすだけなのでとても簡単です。

天日干しの焦げの落とし方は、まず焦げ以外の汚れを洗って落とします。そうしたら後は風通しのいい日光の当たる場所に放置するだけでOKです。期間は三日~一週間程度です。焦げがカラカラに乾いたら、ペーパーや指で焦げを落とします。手間暇かからず簡単にできる方法なので、土鍋を焦がしてしまったらまずはこちらを試してみてはいかがでしょう。

土鍋を焦がす前にやっておきたい予防法

土鍋を焦がしてしまう前に、あらかじめ土鍋に「目止め」をすることで、焦げつきを防止することができます。土から作られた土鍋は粒子と粒子の間に気泡が多いので、使い始める前に目止めをしてその穴を埋め、表面をコーティングする必要があります。

目止めには焦げ予防の効果もありますが、ひび割れや匂い移りを防ぐ効果もあります。目止めをしない状態だと、気泡から水がジワジワ染み出してひび割れの原因となりますし、穴に煮汁が染み込んで匂いの原因となることもあります。土鍋をいい状態で長く使うためにぜひ目止めはしておきましょう。

土鍋の目止めの方法は?

土鍋の目止めには、片栗粉や小麦粉を使う方法、米のとぎ汁を使う方法、お粥を炊く方法などがあります。米のとぎ汁での目止めは効果が薄いという意見もあり、するのは一番基本的なお粥を炊いて目止めをする方法です。

お粥を炊いて土鍋の目止めをするときは、米から炊くのではなくご飯の状態からお粥を作ってください。米からお粥を作ると、時間が掛かり過ぎて土鍋の底から水漏れしてしまう可能性があります。土鍋に八分目程のお水を入れ、お茶碗半分くらいのご飯を投入します。弱火でゆっくりとお粥を焚きます。

お粥ができ上がってから一時間程度放置し、冷めたお粥を取り除いて水洗いをしたら目止め完了です。ちなみにでき上がったお粥は食べることができます。目止めの効果が薄れて水漏れをするようになったら、再度目止めをしてください。

しっかり乾かして土鍋を手入れしましょう。

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related